別格官幣社   

 堀田善衞『19階日本横丁』を読んでいて、次のところで、《おっ!》、と思い、続けて《おやっ?》と思った。

 「ベテランのステュワーデスってなかなか足らないのよ。だいたいが二、三年でやめて行ってしまうでしょう。それに、コックピット(操縦室)の男性クルーとの関係も、なかなか微妙なものなのよ。クルーはね、無理は無いれけど、自分たちは機内サーヴィスの連中とは別世界の人間だと思ってるでしょう」
「ふうん。別格官幣大社か」
「そんなことを言うと、お年が知れてよ、ハッハッハ」


 1)
 久しぶりに、“べっかくかんぺい・・しゃ”にふれて――何十年この言葉を耳にしたことはなかった!――、まず、なつかしさがじわじわとやってきたのである。これが《おっ!》の中身である。そもそも、若い世代?に属する私がどうしてこの表現の場を、知っているのだろうか、自分でも不思議に思えてきたのである。で、幼い頃の記憶をさぐるというわが身の穿鑿にまで想いは及んで、いったのである。
 この「特別の、別格の」ということをいう場合の地口としての「別格官幣・・・」という表現は、いつ頃まで使われたものだろうか。こんな表現(地口)が口に出る世代、そうした表現をそうなんだ、と理解できる世代、というものは、本文に「そんなことを言うと、お年が知れてよ」と、あるようにかなり年齢の上の世代であろう。戦後世代の私が知っているのには、この表現が実際に使われ、耳に残る印象的な体験があったからなのだが、その具体的な現場というものを、手繰り出してみたかったのである。

2)
 もう一つ、こんどは《おやっ?》についてである。なにが問題か?。堀田さんが書かれた“別格官幣「大社」”である。
 私が奇しくも覚えていた地口は、「べっかく・かんぺいしゃ」である。「べっかく・かんぺいたいしゃ」ではない。「別格官幣大社」か「別格官幣社」か――。違いは、「別格/官幣」に続く部分が『大社』なのか『社』なのかである。「別格」に続くのなら「大社」の方が、格が上で、ことばの遊びとしてはその方がおもしろい、とも思えるのであるが、明治からGHQのいわゆる神道指令による廃止まであったこの「社格制度」については、ここは詳細な説明の場ではないが、神祇官が祀る「官幣社」に官幣大社、官幣中社、官幣小社の3種が、地方官が祀る「国幣社」に国幣大社、国幣中社、国幣小社の3種があるが、ほかに別格の官幣社が(つまり語順を換えれば官幣別格社)があるのであって、「別格官幣大社」だけでなく、別格国幣大社も、別格官幣中社もなにもないのである。

 私が幼い頃に耳にし、今まで覚えていた地口「べっかく・かんぺいしゃ」の意味合いについて、こんなことをもちろん幼少のみぎりから知っていたわけではなく、30年ほど前に「神楽川」の流域史を掘り起こしをしようとして越中の寺社史を一所懸命に勉強?した折の、余得である。そのときは、越中の国には一社も存在しない「別格官幣社」のことはすっかり忘れていたのですが・・・。

3)
 別格官幣社のなかでも別格の「靖国神社」、というよりも「別格官幣社」という言葉が世に知られるようになった原因はこの神社だと思われる「靖国神社」についての、おしゃべりを堀田善衞をだしにしてしようと思ったのですが、充分にしゃべり過ぎました。この辺で・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2015-10-31 20:11 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/23826354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 岡林みどり at 2015-12-23 17:18 x
ご無沙汰しおります。なつかしい言葉ですね
私の母は病弱で戦前の登校拒否児だったのですが、
姉妹の中ではそれで、別格(かんぺいたいしゃ)として通っていたようです。栃内の祖父もあえてそういう隠語を公然させていたようです。よいお年をお迎えください
Commented by kaguragawa at 2015-12-24 19:58
こちらこそご無沙汰です。ところで、〔別格→→別格官幣社〕という言葉遊びに似たようなものが、数年前にはやったようですね。
「明日つきあってくれない?」「ベッケンバウー~」ってな使われ方のようで、〔別件→→ベッケンバウアー〕ですが、断り文句にサッカー選手の名前を充てたようです。
言葉はほんとにおもしろいものです。

<< 築地で、霜川「夕汐」を読む グリフィス記念館! >>