ある朗読会   

 神田洋子さんの朗読会――“邦楽と鴨長明作『方丈記』を楽しむ”〔金沢文芸館〕を拝聴(11月2日)。
 神田洋子さんの朗読に、林雅楽菜さんの琴と徳野梁山さんの尺八が寄り添うように奏でられる。約1時間あまり。

 「方丈記」の諦観の底にある悲しみ。

[PR]

by kaguragawa | 2014-11-03 23:24 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/22539583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 原敬を語る服部之総 もうツワブキの花 >>