タグ:初期社会主義 ( 23 ) タグの人気記事   

108年前の「夏至の日」   

 のちに「赤旗事件」と呼ばれるようになった社会主義者と警官の小競り合いが起ったのは、1908(明治41)年6月22日でした。この年は、この22日が夏至の日でした。
(「赤旗事件」――この小競り合い程度のものが、逮捕者の禁固実刑につながる刑事事件にまで仕組まれた(*)事件です。この事件が、西園寺内閣を桂内閣に代え、桂内閣のもとでこの事件の審理がおこなわれ、さらに「大逆事件」がつくられていきます。)

 この日のことを、荒畑寒村は『寒村自伝』で次のように振り返っている。
 「日の長いさかりの真夏の白昼、濛々と立ちのぼる砂煙りの中に旗の影はたちまち現われたちまち消え、(中略)喧々囂々としてまるで市街戦でも始ったようだ。」
 6月22日が「夏至」であることから、“日の長いさかり”はまさにそのとおりなのだが、少し気になるのは続いて、“真夏の白昼”と書かれている点である。寒村が自伝を書こうとした時点で、記憶はあいまいになっており錯綜もしていたのではなかろうか。
 なぜなら、神田錦町の錦輝館で行なわれた山口義三の出獄歓迎会は午後から始まり、「騒動」は閉会間際の午後6時くらいにおこったからだ。まさに夏至の時期だから6時でも明るかったのだろう。だが、「白昼」はふさわしくなかろう。
 これも寒村の記すところに拠れば「私の間借りしている家の主婦に頼んで、赤地の布に「無政府共産」とか「無政府」とか、白いテープの文字をミシンで縫いつけてもらい、手ごろの竹竿を買って来て二旒の旗をこしらえた。」というその赤旗を、ある者が錦輝館を出た路地で振り回したことから警察官との小競り合いがはじまり、大杉栄、堺利彦、山川均、管野スガら16人が逮捕されたのである。

 ただ、寒村の「白昼」の記憶があやしくなっているのは、時間帯のことだけではない。(寒村を批難するために書いているのではなく、この日のことを正確に記憶したいがために書いています。誤解のないように。)この日は、「白昼」ということばが似合うような晴天の日ではなかったようなのである。現場から直線距離で2キロ余り離れた場所に住んでいたある青年の当日の日記に拠ればこうだ。

 六月二十二日
 曇つた日であつた。
 午后に金田一君、昨夜の話、手踊人形で大に笑ふ。夕方、また歩きに行かうと云ふので、二度出かけたが、其度雨が落ちて来たので唯もどり。

 この日(22日)は「曇った日」で、事件が起きた夕方は「雨が落ちて」くることもあったというのだ。夕方、神田周辺に雨が降ったかどうかはともかく、この日は晴天でなかったことは確かだろう。

 なお、この日記を書いた青年は、この翌日みずからの内的事件に出会い「一握の砂」に結実する詩人の道を宿命づけられていくのだが、一方でこの赤旗事件のあとに次々と起きてくる権力の犯罪の結末「大逆事件」に真正面から向き合うことをも自分の使命とするにいたる。ともに事件から2年後のことである。いうまでもなくこの青年は、石川一(はじめ/啄木)である。


 (*)この山口義三歓迎会の司会を勤めた石川三四郎は、この摘発事件が事前事後において仕組まれたものであったことから事態を「不可解な大騒動」と適切に要約したが、事後の「仕組み」については、一例として、この事件の東京地裁の公判筆記の一部を当時の『熊本評論』に掲載されたものから、引く。森岡永治の弁明から。(多少送り仮名などを補いました。)

 「余は大森巡査の指を噛み四日間の休業を要するまでの負傷をせしめたりと調書に在れども、同巡査が、余の被れる帽子なりとて此処に提出せる証拠品は、余の全く見覚えなきものなり、余は一個の帽子にて満足す、二個の帽子を要せず。彼の当時被りたる一個の帽子は、目下東京監獄に在り。是等の事実を以て見るも如何に警官が事実を捏造するに巧みなるか知るに足らん。尚お巡査は負傷せし際、何れにて何時負傷せりとも覚えずと予審廷に述べしにあらずや、既に何れに於て何時負傷せしとも記憶せざる程の創なるに何故加害者の余なる事を知り得たるや、不思議なり。且つ余は虫歯を患うるものなり、人に食い付きて四日間の休業をなさしむる程の資格を有せず」
[PR]

by kaguragawa | 2016-06-22 20:30 | Trackback | Comments(0)

大逆事件 死刑執行   

 105年前の今日(1911年1月24日)、大逆罪で死刑を言い渡された24名のうち特赦で無期懲役となった12名を除く12名の死刑が、東京監獄で執行されました(12番目の管野すがは、翌25日に繰り延べ)。

 石川一(啄木)は、当日の日記にこう書いた。

一月二十四日 晴 温
 梅の鉢に花がさいた。紅い八重で、香いがある。午前のうち、歌壇の歌を選んだ。
 社へ行ってすぐ、「今朝から死刑をやってる」と聞いた。幸徳以下十一名のことである、ああ、何という早いことだろう。そう皆が語り合った。
 夜、幸徳事件の経過を書き記すために十二時まで働いた。これは後々への記念のためである。


 
e0178600_23252545.png
 絵は、竹久茂次郎(夢二)が、1907年8月18日に幸徳秋水宛てに書いた暑中見舞い?はがきの裏に書いたもの。
[PR]

by kaguragawa | 2016-01-24 08:06 | Trackback | Comments(0)

君は沢山読み沢山書き給へ   

 歌人・橋田東声宛ての幸徳秋水の書簡があると知って、古い本ながら『増補 幸徳秋水の日記と書簡』のことを思い出し探した。ようやく本も見つかり、ページを繰ったら東聲宛ての書簡も載っていた。
 東声の年譜的事実が今一つよくわかっていないが、この書簡(はがき)は1907(明治40)年のものだから、東声の第七高等学校時代(2年?)のことのようだ。「秋水と東声」この不思議な組み合わせは、どうして生まれたのか、私にはわかっていないが、東声が同郷の先輩、秋水に便りを出したことがきっかけのようだ。

御端書拝見。僕は不相変病気で寝て居る。今度の出版は三年来の出版を集めたので、新作はない。書肆が仰山な広告をしたので少々気恥かしい。併し彼としては商略で致方ないだらう。君が所謂「文壇の花形役者」なぞいふものには、僕等は到底なることも出来ねば又成りたくもない。僕は文学芸術を翫賞するけれども、文学者、芸術家はあまり好まぬ。僕自身の著述や文章は芸術としてではない。唯だ社会の悲惨救済のために、自分の赤誠を吐露するに過ぎなぬ。芸術から見たら卑俗かも知れないが、僕はこの卑俗を甘んずるつもりだ。君は沢山読み沢山書き給へ。学科などはどうでも好い。折々落第してもよい。
  明治四十年春
                         幸徳秋水
橋田東聲様


 文中の「今度の出版」については、塩田庄兵衛氏の注を写しておきます。――「論文集『平民主義』(隆文館)は、明治40年4月25日付で発行と同時に禁止された。」
 同日発禁といっても流通?はしたようで、東声と同年生まれの歌人・石川啄木はこの本を入口に秋水に近づいたのではなかったか。
[PR]

by kaguragawa | 2015-02-28 19:02 | Trackback | Comments(2)

〈ある写真〉――おお、夢二に抱かれた添田知道少年がいる   

T様へ

 管野すが特集の7年前の「彷書月刊」(2008.2)に載っている「近藤千浪・白仁成昭さんに聞く」中の田村治芳さんの〈ある写真〉を見ての発言;「唖蝉坊がいる。おお、夢二に抱かれた添田知道少年がいる。」について、写真の確認、有り難うございました。
 やはり、1906(明治39)年10月28日の社会主義婦人会(運動会?)の写真でしたね。
 確認の労をとっていただき、感謝に堪えません。有り難うございました。

 この写真にこだわったのは次のような理由からです。

1)
 ここには添田知道を抱く竹久夢二が写っていて、あきらかに岸他万喜である女性(少し首を傾げている)が、この写真説明では「竹久彦乃」の名で紹介されています。
 そしてこの『唖然坊流生記』に「戸山ケ原の運動会(明治三十九年秋)」と題して掲載されている写真が、『光』(明治39年11月5日号〔第1巻第26号〕)の7pに「社会主義婦人会」として報告されている10月28日の運動会のものであることは、ほぼ間違いのないことでしょう。

※以上のことは、すでに渡辺政太郎研究家の飯野正仁さんが「〈髑髏〉の時代――竹久夢二における反抗の原基」(『夢二 アヴァンギャルドとしての叙情』展図録/2001.4/町田市立国際版画美術館)で、指摘されています。

2)
 ところが夢二研究では、「夢二とたまきの出会いは、〔明治39年11月5日〕である」というのが、通説です。長田幹雄さんの労作「夢二年譜」中の次の記述を、ほとんどの夢二研究者が無批判に引き継いでいるようなのです。
 長田=竹久年譜の明治39年の項には、「十一月一日 岸たまき、早稲田鶴巻町にエハガキ店つるやを開店する。/十一月五日 開店五日目、夢二つるやに行き、たまきと初めて会う。」とあります。が、あきらかに10月28日の写真が示す事実と異なっているのです。
 上記の飯野さんの表現を借りれば「11月5日以前にすでに夢二とたまきは社会主義者の集会に一緒に出掛ける程の知り合いであったという事になる」わけです。

※ある本では――今、手元にその本がないので、その本の名の紹介も引用もしませんが――、夢二とたまきが参加したこの運動会のことを紹介しつつも、「11月5日」の方を優先させて運動会の方の日付を変えてあるのです。

3)
 この「11月5日出会い説」の根拠は、岸他万喜が後に書いた追想エッセイ「夢二の想出」(『書窓』/昭和16年7輯)のようです。そこには、「(開店)五日目に長髪の異様の青年が来まして」とあります。しかし、たまきは「つるや」の開店日を「11月1日」と書いているわけではありません。それどころか、たまきは「十月一日に開店早々わんさわんさの人気にて」と書いているのです。
 長田幹雄さんは、たまきの書いた「10月1日」を、何故か「11月1日」にしてしまったのです。これは、長田さんらしくないケアレスミスとしか言いようがありません。

※「たまきの記憶は正確なものなのか?」という問題は残りますが、長田さんの《「夢二・たまきの出会い=明治39年11月5日説》は、その根拠が、他万喜のエッセイによるものとすれば、それはほぼ、崩れていると言ってよいと思います。 なお、他万喜のエッセイ以外に鶴巻町の「つるや」の開店日を書いた資料を私は、今まで目にしたことがありません。

4)
 逆に、「11月5日以前にすでに夢二とたまきは社会主義者の集会に一緒に出掛ける程の知り合いであった」ことの傍証となる、夢二の相馬御風宛ての書簡(はがき)〔明治39年10月20日付け〕があることを、最近知りました。
 このはがきには、夢二の手で二人の男女が後姿で描かれています。夢二とたまきの交際を間近にいて――居住の地理的位置関係においても、交際の深さにおいても、――知る位置にあった御風に宛てて、夢二がこれみよがしに?男女を描いたとすれば、それは“自分とたまきは今日も一緒です”のメッセージと考えるのが一番無理がありません。なお、はがきに描かれた男がかぶる帽子は、「戸山ケ原の運動会」の夢二がかぶる帽子と同じ種類のもののように見えるのですが、これも予断でしょうか。

※この頃の夢二の交遊者としてたまきが上記のエッセイに、「相馬御風」の名前を挙げていることが、期せずして夢二、御風、たまきが当時よく顔を合わせていたことを語ってくれているようである。
[PR]

by kaguragawa | 2015-02-17 23:40 | Trackback | Comments(4)

「諸君今や人を殺さんがために行く」   

 NHK「日本人は何を考えてきたのか」第4回《非戦と平等を求めて ~幸徳秋水と堺利彦~》1月29日(日)の再放送。

 見逃したこの番組が今日再放送されているということも知らず、チャンネルを変えたら突然、幸徳秋水の「兵士を送る」が耳に入ってきて驚きました。
 “行け従軍の兵士 吾人(ごじん)今や諸君の行(く)を止むるに由なし 諸君今や人を殺さんがために行く 否(しから)ざれば即ち人に殺されんが為に行く 吾人は知る 是れ実に諸君の希(ねが)ふ所にあらざることを”。
 幸徳秋水、森近運平、堺利彦の書かれたものが断片ながら朗読されるのを聞きながら、とりわけ「思想」を持った故に「大逆事件」に生命を奪われた人々の無念を思うと同時に、ようやく始まった地道な復権の動きを心に刻みました。

 獄中から家人に送られた森近の書簡には、故郷の温室で育てていた「ハイビスカス」のことがふれられていて、はずかしいのですが、ここからはずっと涙を抑えることもできずに番組を見ました。
[PR]

by kaguragawa | 2012-07-01 17:40 | Trackback | Comments(2)

坪内祐三『探訪記者 松崎天民』から   

 なにかの偶然ですが、今机の上に、“オレンジ色の”装丁の単行本が2冊あります。

 一冊は、長久保片雲『野口雨情の生涯』、一冊は坪内祐三『探訪記者 松崎天民』です。長久保さんの『雨情』は、30年ほど前の古い本ですが、北海道での雨情と啄木の出逢いのいきさつを確認しようと引っ張り出してきた本です。一方、坪内さんの松崎天民は昨年末に公刊されたばかりの新刊です。 

 ・・・と、それぞれのオレンジ本のかんたんな紹介から始めて、啄木と天民のことなども書くつもりだったのですが、突然時間がなくなったので、今日読んで多くの刺激をもらった『松崎天民』から、次の部分だけ、書き写しておきます。
(坪内さんが引用している天民の『東京の女』(明治43〔1910〕年)から「菅野須賀子女史訪問記」とのサブタイトルをもつ「社会主義の女」の一部です。)

 〈新宿停車場から二丁足らず、橋の通りを左へ曲がると間もなく、左側に「平民社」とした黒塀の一構え。未見の幸徳秋水、菅野須賀子の両氏は、ここに病躯を横たえながら、無政府共産主義のために奮闘している〉

 大逆事件の始まる少し前に発行されたこの『東京の女』は、大逆事件後も(1915)、この「菅野須賀子女史訪問記」を削除せずに、再版されていると言うからちょっと驚きなのですが、そんなことより、昨年秋その跡地を訪ねた「新宿(千駄ヶ谷)平民社」が、――千駄ヶ谷平民社は写真でも見たことが無いのですが――天民の筆からその黒塀とともに眼前にいきいきと浮かんできたのには、慌てたことでした。

 『探訪記者 松崎天民』については、あらためて、書きたいと思っています。
[PR]

by kaguragawa | 2012-01-15 19:53 | Trackback | Comments(0)

霜川の「虚無」を久しぶりに読む   

 三島霜川「虚無」。この作品に、社会主義的な観点が含まれていることは漠然とした記憶にあったのですが、この作品を読み返すことなく長い時間がたってしまい――ここ数年霜川の事績を集中的に追っかけていたときも、この作品は再読しないままでした――、そんなことも忘れてしまっていました。
 が、先年大逆事件100年をきっかけに、当時の初期社会主義のことを少し勉強したおかげでしょうか、今日、読み返してみて、この1903(明治40)年に書かた作品「虚無」に込められた思想は、当時の思想状況においてもかなり特異なもの、誤解をおそれずに言えばかなり進んだもの、大正期の思潮を先取りしているもの、と解すべきではないのかと思い至りました。

 この作品のタイトル「虚無」を、当時“社会主義”と同語であった“虚無主義(虚無思想)”の「虚無」と読むべきだと言っているのではないのですが、ある疲弊した村の――“高谷といえばこの国では知らぬ者の無いくらい名高い家柄”の旧家当主〔達男〕も、そしてそのもとを訪ねた7年前に離婚し東京で暮らす元妻の新しい女〔蓮子〕も、当時の社会主義に通じる思想状況のなかで〔不条理なもの〕を告発しつつ、それぞれに苦悩している存在なのです。

 法律や道徳によって守られている所有権(私有財産)も、略奪によるものであることを、名家の主・高谷達男の口から語らせる一方で霜川は、旧式仏教の堕落を“そこに信仰の光は消えてしまっている。”とし、続けて“低級の教育者は、声をからしながら修身を説いているが、生徒は欠伸をしたり墨の塗りっこをしてして、教育の熱誠とは没交渉だ。で、帰途には、他人の菜園のリンゴを盗む。そしてその教育者は互いに暗闘したり陥穽したりして、またひとの妻を盗む。どのような者にしても何かの手段で何かを盗む。ある者は税を盗んでいる。ある者は女を盗み、村会議員などという政治家達はある権力と仕事を盗み、または強奪しておる。そして役場の吏員は、脱税者または税の滞納者の処分に苦しみながらも時間と給料を盗んでいる。でお互いにお互いの心を照らして、お互いの心を良く知っているから、絶えず不安の眼を光らせてひとを見る。して、公徳上の約束は全く破棄されてしまって、お互いに自己の権利と安寧とを犯されぬようにつとめて精根をからしている。もちろん国家は法律の条文によって、この土地の安寧を擁護し、また擁護されているように見えるが、しかしそれは表面だけのことだ。”――と詳細に語らせています。

 また霜川が「虚無」の直後に書いた「ドブ」という作品で、落ちぶれた労働者の死に際に「俺の敵(かたき)は人間だい。てめえも敗けるなよ。」と絶え絶えな声で気丈に言わせていることも今、思い出されます。

 e0178600_2064088.jpg こうした思想を、霜川は創作作品において深化させることなく、歌舞伎を中心とした演劇評論にその活動の場を移してしまいました。そのことを批評めいてとかく言うことは私の役目ではないのですが、もう少し本格的な創作の場で踏みとどまってほしかった、との思いを霜川の理解者であった水守亀之助と共有せざるをえません。
 
 この「虚無」が、底流において10年前の出世作品である「埋れ井戸」に繋がっていることも気づいたことなのですが、そうしたことは〔霜川/不条理なものへの根源的問い〕のテーマで、別の機会に。

         *右上は40代後半(推定)の三島霜川
[PR]

by kaguragawa | 2012-01-07 19:28 | Trackback | Comments(0)

100年前の秋水とルソーを思う秋   

 土日の東京行の報告をしないといけないのですが、いろんなことを選り分けてからにしたいと思います。

 とりあえず、きのうの朝書いた手書きのメモを写しておきます。

**************************************************
 今から101年前、“大逆事件”の主犯として幸徳秋水が警吏の手に落ちる直前まで暮らしていたのが、新宿駅西、玉川上水にかかる葵橋の南詰めにあった「千駄ヶ谷平民社」。

e0178600_094512.jpg そして私は、今、現在の西新宿1丁目交差点南の「千駄ヶ谷平民社」跡を対面から見おろす場所にあるファストフード店の3階で、ゆっくり朝のコーヒーを飲んでいます。


 秋水は、ここをねぐらとして、何を考えていたのか・・・。

 今、秋水の生地、四万十市の中央公民館で「幸徳秋水展―伝次郎から秋水へ」展が行なわれているという。来年はルソー生誕300年。今から100年前の明治時代、秋水が獄吏によって命を絶たれなければ中江兆民の弟子として秋水が、ルソー生誕200年を企画し、秋水なりにルソーの人民主権の思想を絶対天皇制のもとで鼓吹したことだろう。だがそれもかなわなかった。

 秋水は、ここで、何を考えていたのか・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2011-09-19 00:49 | Trackback | Comments(0)

啄木と夢二   

 大逆事件以後、啄木は平民新聞のバックナンバーを読み返していますから、平民新聞に「コマ絵」を書いていた夢二のことはよく知っていたはずです。が、その2年前の北海道時代、啄木は不思議な女が夢二を話題にするのを聞いて、おそらく当時は知らなかった夢二という画描きに興味を覚えています。このとき以来、啄木の念頭に「夢二」という不思議な名がちらちらしていたかも知れないと思うのです。

 1908(明41)年1月8日の「日記」から、夢二が話題になった部分だけ紹介しておきます。

 “「女学世界」に挿絵を書いて居る夢二と云う人の女は、皆同じ様だと云つて、側らの「女学世界」を取上げてそれを見せる。成程皆パッチリした円い無邪気な眼をした女許りだ。恰もこの女の眼の様に。……自分は面白くなって来た。……そして夢二と云う人は高等商業学校の卒業生だが、天性の嗜好で画が大好きだと云う事、斯の如き眼は夢二氏自身の細君の眼そのままであるそうだと説明する。予の好奇心が益々煽られる。”

 当時の夢二評の一端が書きとめられていておもしろくてかつ貴重なものですが、目の前の女性と夢二描く女性との双方の「眼」に興味を集中していく啄木もなかなかです。

 夢二の方が啄木より2歳年上ですが、この同時代人の夢二と啄木の年譜を並べてみるとこれもなかなかおもしろいものです。大逆事件の発覚以後、社会主義者が次々と勾留、逮捕されていくなかで夢二が勾留されたという話題も啄木の耳にはいっていたかも知れません。啄木の「一握の砂」の次の歌も、そんな関連で読むこともできるかと。。。。

  やとばかり
  桂首相に手とられし夢みて覚めぬ
  秋の夜の二時

[PR]

by kaguragawa | 2011-01-30 00:21 | Trackback | Comments(0)

夢二、“今夜は皆でお通夜しよう”   

 夢二ファンの方には周知のことがらですが、幸徳秋水らが死刑によっていのちを奪われたことを知った夢二は24日の夜、仲間と通夜をして彼らの死を悼んでいます。
 このエピソードを、夢二・たまき夫妻のもとから女子英学塾(のちの津田塾)に通っていた神近市子が書き残してくれてはいるのですが、夢二と平民社周辺の人々との交流、夢二自身の社会主義への関わりの深さ・・・といったことがらが、どうも断片ばかりで、私にはきっちりとした像を結んでくれないのです。

 夢二が社会風刺のきいたコマ絵画を、幸徳・堺の平民社発行の「直言」「平民新聞(日刊)」だけではなく、大阪の「大阪平民新聞」や熊本の「熊本評論」にも描いていたことを先日紹介しましたが、そうであればなおさらのこと、夢二と当時の社会主義との関わりを丹念に掘り起こし夢二像を描きなおさなければ、トピックの繋ぎ合わせだけの夢二の社会主義シンパ論では不充分だと思われて仕方がないんのです。

 少しずつでも情報を整理していきたいと思っています。
[PR]

by kaguragawa | 2011-01-26 23:57 | Trackback | Comments(2)