人気ブログランキング |

山之内靖『総力戦体制』   

 午前中は、富山市立図書館へ。

 帰路、書店のちくま文庫の書棚に山之内靖『総力戦体制』(2015.1.10)を見つけて、一驚。今しがた昭和17年、18年の短歌雑誌の原本をページを次々と繰りながら、当時の「体制」の真ん中に抛りこまれたような錯覚に恐れおののいていたばかりなのだ。この時期の「知」のあり方とどうしても対面しなければ、「戦後70年!」と懐旧にひたるだけに終わってしまうぞ、と悔悟にも似た気持ちで雪解け道を歩いてきたところだったのだ。
 このことの偶然に驚くと同時に、“どうして山之内さんの本が文庫で今????”と疑問符が駆け巡る。

 jrの車中で本を開いて、山之内さんが昨年、亡くなられていたことを知り茫然。

 私のような者にはとうてい歯の立たない論考の集成であるが、たとえ部分であろうと噛み砕いてみたい。

by kaguragawa | 2015-01-12 16:03 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/22722487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 夢二――飄然富山市に(1915... 一月九日 >>