06/13/2003〔「時計台の鐘」〕   

・東京の6月10日は、午前中、新宿区百人町の俳句文学館に。午後からある会合に出席、その懇親会で村井靖児先生にお会いしました。村井先生は、音楽療法の分野で著名な方。どうしてもお聞きしたいことがあったので、失礼も省みずかつ蛮勇を奮ってお声をかけました。専門分野のことかなと思われたところに意外な話の切り出しに、柔和なお顔を和らげつつも「あっそうですが、でもどうしてそれを?」と聞かれて、そのわけを軽くご説明しました。

・村井靖児先生は、村井満寿さんのご子息。その村井満寿さんは、札幌の時計台を詠った「時計台の鐘」の作詞作曲者・高階哲夫のもと奥様で、この歌を録音し歌い広められた方でもあります。後に離婚され村井姓になられたのですが、亡くなられるまで札幌で音楽活動をなさっていたそうです。
村井先生は、ひょんなところで変なやつが母親の名前を持ち出したのでびっくりされたようでした。が、私が高階と同郷の富山の出身で「時計台の鐘」が大好きな曲だとお話しすると、姿勢をあらためて話を聞いてくださいました。クラリネット奏者村井祐児さんのお名前もお出ししたら「弟ですよ」と、いっそう驚かれて、しばらくの間でしたが立ち話で、お母様の思い出話や、時計台のお話をお伺いすることができました。なお、生前の高階哲夫(1945.4.17歿)とはご面識はないとのことでした(当時9歳?)。
ちょっと素敵な楽しいひとときでした。

・今調べると;
村井靖児先生は、1936年のお生まれでした。
http://www.seitoku.ac.jp/daigaku/music/profiles/muraiy.html
お父さんの村井武雄氏は、有名なバリトン歌手。今日初めて知ったことながら、別名(芸名)澄川久、日本の最初の腹話術師としても有名な方でした!。
[追記]またしても読み過ごしでした。下記の本に、“村井は昭和七年の第一回音楽コンクール(現在の日本音楽コンクール)声楽部門で最優秀を取ったバリトン歌手で、日本で初めて腹話術をものにして映画館などで演じ、パリのムーラン・ルージュの舞台にも立った多才な人である。”とあります。

※歌曲「時計台の鐘」については、前川公美夫『響け「時計台の鐘」』(亜璃西社/2001.10)
[PR]

by kaguragawa | 2003-06-13 06:39 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/14944479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 06/06/2005:モーツァ... 06/12/2003〔我が越中... >>