北陸タイムスの高橋秀臣   

 あの高橋秀臣が、――といっても説明が必要ですが、割愛――「北陸タイムス」創立当時の社長兼主筆として〔1908.11~1910.11〕、富山にいたことがあるのですね。

 そう言えば、このことは前にどこかで読んでいたはずと思うのですが当時は、高橋秀臣のことなどまったく眼中にも、もちろん頭中にも、なかったのですから、まったく記憶に残っていないのです。

 足尾鉱毒事件に関わった人物が、身近に?いたのですね。

 今日も、私の備忘録です。悪しからず。

〔追記:1/11〕
 それにしてもどういう縁で彼は富山に呼ばれてきたのか?。そこが知りたいところです。稲垣示がかかわっているのでしょうか?。
[PR]

by kaguragawa | 2012-01-05 22:48 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/17174160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 霜川の「虚無」を久しぶりに読む 東京の馬場邸の主の名が・・・ >>