人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

迷想   

 
e0178600_23160268.jpg
 昨年来、堀田善衞に関わるイベントにいくつか関わらせていただきました(一応過去形)。特にここ一ヶ月は、自分が関わるそうした場にどう関わるか、悩む時間が多かったことも事実です。自分がそうした場に関わることで、自分のなかの堀田善衞に自分自身がどう関わり、その場で時間をともにする人たちにどのような堀田善衞をどのように語り、かつ共感の場をもつことができるのか、できないのか。
 自分の中に多くの堀田善衞経験を持っておられる大先生たちはいざ知らず、ここ数年来――精魂込めてという思いは持ちつつも――堀田善衛の作物を少し読み込んだ程度に過ぎない思想無き者〔私〕にとっては、一面楽しくも正直迷いそのものの日々でした。
 今日、やさしく語りかけるように叔父堀田善衞をお話いただいた甥の堀田一善さんの講話に、救われたような思いで聴き入ることができました。

 今、少し堀田善衞を離れて、長者丸漂流の‏資料を読みたいと思っている。

by kaguragawa | 2018-11-24 22:49 | Trackback | Comments(0)

今度の三連休は堀田善衞days   

今度の3連休(11/23--11/24--11/25)は、なんと3堀田善衞days。
堀田善衞生誕100年。
堀田善衞の会、高岡市立博物館、高志の国文学館が、それぞれ異なった視点から堀田善衞の文学とその背後にあるものに迫ろうとしています。

★堀田善衞生誕100周年記念講演会 堀田善衞の会・富山大学人文学部共催
 富山大学人文学部2階第4講義室 11月23日(金・祝)、 午後2時~5時の 申込不要・無料
*水溜真由美「橋上の人、路上の人―『堀田善衞 乱世を生きる』の執筆を終えて」
*竹内栄美子「1950年代の堀田善衞―『時間』を中心に

★堀田善衞生誕100周年記念・朗読と講演の会 
 高岡市立博物館3階講堂 11月24日(土) 
*朗読「鶴のいた庭」から 朗読サークル「言の葉」 午後1時20分~
*講演と質疑応答「堀田一善さんに聞く」(講師:堀田一善、聞き手:野村剛)午後2時~4時
    

★文学講座と記念対談 
 高志の国文学館研修室101 11月25日(日) 午後2時~4時 申込必要・無料【受付終了】 
 *講演講師:秦剛、対談講師:紅野謙介「堀田善衞と上海


by kaguragawa | 2018-11-22 21:29 | Trackback | Comments(0)

秋聲忌 墓前祭   

e0178600_19512108.jpg

 ケヤキの落葉が天空から舞い降りてくる雪のように時折ふってくるなかの秋聲忌。墓前祭のあとの日比先生の講演も拝聴。

 余談ながら、金沢に向かうあいの風とやま鉄道のなかで久しぶりに『光を追うて』のページを繰る。何度か通読したつもりだったのに、読んでない部分が幾カ所もあるのに驚く。そもそも秋聲記念館の企画展のテーマになっており、今日の日比講演のかなめでもある秋聲の「檻」も読んでないのだ。そんな私が、今年も白菊を献花させていただきました。秋聲さんすみません。


by kaguragawa | 2018-11-18 19:52 | Trackback | Comments(0)