人気ブログランキング |

平成の世の『喚起泉達録』   

 Tさんの労作〔『喚起泉達録』の口語訳〕稿がF先生から、回ってきました。

 荒唐無稽と揶揄されたこともある『喚起泉達録』ですが、今読み直してみて、その内容のユニークさと語りのおもしろさに、強く惹きつけられるものがあります。こうした江戸時代の越中の「知」のありようについてはまったく知られることがなかったのではあるまいか。

 『喚起泉達録』についてさまざまな観点から論じた諸先生のいくつもの論考とともに、今夏には公刊されるという。

 その公刊に向けての最後の過程を、楽しみながら見届けたいと思っています。

by kaguragawa | 2013-05-27 20:09 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/20560710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「双生児の女の運動選手の名まえ... 三島霜川の「若い叔父」【吉野才... >>