人気ブログランキング |

2018年 11月 24日 ( 1 )   

迷想   

 
e0178600_23160268.jpg
 昨年来、堀田善衞に関わるイベントにいくつか関わらせていただきました(一応過去形)。特にここ一ヶ月は、自分が関わるそうした場にどう関わるか、悩む時間が多かったことも事実です。自分がそうした場に関わることで、自分のなかの堀田善衞に自分自身がどう関わり、その場で時間をともにする人たちにどのような堀田善衞をどのように語り、かつ共感の場をもつことができるのか、できないのか。
 自分の中に多くの堀田善衞経験を持っておられる大先生たちはいざ知らず、ここ数年来――精魂込めてという思いは持ちつつも――堀田善衛の作物を少し読み込んだ程度に過ぎない思想無き者〔私〕にとっては、一面楽しくも正直迷いそのものの日々でした。
 今日、やさしく語りかけるように叔父堀田善衞をお話いただいた甥の堀田一善さんの講話に、救われたような思いで聴き入ることができました。

 今、少し堀田善衞を離れて、長者丸漂流の‏資料を読みたいと思っている。

by kaguragawa | 2018-11-24 22:49 | Trackback | Comments(0)