タグ:藻谷家の人々 ( 11 ) タグの人気記事   

いくつかの古い小さな消息   

その一
 Fさんへ。冨永徳磨の墓所を知らないかとのお尋ねですが、手元にある富永徳磨『キリスト教の精神――日本と世界』(富永徳磨昇天40年記念出版委員会/新教出版社/1970)の「略歴/昭和5年(1930)」の項には、“雑司ヶ谷墓地に埋葬す”とあります。この〔雑司ヶ谷墓地〕――1935年には「雑司ヶ谷霊園」と改称――には足を運んだことが無く、どこにどのような形で氏がおやすみなのか、見当もつきません。もし行かれることがあれば、教えてください。

その二
 ところで、資料を整理していたらコピーした古い新聞が出てきました(『北陸タイムス』大正三年六月七日)。その「小消息」欄に“尾島千代子(菊子令妹)菊子結婚と前後して同じく洋画小川治平さんと結婚”とあります。

その三
 上記と同じ紙面に「花畑より」と題した兄に寄せた書簡の形でのエッセイが載っている。書き手は「在早稲田 赤壁徳三郎」となっている。とすれば、その兄とは・・・徳彦氏?。

追記
 Y先生がお持ちの藻谷銀河の歌集『仙人掌』には「徳三郎兄へ」の献辞がある。おそらくこの〔徳三郎〕とは、上記の赤壁徳三郎のことだろうと推測されるのだが、赤壁家の系譜が詳細にわからないので残念ながら、銀河と徳三郎の関係がよくわからない。実の従兄弟ではないかと思われるのだが・・・。
 もう一つ。成田龍一『大正デモクラシー』(岩波新書/2007)に「赤壁夕潮」の名が登場する。この夕潮さんの関係もよくわからない。ご存じの方は、お教えくださりたい。

 尾島千代子(尾島(小寺)菊子の妹)が結婚した〔小川治平〕とは、北沢楽天の弟子?の小川治平(1997~1925)のことだと思うのですが確信が持てません。これも、ご存じの方は、教えてください。


追記〔2016.11.20〕
 上の「その一」に記した冨永徳磨の墓所=“雑司ヶ谷墓地”の件ですが、その場所については《一号一四側一七番》という記載を、『冨永徳磨先生記念文集』(冨永徳磨先生記念文集編集委員会(代表:湯浅与三/昭和30年)に見つけました。雑司ヶ谷霊園には行ったことが無いので、この60年ほど前の表記が手掛かりになるのかどうか分かりませんが、報告しておきます。
[PR]

by kaguragawa | 2015-10-11 16:45 | Trackback | Comments(0)

姪によせる「挽歌」   

 藻谷銀河(六郎)の歌集『仙人掌』には彼の姪〔綾子〕と甥〔小一郎〕が登場する。この姪と甥は六郎の兄の子等であるが、この子らの父である兄の早い死は六郎をしてこの姪甥に特別の愛情をいだかせるようになったようである。六郎みずからが一歳のときに父を失い、父の顔を知らずに成長するという経験をもっていたいたからであろう。
 その愛しい姪の若き死に、六郎は「挽歌」という歌群をあててその死を悼んでいる。

 「挽歌」のうちのいくつかを紹介する。

 わがままになやまされ来しわれながらやはか死なさじひとりの姪を

 ひたごころ凝りては堅き巌だにつらぬく征矢の癒やさではやまじ

 いにしへゆ言ひならはする手弱女の十九の厄に逝きし子ろはも

 病院ゆむくろになりてもどる子を迎ふる部屋をきよめけるかも

 ぬけがらを怖ぢし綾子よ今よ亡し涙をさそふ蝉のぬけがら



  姪・綾子の死は、大正十一年の夏、大学生であった六郎の帰省中、八月二十一日のことであった。
[PR]

by kaguragawa | 2015-08-21 22:33 | Trackback | Comments(0)

青あらし   

e0178600_2029454.jpg
 命日(8月9日)に少し遅れてしまいましたが、銀河の書を紹介します。(ちょっと上が欠けてしまいました・・・。)
 藻谷六郎(銀河)が寄贈本の自選歌集『仙人掌』の扉うらに書いた歌。

 なお、歌集『仙人掌』に収められているのは次のような漢字遣いのものです。

 青嵐ふくや越前永平寺 汗ばむ帽子ぬぎて登るも

  
〔追記:2014.08.17〕
 ずっと気になっていたことがありました。この「青あらし」の歌が、『富山県文学事典』(1992)の「藻谷銀河」項にも写真版で載っているのですが、『事典』掲載のものと上の写真のものと、字体、筆勢ともによく似ているのです。そこで、今日、あらためて見比べてみましたが、似ているのではなく、各文字の大きさも位置関係も同一のものです。・・・ということは、私が古書店で購入した『仙人掌』は、『富山県文学事典』掲載の写真の出所の『仙人掌』と同じものだ、ということのようです。
[PR]

by kaguragawa | 2015-08-13 20:30 | Trackback | Comments(0)

思いがけないところで藻谷さん・・・   

e0178600_2218238.jpg

[PR]

by kaguragawa | 2015-06-12 22:18 | Trackback | Comments(0)

132年前の「富山分県」と藻谷さん   

 米澤紋三郎が「分県之建白」書をもって上京したのは、明治15年(1882)の秋。この年の5月に結成された越中改進党の主要メンバーだった紋三郎は、建白の代表委員として上京したのですが、このとき安政四年(1857)生まれの紋三郎は、なんと26歳(満年齢)、翌年の5月9日に、富山県域は石川県から分離独立、現在の「富山県」が誕生し、紋三郎は「分県の父」とも呼ばれるようになります。しかし、注目したいのは、この分離独立運動を担った、「越中改進党」のメンバーには、紋三郎だけではなく、何人も20代の若者がいたことです。米澤紋三郎とともに上京した入江直友もそうですが、文久元年(1861)生まれの藻谷伊太郎もそのうちの一人で、しかも22歳でした。

 奇しくも富山県の分県を記念して制定された「県民ふるさとの日」の今年の記念式典に講演されたのが、この「越中改進党」結成のメンバーで漢詩人でもあった藻谷伊太郎の直系の曽孫(ひ孫)に当たられる藻谷浩介さん。藻谷浩介さんご自身が藻谷家と富山県のつながりを講演の冒頭でお話になられましたが、「分県」と藻谷家との関係にはふれられなかったので、余分のことながら、ここで私が蛇足の弁を弄した次第。

 あっ、書き忘れるところでした。講演のテーマは「新幹線時代を迎えた富山県の今後」。内容は明日の新聞?。

〔追記〕
 ブログ「陸に彩りを添える楓と柊」さんが、式典と藻谷さんの講演の大事な部分を紹介しておられました。ご覧ください。
[PR]

by kaguragawa | 2015-05-09 20:13 | Trackback | Comments(0)

一月九日   

 単なる偶然ではあるが、きのう1月9日に、「一月九日」の語をふくむ短歌に出あった。
 藻谷六郎(銀河)の「洛中寒雨」という20歌の自撰歌群より〔『葦附自撰歌集』(葦附社/昭和8(1933).11)所収〕

   門並めてしめ飾りせる京の雨にぬれつついそげ一月九日

   小半時ひまをぬすみて芋ぼうにひるのさけくむ窓の月ほのか

   あわただしひと日のみ来て大阪の宵の恵比須に逢へりけむかも

 二十歌の中には甥・藻谷小一郎に宛てた歌もある。

   転向のちかひやぶるな恙なく晴れて逢はむ日ひた待つものを


〔追記〕
 web上の情報によれば;
 「京料理:いもぼう」とは、海老芋(えびいも)と棒鱈(ぼうだら)を甘辛く炊き合わせたもの。素朴で滋味豊かな味わいが人々に親しまれ、京ではすっかりお馴染みの名物料理。鰹と昆布のダシに棒鱈の旨味が溶けだし、海老芋の芯までしっかりと染み込んで実に美味しい。
青蓮院の宮様が九州から持ち帰られた唐芋(とうのいも)を、初代当主(=円山公園内の平野家)が京の地で育てたのが海老芋の始まり。これを北海道産の棒鱈と一緒に炊いたところ、非常に相性がよく、"いもぼう"として有名になった。」とのこと。
 これって「北前船文化」の一産物?。

[PR]

by kaguragawa | 2015-01-10 17:52 | Trackback | Comments(0)

南陽堂のこと:「柳川昇爾コレクション」参観   

 きょう金沢湯涌夢二館訪問、《柳川昇爾コレクション新収蔵記念展―― 「南陽堂書店」主人が愛した夢二》参観。学芸員のkさんから懇切な説明をうけ、富山の南陽堂についても多くの新情報をいただく。貴重な情報だ。この点については、あらためて紹介する機会をもちたい。

 ところで、そこで思いもせずドイツ文学者で詩人の藤森秀夫の名前を目にした。旧制富山高等学校の教授であった藤森は、富山時代に南陽堂から『三つの鍵:短編集』という本を出しているのだ。(柳川昇爾が独立して金沢に南陽堂を出す前の話だが。)南陽堂は古書店であると同時に出版もおこなっていたのだ!。そして、ここ数日、藤森秀夫の名前を何度も目にしていたので、「富山」を舞台にした人々の出会いにちょっとばかり感激。

 藻谷銀河の歌集『仙人掌』に「将棋」という歌群(昭和三年)があり、そこにこのような歌がある。

  藤森秀夫兄に

身に過ぎし友をえにけり今日今宵はじめて逢ひしここちこそせね

独乙語の教授てふ名を厳かしみ訪はで過ぎ来し日をくゆるなり

将棋さしていたく夜ふけしかへるさはダリアの花をきりてたびしか

盤面に動く駒より何もなきふたりとなりぬ長き夜も更け

手づまりの将棋や日ごろたしなまぬたばこをやけにふかせども

桂馬跳ねて玉のふところひろびろし且つや先手となりし得意さ



 
 話をもう一度、南陽堂から出版された『三つの鍵:短編集』にもどして、奥付を紹介しておく。

  短編集 三ツの鍵
    昭和七年二月二十八日印刷
    昭和七年三月一日発行
      (正価一円二十銭)

    著者 
     富山市桃井町
      藤森秀夫
    発行者
     東京府下国立町
      柳川光
    印刷所
     富山市中野新町
      庄司印刷所
    発行所
      東京府下国立町
      南陽堂出版部
         振替東京六四九六一番


 富山の古書店「南陽堂」とこの本の発行所となっている東京国立町の「南陽堂出版部」を、どうつなげたらいいのか。ここからが新たな課題だ。
[PR]

by kaguragawa | 2014-08-24 20:38 | Trackback | Comments(0)

『仙人掌』から(1)   

 藻谷銀河『仙人掌』から昭和元年(大正十五年)の歌を、紹介します。この年の歌、とりわけ「浜黒崎」という歌群は、私が『仙人掌』を読んで感じる銀河の歌集全体の歌風とはすこしちがっているような気がしますが、浜黒崎――富山市浜黒崎、ここで銀河は病を養っていた――が、私にとっても懐かしい土地であることから、この歌群を中心にここに写しておきます。

『仙人掌』から
昭和元年(大正十五年)

病床歳旦

おもひでは通り魔のごとはかなかりつつがの床に聴く除夜の鐘

ははそばと妻と三人の水入らず病む身も今朝はめでたかりけり

雪ばれの日和うるはし起き出でて障子切り貼りしておりわれは

百日(ももか)まりはいらぬ風呂のひた恋しつつがなくなりはいる日やいつ

筏井の嘉一おもへば笑みまけて光るめがねの面影に立つ


浜黒崎

かひやぐら見ゆと出づれば早や消えて夕凪ぎわたる海のはろけさ

はてしなく松風ふける昼浜にきつゝきの音こだましてをり

小雨やみて磯松原の朝きよし松露さがしに出でましものを

蛍烏賊ひかる夜頃となりにけり古志の海辺を思はずや君

さのぼりし田のも渡りて来る風のとみに涼しききのふけふあたり

家路遠きこゝの浜辺の侘びごもり勿忘草のたねまきにけり

寺の夜のふけてねずみのさわぐ頃かもめのこゑは猫にかも似つ

磯ちかくとびうをとべりひとりねの早きめざめをすがしみつ我

松原に巣くひて松をからすゆゑ五位鷺狩のてつぽうの音

又してもくすりの味のかはりたる今朝ひえびえと閑古鳥なく

船の笛ひとり寝ざめてきく夜半のおもひは遠き妻にこそゆけ

遠妻をこゝろにもちて出でくれば夕波千鳥こゑあはれなり

この浜にさきしものとて石竹の花封じたり妹(いも)にまゐる文

朝なさな来るさかな売り今日は来ず町の祭に急ぎけらしも

蚤にくはれ寝ね足らざりしあかときは仏の鉦もわづらはしけれ

この浜に乳母とふたりの日をふれば幼なごゝろやよみがへるらし

鐘楼に鳩はなきつゝたまさかに妹(いも)と語らふ時惜しみかも

前の花田裏の松原寝ながらにこもごも飽かず明仙山泉福寺

野大根の花にあきつのとびそめてまぼしき浜の夏浅みかも

うらうらになぎし海かも日もすがら発動機船音たてゝをる

尼稚児は泣き泣きあたま剃られをりよその犬きてそれを見てをり

磯蟹をこゝだとらへてかへる路はあなうら痛し松の落葉に

浜ゆけば浜ゑんどうの紫匂ふ吾妹(わぎも)をまた偲び出づ

磯近くぬかえび食ひに寄る蟹を日に日に捕りて梅雨ならむとす

しなざかる古志の海辺に病みわびて春の野球を見ねばくやしも

病みこもる窓べに寝し東京へゆく汽車の灯をあこがれにけり

尼だちは麦托鉢に出はらひて猫とひるねす病人われは

からつゆに田川の雑魚のあぎとひて米の値高くなりにたらずや

読みつかれかうべ上ぐれば窓越に松葉拾ひの人さはにみゆ

この寺の前は日永の新川野ねながらにして汽車のゆくみゆ

することも言ふこともなし吾が欠伸乳母にうつりて日の永き哉

さみだれにしまし出ざりし浜川の流れのむきはいたく移れり

しろがねに大わだ光るはて遠みほのかに青し佐渡ケ島山

病みわびて妻にも遠く離(か)れ住めば天の星よりわが身かなしも

もの書けるわが顔のべに蜂の来たりしまし唸りて去りにけるかも

月をふくむ夕焼雲に虹のかゝり海に没(い)る陽のすばらしきかも

三年前みやこのなゐに死なざりし奇(く)しきいのちを祝ふ今日かも (九月一日)

二百十日すぎて今宵も浪高し見えてはかくる漁り火

[PR]

by kaguragawa | 2014-08-16 07:31 | Trackback | Comments(0)

藻谷銀河歌碑   

e0178600_163434100.jpg
e0178600_16432175.jpg
富山城址公園
昭和29年11月7日建立



夕まけて
 こゝろ寂しく
  なりにけり
遠く澄みたる
 ひぐらしのこゑ


 歌集『仙人掌』より


 富山大空襲で火傷を負った藻谷銀河(藻谷六郎)は、
一週間後の8月9日に亡くなった。今日が命日である。
 この日、1945年8月9日、長崎にも原子爆弾が投下され、日本政府はポツダム宣言受諾に向け動き出す。
[PR]

by kaguragawa | 2014-08-09 17:10 | Trackback | Comments(1)

富山大空襲の一つの手記   

 うかうかと日を過ごしていたら明日はもう8月1日です。69年前の8月1日の夜、富山市は大きな空襲被害――空襲そのものは2日の午前0時36分から2時27分までの約2時間とのことですが――を受けました。
 もっと早く紹介しようと思いながら直前になってしまいましたが、ある人の書かれたこの富山大空襲の手記をここで紹介したいと思います。

 藻谷研介さんの書かれた「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」です。藻谷研介さんは、富山が生んだすぐれた歌人・藻谷銀河(六郎)さんのご子息。研介さんは、この空襲で祖母・母・姉を失い、歌人だった父も空襲の大やけどで7日後に失い焼跡で荼毘にふすことになるのです。
 そしてこの手記は、当時、中学生(旧制の富山中学校の学生)だった研介さんが、当時を追憶して戦後40年ほど後に書かれたもの。富山大空襲の日を前にして、今、ゆっくりと読み直したいと思っています。

 このブログに立ち寄られた方にも、ぜひお読みいただきたいと思います。下記にリンクしたのは、HP《遥々来つるもの哉》から、「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」の部分です。

 ・藻谷研介「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」

 なお、名前の相似で、あれっと思われた方がおありかと思いますが、この藻谷研介さんは、藻谷俊介・浩介・亮介のご兄弟のお父さんにあたられる方です。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-31 21:59 | Trackback | Comments(0)