ここがロードスだ、跳べ!   

 
“うわーっ”、“えっ!”ということばが思わず口から出そうになった瞬間でした。

 三連休の3日目、ちょっと街歩きでもしようかと起きがけにふと思い、手元にある地図や資料だけかばんに入れて家を出ました。探そうとしたのは、富山市の旧町《古手伝町》。(現在「松川」として残る神通川旧河道の北側は、“橋北”“橋向う”とか呼ばれていました。ここに「舟橋」があったからです。旧神通川の左岸にあった「船頭町」「手伝町」「古手伝町」などが現在の何町に当るのか、はっきりしないのです。)だいたいの位置はわかっているものの、もう少し範囲を絞り込んで、その地を歩いて見よう思いたったのです。
 
 資料を読もうと当てにしていた喫茶店は休み。しかたなく近くの公園のベンチで、やおら資料に目を通し、新地名の地図ながらも昭和期(50年頃)の地図を片手に、地図と現地を照合しながら歩き出したところでした。地図とキョロキョロ見の不審者に、親切に声をかけてくださった方がいました。

 “どこか、お探しですか?”

 この年になっても人見知りが抜けない私は、いつもなら「ええ」とぼやかして逃げてしまうのですが、今日は多少虫の居所が違ったのでしょう、“もとの古手伝町は、この辺りですか”と、お尋ねしてみました。期待はまったくしてなくて、声をかけていただいたことに対する礼儀として、ありのままをお答えしたしただけだったのです。

 “そうですよ”――思わずも、しっかりとした返事がその男性から戻ってきました。が、「今・ここ」から時代を飛び越えた質問に、答えた男性にも、答えられた私にも、驚きの表情はあったはずです。そして、私は、何かに背中を押されるような気持ちで、ここがロードスだ!とばかり、もう一つお尋ねしたのです。
 
 “「●●焼き」のお店って、この辺りにあったものでしょうか?”

 突拍子もない、しかも半世紀ほど前の話に、その通りがかりの人が答えてくれるとも思ってはいませんでした、が。

 “あっ、あそこに××病院が見えるでしょう。あそこ。”

 と、後ろを振り返って指さしたその男性は、今来た道を引き返して私を案内してくれるのです。思いもよらぬ展開です。
 “えっ、ご存じなんですか!”ということばをのみ込んで、信じられない気持で、その男性の後について一歩一歩歩き始めました。それほど年配とも見えぬ男性、ゆっくりゆっくりとした歩みなのです。
 歩きながら何度“うわーっ、信じられん”と叫んだことでしょう。
(続く)


  *「古手伝町」は、“ふるてったいまち”と呼ばれていました。
[PR]

by kaguragawa | 2012-04-30 15:48 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/17888976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 夕暮れどき 《新島襄》《津田仙》《高田畊安》 >>