ながらくのごぶさた   

 自由に使えるパソコンが手元にないため長らくのごぶさたである(当分今後も)。まだこの世に在籍していることだけを、報告しておきます。

 最近、小さなわくわく、大きなわくわく、がいくつか続いたのが、残念ながら記録しないままになってしまった。

 追記:
 今、わくわくしながら読んでいる本の紹介だけでもしておきましょう。「わくわく」といっても、池内さんの行き届いた筆致にわくわくしているのであって、その悲痛な時代に心が弾んでいるわけではありませんが。
 池内紀『闘う文豪とナチス・ドイツ—―トーマス・マンの亡命日記』(2017.8)
[PR]

by kaguragawa | 2018-05-05 19:16 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/27257350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 原敬は100年前の今頃、富山にいた ちょっとメモ――川角捨兵衛のこと >>