コーヒータイム   

 この土日、何人かの歴史上の人物をめぐってあちこちを走り回りました。資料から、そしてお会いした方々から、いくつかの埋もれていた歴史上の事実が、断片にすぎませんが、見えてきました。

 新しい発見に加えて、別々に調べていたことから共通のキーワードが浮かび上がってくるのも、ぞくぞくとする瞬間です。歴史の現場に立つことで、幻影でしかないのですが、歴史上の人物の後姿がちらっと見えたと思える瞬間もあるものです。

・・・と、とりとめないことを思いながら、撮ってきた写真から読みとれる「明治辛巳年」が、明治14年(1981)であることを確認しながら、読めない文字とにらめっこしています。
e0178600_1857269.jpg
 今も残る壮猶館の門(金沢市広坂1丁目)。「壮猶館」は、幕末の加賀藩に開設された洋式の軍事総合学校ともいうべき施設。
[PR]

by kaguragawa | 2012-09-02 18:58 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/18771934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 越のたち山いつ忘るべき 津田仙とふたりの越中人のこと(1) >>