帝国議会の「僅か二三千万」   

 日露戦争直後の明治39年度・明治40年度の国家予算を、第一次西園寺内閣(立憲政友会)の「積極政策」や戦後不況との関連で調べていて、ふと、明治40年に発表された小説の一節が浮かんできた。

 “例えば堂々たる帝国の議会ですら、僅か二三千万の金の問題で、大きな子供がワイワイ大騒ぎをやるじゃないか。”

 もちろん、明治40年発表の作品だからといって、そこに書かれている帝国議会での「僅か二三千万の金の問題」が、明治39年度予算を審議していた第22回帝国議会(会期:1905(明38).12.28~1906(明39).03.27)あるいは、明治40年度予算審議の第23回帝国議会(会期:1906(明39).12.28~1907(明40).03.27)のものとは限らないし、あくまで創作中の1フレーズにすぎない「二三千万の金の問題」という記述が史実をなにがしか反映したものだという保証もないのだが、不思議と気になる一節ではある。
 「僅か二三千万」とはいうが、明治39年度予算(支出)額が、504,962,489円(約5億円)――日露戦争前は、3億弱――であることを考えれば、決して「僅か」とは言えないものであり、そこにからむ「問題」が何であったのかも気になるところではある。

 このブログ上で、「僅か二三千万の金の問題で、大きな子供がワイワイ大騒ぎをやる」のもどうかと思うが、引用した一節がこと三島霜川《解剖室》の中のものだとすれば、私にはそうすました顔でいるわけにもいかないのであります。
[PR]

by kaguragawa | 2015-05-29 20:05 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/23179618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 横山源之助、逝って100年 堀田善衛を読む会第8回例会 >>