啄木日記の「亀田氏」   

 啄木が東京帝国大学の赤門前で、亀田氏から独歩の訃報を聞いたという、その「亀田氏」とは誰なのか。啄木研究の現状にうとい私には、情報がなく、不明である。
 で、私なりに推測してみるに・・・

 啄木を文学に志す若者と知って独歩の死亡を告げているので、それなりの面識はあったのだろう。としても、この年(1908年)の4月に上京してきて本郷界隈でそんなに知友の多くないことも考えれば、5月3日の啄木日記に「金田一君を訪ねて亀田といふ余程の変人に逢ふ。」とある「亀田」とこの「亀田氏」は、同一人物かと思われる。そこで、金田一京助と縁があり、独歩のことを知っている人物とすれば、言語学者・亀田次郎の可能性が大きいのだが、「余程の変人」というのも、傍若無人とも評される亀田氏の人柄に合致するようにも思われるのだ。
 ところで、亀田次郎は、啄木日記に「亀田氏」が登場するまさにその1908年に、東京から鹿児島の第七高等学校に赴任しているという。この赴任が年初であれば《「亀田氏」=亀田次郎》の可能性はほとんどなくなるが、一方、当時の旧制高校は秋入学であり、新年度に合わせた赴任が7月以降であることも考えられ、そうなれば《「亀田氏」=亀田次郎》の可能性はぐんと高くなるのだが・・・。
 推測の及ぶのはこの辺りまでだ。私の楽しみとしては、別の手掛かりが運よく見つかるのを待つしかあるまい。

 金田一京助に、亀田次郎のことを書いた「亀田吟風翁素描」というエッセイがあるよし。読んでみたい。柳田国男に金田一京助を紹介したのは、亀田次郎だというエピソードのことも確認できるかも知れない。

※亀田次郎 1876.09.11~1944.02.08
[PR]

by kaguragawa | 2016-06-24 23:14 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/24481846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「土井宇三郎」のこと(1) 真の作家であつた独歩氏は遂に死... >>