たまに?霜川のこと   

 かたじけなくも林哲夫さんが、『演芸画報』の古本を紹介するかたわら三島霜川の歌舞伎評論をとりあげてくださった。
 http://sumus2013.exblog.jp/23557132/

 霜川の晩年の評論的論考は粘着的な文章になってくるのだが、霜川は今まで考えられていた以上に文芸から宗教にも及ぶ広範な知的蓄積を積んでいったようで、それが明治30年代の小説中の詩句のような文章を徐々に少しく難渋なものにしたようだ。

 そうした霜川晩年の文章を昨年から読み始めている。事績研究に限定してきた霜川の跡追いも、ちょっと足踏みの状態だが、霜川とのつきあいも年数だけは長くなってきた、ゆっくり、ゆったりと行くことにしたい。
[PR]

by kaguragawa | 2015-01-17 22:56 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/22736307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 善衛と功芳の語る「舞踏会の手帖」 夢二――飄然富山市に(1915... >>