人気ブログランキング |

真の作家であつた独歩氏は遂に死んだのか!   

 独歩の最期の身近にいた真山青果の当日の報告によれば;

 「国木田独歩氏は、今日――六月二十三日午後八時四十分、相州茅ケ崎南湖院第三病室に瞑目された。」

 この報は、もう翌日には東京の文人には知れていたようで(青果の報告に「諸方に打電す」とあるし、未確認だが第一報を載せた新聞があったようだ)、翌24日の啄木の日記に出てくる。
 “一人散歩に赤門の前を歩いてると亀田氏に逢つて、国木田独歩氏、わがなつかしき病文人が遂に茅ケ崎で肺に斃れた(昨夜六時)と聞いた。驚いてその儘真直に帰つた。
 独歩氏と聞いてすぐ思出すのは“独歩集”である。ああ、この薄倖なる真の詩人は、十年の間人に認められなかつた。認められて僅かに三年、そして死んだ。明治の創作家中の真の作家――あらゆる意味に於て真の作家であつた独歩氏は遂に死んだのか!”


 ところで、独歩が亡くなった23日の夜、――前日の「赤旗事件」とも、この日夜の独歩の死とも無関係のことだが――啄木にある内的事件が起こっていた。
 “昨夜枕についてから歌を作り初めたが、興が刻一刻に熾んになつて来て、遂々徹夜。夜があけて、本妙寺の墓地を散歩して来た。たとへるものもなく心地がすがすがしい。興はまだつづいて、午前十一時頃まで作つたもの、昨夜百二十首の余。”
 そしてこの湧くように歌がでてくる状況はしばらく続く。25日には“頭がすつかり歌になつてゐる。何を見ても何を聞いても皆歌だ。この日夜の二時までに百四十一首作つた。父母のことを歌ふ歌約四十首、泣きながら。”と・・・。
(註:これらの歌は、直後の『明星』7月号に「石破集」として掲載。)

by kaguragawa | 2016-06-23 20:40 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/24479186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 啄木日記の「亀田氏」 108年前の「夏至の日」 >>