人気ブログランキング |

射水郡立農業公民学校と南原繁(2)   

 南原宛ての電話がいつ架かかってきたのか、南原がいつ射水の地を去ったのか、判然としない。

 射水郡の郡会が始まったのは1919年1月8日。内務省本省からの南原宛ての電話は10日か?。そして南原は、前射水郡長として郡会の成り行きを気遣いながら射水を離れる・・・。1月18日のことだったか、19日だったのか?。
 前年の1918年1月の北陸が大雪だったことは知られているが、1919年の1月はどうだったのか?。

 ちなみに1月18日に、第一次世界大戦の戦後処理のパリ講和会議開始。28日はウェーバーのあの『職業としての政治(Politik als Beruf)』の講演がミュンヘンで行われている。


by kaguragawa | 2019-02-02 22:04 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/27976809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 射水郡立農業公民学校と南原繁(3) 射水郡立農業公民学校と南原繁(1) >>