人気ブログランキング |

少年“霜川”の福島時代(2)   

 「渦と白い死骸」という不思議なタイトルの文章は、三島霜川が「新潮」に書いたエッセイです。「少年時代の記憶(其一)」という副題からして、どうも当時の文壇人?が順々にこのテーマで書き繋いだもののトップバッターが霜川だったようです(この点は未確認)。

 このエッセイは、霜川の福島――当時の磐城四倉という漁村――での少年時代の追憶なのですが、霜川の少年時代を語る“貴重かつ唯一の”資料なので、ここではまず霜川の記述を、いくつか抜き書きして、それを手がかりに当時の霜川の動向を追ってみたいと思います。

 “私はその当時のことをよく覚えている。私ども一家は――一家といっても母はある事情で別居していて、父と妹の三人であった。そして父は医者であった。――それまで半年ばかりの間住んでいた町を立ち退いて、そこから十八里の道をたどって、磐城の四つ倉という海岸へ行くことになった。”

 “私ども三人の親子は、朝早く――暗い空にはまだチラチラ星が瞬いて、地には白い靄が這った暁であった。――もとより汽車も、人力車もないので、荷馬車に乗ってその町を出た。途中から馬車を降りて歩きだして、日がとっぷり暮れてしまってから、私どもは目的の町の少し手前の原に出た。(中略)十月末のことで、凍るような冷たい風は耳に音を立てて吹いて、皮膚は切られるように冷たかった。ちょうどそこで今あがったばかりの月を見た。その月の美しかったこと!”

 “それは私が十四の時であった。十五の年にかけて足掛け二年――満にすれば一年ばかりの間、その町に住んでいた。”
 

 霜川の記す年齢表記は、もちろん“満”ではなく“数え”ですから、「十四の時」というのは、1876(明9)年生まれの霜川の場合、1889(明22)年のこととなります。 (先走って言っておくと、この点、後で異議を述べたいと思うのですが、とりあえず霜川の記述に従います。) 
 そしてここで書かれているのは、“半年ばかり住んでいた町”から「十八里」離れた“磐城の四つ倉”への引越しです。時期は、〔1889(明22)年〕10月末のことです。

 残念なことに、“半年ばかり住んでいた町”の名前が明記されていないので仮に〔A町〕と名づけて整理すると、霜川父子は、《1889年の4月頃からA町に住み、10月末に引越し、翌1890年の10月ないし11月頃まで、“磐城の四つ倉”に住んでいた》と霜川は、――執筆時期は1912(大正元)年のことですから、20年余り前のことを思い出して――書いていることになります。

by kaguragawa | 2011-10-25 23:50 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/16186228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< “見えざりし支那の学生”――神... 少年“霜川”の福島時代(1) >>