渡瀬ドクトルことW氏〔亘理祐次郎〕について(2)   

5)亘理医院の所在地

  地図に亘理医院の名が記されたものがあることを、本郷在住の忍足和俊氏からご教示 いただき地図の写しもいただいた。ただし、その地図の出所が確認できなかったのだが、同一の地図をこれも国会図書館のデジタルライブラリーで見つけることができた。
『東京市及接続郡部地籍地図. 上卷』(大正1)の〔本郷区18〕のページである。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966079/607
e0178600_19555722.jpg
 不鮮明だが、赤丸囲いの部分に「亘理医院」とある。★印が徳田家。
 ピンクの道が白山界隈への道である。

(参考)
 本郷区森川町は、もと岡崎本多家の江戸屋敷の跡地である。中心に初代本多平八郎忠勝を祀る「映世神社」を置くそのほぼ全域(前掲図の区域)が、明治に「森川町一番地」とされ、北表通、北裏通、南表通、北裏通、中通、宮前、宮裏、新坂、南堺、牛屋横丁、油屋横丁、椎下、橋通、橋下、谷、新開の16の地区があったという。『帝国医鑑』に亘理医師の開業地として記された「宮前」や、秋聲の住所記載に使われる「南堺」もそうした地区地名である。
 本郷地区に、住居表示制度が実施されたのは、1965(昭和40)年4月。6丁目までだった本郷は、それまでの区域の拡大変更もふくめ七丁目までとなり、森川町地域は本郷六丁目となった。森川町一番地〔森川町107〕のもと亘理医院の地は、文京区本郷六丁目15番9号となっている。

6)亘理祐次郎と「死に親しむ」の渡瀬ドクトルの記載

(年齢)
 「死に親しむ」の渡瀬ドクトルの紹介“同じくらいの年配のダンス友達”の記述は、
亘理祐次郎の生年月日《明治五年十二月二日 〔1872.12.31〕》と、
徳田末雄(秋聲)のそれ《明治四年十二月二十三日〔1872.02.01〕》を並べてみると、
そのとおりである。実質的な誕生日の時差は、11月か月ほどである。
(地理)
 “物の一町と隔たっていないドクトルの家”の記述も、1町≒約110mとすれば、前掲の地図にマーキングした道程距離にほぼあてはまる(実際は150mほどか)。この二人のダンス友達は、患者と医者として、話題の合う友として「映世神社」の前を頻繁に行き来したものであろう。
 なお、亘理医院の地は、祐次郎が亡くなった後、作中にも示唆されていたように、居住者が変わっており、昭和10年の火災保険地図(火保図)には「向岳寮」の名になっている。
(長子の外科医)
 “長子は、医者は医者でも、外科医であった。”“外科の医学士である長子”などの記述は、晩年に近い時期の医師名簿に、父子の名前が出ており、祐邦氏が、慶應大学医学部卒の医学士で外科医であることに、符号する。
(亘理医師の郷里)
 渡瀬ドクトルの出身地は、「死に親しむ」をはじめ渡瀬ドクトルが登場する作品には書かれていないようだが、「彼」が、渡瀬ドクトルが郷里へ身を潜めたことを知り、“ドクトルに見舞の手紙を書こうか、それともそんなに時間がかからないなら、避暑かたがた行ってみようかとも思って、汽車の時間を調べてみたが十五六時間はかかるらしかった。” と書かれており、「帝国医鑑」に記された《宮城県遠田郡涌谷町立町/とおだぐん・わくやちょう・たつちょう》と、当時の東北本線(旧・日本鉄道)と石巻線を乗り継ぐ交通路や時刻表とは厳密な照合ができていないが、ほぼ実態に合うようである。
 なお、宮城県遠田郡涌谷町は、宮城県亘理郡亘理町を本貫の地とする「亘理氏」の一つの拠点であり、両地とも「亘理姓」が今も多い。
[PR]

by kaguragawa | 2015-11-28 19:56 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/23911944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 帝大赤門前 島崎書院内--島木健作 渡瀬ドクトルことW氏〔亘理祐次... >>