人気ブログランキング |

落書き御免   

 気の滅入ること、かたや、腹の立つことのみ多い年の瀬である。
 そんななかで、softbankのCMから、大ファンのスーザのマーチ“自由の鐘”のメロディが流れてくるのは、うれしいひとときである。クリスマス・ヴァージョンなのでこのCMを目にし、耳にできるのはあと一週間ほど。

 日本では演奏される機会があまりない曲だが、アメリカでは儀礼曲としてよく演奏されるという。「星条旗よ永遠なれ」とともに、いかにもアメリカを象徴する曲だ。これを機に知名度をあげ、大いに演奏され聞かれるようになってほしい。
(実は、今、スーザ家の出自のことを考えながら、スーザのマーチの対極にあるオランダの風格あるマーチの数々を教えてくださった、N先生のことを思い出していますが。)

 と、書いている横で、NHKのニュース9が紅白歌合戦の自己宣伝に声を大にしている。昨日のこのニュース番組ではイタイイタイ病のことなどどこの国の話とばかり、一言もふれなかった驚くべきニュースである。多彩なテーマの取り上げと掘り下げには敬服?するが、ニュース番組としての最低限は守ってほしい。

 *「自由の鐘」については、
 http://www.world-anthem.com/march/liberty-bell.html

by kaguragawa | 2013-12-18 21:51 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/21467116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大井冷光の杉苗、仏眼親王御領 カドミウム被害救済の一里程標 >>