人気ブログランキング |

霜川の「解剖室」のモデル都市(1)   

 この小説の舞台は、小説本文に明記されているとおり「北国」である。それでは、「解剖室」に書き込まれている「北国」とははたしてどこの街(都市)なのか。以下は、こうした素朴な疑問を解こうとする一つの試論であり、私なりの一つの答えです。
 (これは「解剖室」の舞台の“モデル”都市を探してみようとする試みであって、この小説の“舞台がどこか”を一義的に推断しようというものではありません。なお、医学史などにわか勉強によっているので、大きな間違いがあるかも知れません。お気づきの点はご指摘ください。)

 かくて彼は解剖室に入った。
 解剖室の空気は冷たい! 解剖台=それは角の丸い長方形の大きな茶盆のような形をして、ツルツルした顔の映るような黒の本塗りで、高さはちょうどテーブルぐらい。解剖台のテーブルの上には、アルコールの瓶だの石炭酸の瓶だの、ピンセットだのノコギリだのハサミだのメスだの、すべて解剖に必要な機器や薬品が並べてある。


 このように具体的に描かれる解剖室をもった北国の――「北国の空」「北国の少女」「北国の雪解け」「北国の自然」ということばで登場する“北国の”、おそらく二月半ばから三月にかけての――医学校が、この小説の舞台である。

 あらためて言えば、解剖室用の単独棟があり、解剖学の担任教授――これが主人公〔風早学士〕――がいる「北国の」医学校。・・・こうした設定を小説から読みだせば、この条件が満たされる小説当時のモデル校がかなりしぼられてきます。

 明治40年に発表されたこの小説の背景となっている時代を――議論を簡便にするために、風早学士の信奉する新ダーウィン主義の語などから具体的論証抜きで、――明治30年代後半としておきたいのですが、そうするとここで対象として浮かび上がってくる“北国”の医学校があります。がしかし、それは明治36年勅令61号の専門学校令による二つの医学専門学校(医専)だけなのです。
 「仙台医学専門学校」と「金沢医学専門学校」の2校がそれです。

 では、小説のなかには、この2つの候補からモデルを特定できる記述はあるのでしょうか。

by kaguragawa | 2010-08-30 23:56 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kaguragawa.exblog.jp/tb/13161749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 霜川の「解剖室」のモデル都市(2) 8月最後の土曜日 >>