立ち入り調査   

 イタイイタイ病の原因企業である三井金属鉱業株式会社(現:神岡鉱業株式会社)への立ち入り調査がきょう、おこなわれました。

 1972年の被害者側勝訴となったイタイイタイ病控訴審判決後に結ばれた公害防止協定にもとづくもの。今年で41回目。40年の歳月は長く、41回の積み重ねが築いた成果は貴重である。
 が、足尾・渡良瀬川の鉱毒事件も、神岡・神通川の鉱毒事件〔イタイイタイ病〕も決して過去のできごとではない。

  かの天然を征服して余りに傲れる文明の進歩
  鬼の業か魔の業かわれ知らず
  奢侈はこゝに満ち、競争はこゝに踊り
  貧しきは泣く間、など富みたるは益々富めるは奈何

 自分なりに、こうしたことどもを振り返り整理してみたいと思う。
[PR]

by kaguragawa | 2012-10-14 19:22 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/19036627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 平名 at 2014-05-14 10:44 x
 何故 健康プラザ内にイタイイタイ病の資料館が せめて健康は外して貰いたいが、、 偶々の妥協の産物に過ぎないか
Commented by kaguragawa at 2014-05-17 17:30
コメント欄に得体の知れない書き込みがあるのを知りながら、最近は無精になって放置していましたら、平名さんからのいくつもの大事なコメントが埋もれてしまっていました。大変失礼しました。
車なしではなかなか行けないところなので、最近、ようやくイタイイタイ病資料館に足を運びました。萩野昇さんの展示があると言うので、これだけは見ておきたかったもので。確かめずに言うので間違っているかも知れませんが、健康プラザと資料館と県庁の同じ部署の管轄なのかなと思ってしまいます。
イタイイタイ病資料館については、いずれ。
Commented by 平名 at 2014-08-12 12:32 x
 先日往って来ました。 上映会は中止でしたが、2階の資料室にはパソコンが3台置いて有り資料にて患者さん達や家族の苦悩が偲ばれました。 子供達が体を動かして健康を助長させるのがメインの建物と想われます。
Commented by kaguragawa at 2014-08-14 15:27

コメント有り難うございました。望むらくは、展示にはもっと工夫が――知ることより、考えることにつながるものが――あったらば、と思いますが。。。

<< 初回で、連載打ち切り?! 詩「鉱毒」(1) >>