江尻豊治と服部龍太郎   

 服部龍太郎が書いているおわらについての印象的な文章を見つけたので、写しておきます〔服部龍太郎監修『日本民謡大全集 中部篇3』(ジャパンアーツ社)所収〕。残念なことに、このレコードの民謡大全集には発行年が記されていない。服部がはじめて本場のおわらにふれたのがいつのことなのか、江尻豊治との出会いがいつどのようなものであったかも知りたいところだ。

 民謡がもっている本当の味わいをだすには、その土地のひとがうたうにこしたことはないが、「越中おわら節」などはとくにそうである。東北民謡が今のように広まらない以前、全国的に知られたのもこのおわら節であって、なんでも大正3年、富山の共進会で宣伝したのがきっかけになって流行したといわれる。またその当時、小原万竜という旅芸人が各地をうたい流したので広まったという説もある。小原万竜には初代目と二代目の2人があったらしいが、ともかく「越中おわら節」の本場、八尾が生んだ美声家だとばかり私は思いこんでいた。ところが八尾に行って保存会の川崎順二さんに万竜のことをたずねたら、「八尾とはなんの関係もない人で、ひょっとしたら一度や二度くらい来たかも知れないが、ここの出身ではありませんよ」といわれて、へんに失望したことがある。

  「越中おわら節」が流行していたちょうどその頃、大正の初期に「酒は正宗、芸者は万竜、唄は流行の、まがいいソング、なんてまがいいんでしょ」という文句が、「なんてまがいい節」でうたわれたことがある。
 しかしこの万竜は、おわら節の万竜ではなく、赤坂の名妓として名を知られ、のちに東大出身の工学博士恒川陽一郎との恋に結ばれた女性である。万竜などいう名前は、ざらにあるかも知れないが、能登出身の作家・加能作次郎の短編「登別の二日」というのにも万竜がでてくる。
 この短編は「おわら節」をテーマにしたもので、北海道の温泉場で湯槽につかりながら、男が連れの女におわら節を教え込んでいると、そこへ作家らしい人物が、その同じ湯槽に飛び込んできて、その節回しにひどく感心するのである。そしてその節について「この人のは本場です。八尾の万竜の直伝ですからね」といわせている。しれみると加能作次郎もまた、万竜を八尾出身の歌手と思いこんでいたらしい。

 昭和の時代になってから、おわら節の名手として知られたひとに江尻豊治がいた。いまの保存会でうたっている節回しは江尻の伝統を生かしたものであるが、江尻は盲人の歌手であった。
 昭和33年、わたしが八尾にいったとき、偶然のことに、江尻が死去して数日後のことだった。このひとは68歳で物故したのであるが、わたしはよほど江尻家の遺族をたずね、霊前に香でもあげようかと思ったが、やはり八尾の美しいイメージはそっとそのままにしておきたかったので、その門前から故人に黙祷をして立ち去った。風の盆のわきかえるよぅな八尾の熱気とともに忘れられない思い出の一つである。


〔追記〕
 服部の文中「大正3年、富山の共進会」とあるのは、「富山県主催一府八県連合共進会」である。開催年、実際は1913(大2)年である。この共進会については、別の機会に紹介したいと思っています。
 私事にわたりますが、20年以上も前のこと、江尻豊治のお孫さんにお会いして江尻豊治の遺された声に接したことが、私の「おわら」に深く関わっていく一つの機会になったことを、感謝の気持ちをこめて書いておきます。
[PR]

by kaguragawa | 2013-09-01 13:01 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/21007473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 八尾の吉井勇 小原節保存会設立総会に夢二が >>