・・・今朝四時二十五分  秋声逝去   

 父秋声徳田末雄儀長らく病気療養中の處薬石効なく今朝四時二十五分死去致候につき此段御通知申し上げ謹んで生前の御厚誼を謝し奉候
 追然葬儀は二十一日(日曜)正午青山斎場に於て日本文学報国会小説部会葬を以て挙行引つづき午后一時より二時まで告別式相営申す可く候
 尚時局柄御供物の儀は乍勝手御辞退申上候

 昭和十八年十一月十八日 東京都本郷区森川町一二四番地

   男      徳田 一穂
   親戚代表  依田 春一
   友人     菊池 寛
   総代     中村 武羅夫
   社団法人  日本文学報国会


 新聞の「おくやみ欄」がなかった時代はこうやって通知で広くお知らせしたのですね。
 11月は人を偲ぶ月である。昨日は黒岩比佐子さんの命日でした。黒岩さんの命日と秋声の命日が並ぶのも、来週野口冨士男さんの命日と一葉の命日が並ぶのも私には、大袈裟ですが、言い尽くせない思いです。そして、父の命日と宮澤トシさんの命日が続きます。


    山茶花にハラハラ朝の雨少し   霜川
[PR]

by kaguragawa | 2011-11-18 20:37 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/16829834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 小林敏明『西田幾多郎の憂鬱』 ある日の晩秋の立山連峰 >>