奥野達夫さん。   

奥野達夫さん。
 お別れです。ゆっくりおやすみください。

 奥野さんが“奥のほそみち”の名でつづっておられたブログ「なんと万華鏡」は、6月8日の

  すみません。

  2~3日、空けます。


のコメントで終わっている。


 奥野さんに最後にお会いしたのはいつだったのでしょうか。高岡駅CURUNの喫茶店で、ある土曜日の朝ぐうぜんお会いしたのはいつだったでしょうか。
 「コルヴィッツのことで、メールをさしあげた「かぐら川」は「私」です。」と、手短に打ち明け話をさせていただきました。

 さらに時間は二十年ほどさかのぼります。もう覚えておられないと思いますが、私の不手際で膠着してしまった仕事の相手方の意を汲んで、さりげないアドヴァイス役の形で、ふらりと見えられた時の窓口だったのは「私」でした。
 ただ、奥野さんがこのような表に出ない――裏方とさえいえない無私の――仲介役と言うかたちで関係されたことは数限りなくおありだったのではないかと察します。そんなことあんなことをふくめて、奥野さんは多くの仕事をされ、有形無形の業績を遺して、突然に逝かれました。


 お別れです。ゆっくりおやすみください。

[PR]

by kaguragawa | 2015-07-14 22:59 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/23420109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「スヤ」「ヤス」 七夕に国旗を?! >>