思わず奴奈川姫に・・・   

 今日は平日ながら伯父の四十九日の法事。土地柄も違い(新潟県糸魚川近く)宗派も曹洞宗ということで、2か月前のお通夜、葬儀、そして今回の四十九日(大練忌)も、こまかな点については略しますが、その習俗の違いに戸惑うことばかり。軽いカルチャーショックの連続でした。
e0178600_16142857.jpg
 それにしても海沿いの少し坂を上った寺には風が吹きわたっていて、人を送るということを、切々と感じたひとときでした。
 糸魚川から東に少しはずれた旧の街道沿いの街でしたが、海が見えてくると、私には良寛の地に近づいたという実感がこれもしみじみと湧いてきて、おだやかな気持ちで時を過ごすことができました。

 そうそう、お寺に歩いていく途中で、奴奈川神社を道沿いに見つけ、急いでシャッターを切りました。奴奈川姫をはじめとする「出雲=越神話文化圏」を歩き回りたいという夢のような夢の入口が突如眼前にあらわれたようで茫然としてしてしまったのですが、私にはもっと近い過去を掘り返す課題の旅がいくつもあるのです・・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2014-10-08 16:11 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/22455562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< もうツワブキの花 無知ゆえの周章狼狽と驚天動地 >>