漱石と南大曹   

 きょうは、夏目漱石の命日。ふと思い浮かんだのは、主治医・真鍋嘉一郎の要請を受けて、真鍋嘉一郎、宮本叔とともに漱石の最期の治療にもあたった南大曹のこと――。
 
〔参考〕
 夏目鏡子述・松岡譲筆録『漱石の思い出』から
 “容態がいよいよ険悪なので、真鍋さんも自分の相談相手にその道の先輩を呼んでいただきたいとおっしゃり、そこで宮本博士からお出でを願い、さらには南博士からもお越しを願うことになりました。いらした先生方も皆内出血ということに異議はありませんでしたが、その溜まっている血を出すのにどうしようかというのでたいへんでございました。”


 以下、徳田秋聲の「死に親しむ」を読んだ際につくったメモの中から、南大曹の「南胃腸病院」の部分を、写しておきます。

 医者である渡瀬ドクトルが患者として入院するほど信をおいていた病院で、「木挽町」の“川縁にある”胃腸病院といえば、夏目漱石の最期に際して消化器系の専門医として治療にあたった南大曹の「南胃腸病院」しかないであろう。
 長与称吉の「胃腸病院」にいた南大曹が、木挽町に開業(1915)し、震災後再建(1929)。再建の病院は、岡田信一郎の設計。作中にふれられている“畳敷きの間”は、長与の胃腸病院の様式を受け継いだ控えの間だろう。
 “彼”が診断を受けている“M―ドクトル”も、南大曹なのであろうか。

 南胃腸病院は、大曹歿後、大曹が理事を務めていた癌研究所の附属病院となり(1946)、現在は、跡地に銀座ブロッサムが建つ。

 ■南大曹:1878.03.31~1945.02.26 福島ニ本松生れ  南博(社会心理学)は長男。 
[PR]

by kaguragawa | 2015-12-09 22:33 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/23945054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 秋聲と南大曹 帝大赤門前 島崎書院内--島木健作 >>