人気ブログランキング |

野田佳彦と富山   

 民主党の代表は、野田佳彦氏となった。

 彼は、千葉県船橋市の生まれだが、父・野田義信氏は富山県出身の元自衛官だと言う。
 初耳である。

 web上で拾った野田氏本人の弁によると“父は富山県農家の6人兄弟の末っ子。 母は千葉の農家の11人兄弟の末っ子。その長男がわたし。シティーボーイに見えない理由はそこかも。”とのこと。

 
 もちろん富山に縁のある人だからと言って支持するわけではない。が、少し違った目で見ていけるかなと思います。

 それにしても“永田町政治”などとして、現今の政治状況を批判している“口だけマスコミ“はなんとかならないものか。彼らの報道姿勢そのものが旧態依然の永田町視線でしかないのだから。

〔追記〕
 こんなページも見つけました。日経の引用ですが、父の思い出を語る野田紹介です。
 http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000573/activity_etc/20081211.html
 “幼少時に食卓で行儀悪くしていると、容赦なく鉄拳が飛んできた。教育熱心で、読み書きから相撲の技まで直々に仕込まれた。一方、小学生の時に通知表を見せると、成績の低下は責めず、備考欄に先生が記した 「性格はバカがつくほど正直だ」 との評価を褒めてくれる、そんな父だった。”

〔追記2〕
 実は昨晩、安田善次郎のというか善次郎を生んだ安田家の菩提寺を確認するために久しぶりに開いた北康利『陰徳を積む―銀行王・安田善次郎伝―』(新潮社/2010.8)の「あとがき」中の謝辞に“野田佳彦財務大臣”の名があって、深く首をかしげたのですが、野田氏の富山への縁(*)もあったのでしょうね。
 誤解だらけの善次郎像を正す本がここ数年何冊も出ているのは喜ばしいことなのですが、野田氏の財務の見識の中に安田善次郎が生きているとしたらうれしいことです。

 (*)野田家の出身は旧婦負郡八尾町水口(井田川の支流・野積川筋の谷あいの一集落)。もっとも佳彦氏の父君が生まれた頃は、婦負郡野積村水口だったはずです。なお、安田家は旧婦負郡安田村辺り、善次郎の生まれは婦負郡愛宕町鍋屋小路(跡地は安田記念公園)です。 以上すべて現在は富山市。


      野積、室牧 お主とわたし
         逢うて落合の オワラ 夕涼み


 明日から、八尾の街はおわら一色となる(8.31記)。

by kaguragawa | 2011-08-29 19:39 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/15348259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saitamanikki2008 at 2011-08-29 20:44
こんばんわ。
民主党代表選挙の候補者演説を拝聴して、
5人の中で一番 総理に相応しい人は野田さんと思いました。
民主党の2年間が最悪の政治状況でしたので、
大変な時代を担う 総理になると思いますが、
国民の為に、国民の声に阿ない政治を貫き通すよう期待してます。
 
Commented by kaguragawa at 2011-08-29 23:56
コメント有り難うございます。
上にも書きましたが、政治よりもさらに旧態依然としたマスコミは、街の声の“誰が首相になったって何も変わりませんよ”という意見を庶民の本音として、必ずひっぱり出してきますが、――たしかに私達の政治への失望は確かに深いのですが――、それはマスコミ自身のもつ愚民感をはしなくも露呈しているだけの一コマです。
国民は、間接であろううと政治を選択しうるし、選択しなければならないのです。私は、いかなる政権であろうと、期待の念と批判の目をもっていきたいと思っています。
あれっ、きょうは少し立派なこと?を書き過ぎました。
Commented by arz2bee at 2011-09-06 08:47 x
 偶然見つけました。私はマスコミの思考停止、ステレオタイプの捉え方に危機感を持っています。ネット情報(玉石混交)が、マスコミに負けない発信力を持って、より多くの人が考え始めればと念じています。また寄らせていただきます。
Commented by kaguragawa at 2011-09-06 23:01
コメント有り難うございます。
“マスコミの思考停止、ステレオタイプの捉え方”――同感です。 arz2bee さんところへ、これからおじゃまします。

<< 霜川の“老友”小沢助左衛門とは(1) 浅岡政次郎さんのお名前発見 >>