100年前、チコこと竹久不二彦 生まれる   

 5月1日は、竹久夢二と岸他万喜の二男、不二彦が生まれた日でした。100年前の1911年のことです。

 林えり子『愛せしこの身なれど――竹久夢二と妻他万喜』(1981.1)によれば、不二彦の出生届は2か月日の7月4日、7月1日生まれの記載となっているとのこと。
 不二彦の波乱の生をつづった評伝も年譜もまだないようだ。


 *竹久不二彦 1911.05.01~1994.04.19
[PR]

by kaguragawa | 2011-05-01 23:27 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/14711020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 平名 at 2011-06-01 07:57 x
 不二彦さんが「メーデー」に生まれたのは愛でたいかな?出生地は、どの様な一生だったのでしょうか? ’94に亡くなっているので秘密の一生を記憶されている方がまだいらっしゃることでしょうね 比佐子さんの様に粘りつよい方が居れば評伝が出来るかも、、
Commented by かぐら川 at 2011-06-03 21:54 x
平名さん、コメント有り難うございます。
そうなんです。不二彦さんの評伝がほしいところです。虹之助、不二彦、草一。三様の生を生きた夢二の子息、3兄弟について語られる時代に来ていると思いますが、それは夢二の裏面史といった点だけでなく、大正~昭和期の一つの時代史になるだろうと思っています。私のような者には、夢二研究は深化せずに堂々巡りをしているような気がしてなりません。

<< 原子力の技術論論点と損益分岐点... 朗読で聞く霜川の“解剖室” >>