啄木日記の「亀田氏」   

 啄木が東京帝国大学の赤門前で、亀田氏から独歩の訃報を聞いたという、その「亀田氏」とは誰なのか。啄木研究の現状にうとい私には、情報がなく、不明である。
 で、私なりに推測してみるに・・・

 啄木を文学に志す若者と知って独歩の死亡を告げているので、それなりの面識はあったのだろう。としても、この年(1908年)の4月に上京してきて本郷界隈でそんなに知友の多くないことも考えれば、5月3日の啄木日記に「金田一君を訪ねて亀田といふ余程の変人に逢ふ。」とある「亀田」とこの「亀田氏」は、同一人物かと思われる。そこで、金田一京助と縁があり、独歩のことを知っている人物とすれば、言語学者・亀田次郎の可能性が大きいのだが、「余程の変人」というのも、傍若無人とも評される亀田氏の人柄に合致するようにも思われるのだ。
 ところで、亀田次郎は、啄木日記に「亀田氏」が登場するまさにその1908年に、東京から鹿児島の第七高等学校に赴任しているという。この赴任が年初であれば《「亀田氏」=亀田次郎》の可能性はほとんどなくなるが、一方、当時の旧制高校は秋入学であり、新年度に合わせた赴任が7月以降であることも考えられ、そうなれば《「亀田氏」=亀田次郎》の可能性はぐんと高くなるのだが・・・。
 推測の及ぶのはこの辺りまでだ。私の楽しみとしては、別の手掛かりが運よく見つかるのを待つしかあるまい。

 金田一京助に、亀田次郎のことを書いた「亀田吟風翁素描」というエッセイがあるよし。読んでみたい。柳田国男に金田一京助を紹介したのは、亀田次郎だというエピソードのことも確認できるかも知れない。

※亀田次郎 1876.09.11~1944.02.08
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-24 23:14 | Trackback | Comments(0)

真の作家であつた独歩氏は遂に死んだのか!   

 独歩の最期の身近にいた真山青果の当日の報告によれば;

 「国木田独歩氏は、今日――六月二十三日午後八時四十分、相州茅ケ崎南湖院第三病室に瞑目された。」

 この報は、もう翌日には東京の文人には知れていたようで(青果の報告に「諸方に打電す」とあるし、未確認だが第一報を載せた新聞があったようだ)、翌24日の啄木の日記に出てくる。
 “一人散歩に赤門の前を歩いてると亀田氏に逢つて、国木田独歩氏、わがなつかしき病文人が遂に茅ケ崎で肺に斃れた(昨夜六時)と聞いた。驚いてその儘真直に帰つた。
 独歩氏と聞いてすぐ思出すのは“独歩集”である。ああ、この薄倖なる真の詩人は、十年の間人に認められなかつた。認められて僅かに三年、そして死んだ。明治の創作家中の真の作家――あらゆる意味に於て真の作家であつた独歩氏は遂に死んだのか!”


 ところで、独歩が亡くなった23日の夜、――前日の「赤旗事件」とも、この日夜の独歩の死とも無関係のことだが――啄木にある内的事件が起こっていた。
 “昨夜枕についてから歌を作り初めたが、興が刻一刻に熾んになつて来て、遂々徹夜。夜があけて、本妙寺の墓地を散歩して来た。たとへるものもなく心地がすがすがしい。興はまだつづいて、午前十一時頃まで作つたもの、昨夜百二十首の余。”
 そしてこの湧くように歌がでてくる状況はしばらく続く。25日には“頭がすつかり歌になつてゐる。何を見ても何を聞いても皆歌だ。この日夜の二時までに百四十一首作つた。父母のことを歌ふ歌約四十首、泣きながら。”と・・・。
(註:これらの歌は、直後の『明星』7月号に「石破集」として掲載。)
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-23 20:40 | Trackback | Comments(0)

108年前の「夏至の日」   

 のちに「赤旗事件」と呼ばれるようになった社会主義者と警官の小競り合いが起ったのは、1908(明治41)年6月22日でした。この年は、この22日が夏至の日でした。
(「赤旗事件」――この小競り合い程度のものが、逮捕者の禁固実刑につながる刑事事件にまで仕組まれた(*)事件です。この事件が、西園寺内閣を桂内閣に代え、桂内閣のもとでこの事件の審理がおこなわれ、さらに「大逆事件」がつくられていきます。)

 この日のことを、荒畑寒村は『寒村自伝』で次のように振り返っている。
 「日の長いさかりの真夏の白昼、濛々と立ちのぼる砂煙りの中に旗の影はたちまち現われたちまち消え、(中略)喧々囂々としてまるで市街戦でも始ったようだ。」
 6月22日が「夏至」であることから、“日の長いさかり”はまさにそのとおりなのだが、少し気になるのは続いて、“真夏の白昼”と書かれている点である。寒村が自伝を書こうとした時点で、記憶はあいまいになっており錯綜もしていたのではなかろうか。
 なぜなら、神田錦町の錦輝館で行なわれた山口義三の出獄歓迎会は午後から始まり、「騒動」は閉会間際の午後6時くらいにおこったからだ。まさに夏至の時期だから6時でも明るかったのだろう。だが、「白昼」はふさわしくなかろう。
 これも寒村の記すところに拠れば「私の間借りしている家の主婦に頼んで、赤地の布に「無政府共産」とか「無政府」とか、白いテープの文字をミシンで縫いつけてもらい、手ごろの竹竿を買って来て二旒の旗をこしらえた。」というその赤旗を、ある者が錦輝館を出た路地で振り回したことから警察官との小競り合いがはじまり、大杉栄、堺利彦、山川均、管野スガら16人が逮捕されたのである。

 ただ、寒村の「白昼」の記憶があやしくなっているのは、時間帯のことだけではない。(寒村を批難するために書いているのではなく、この日のことを正確に記憶したいがために書いています。誤解のないように。)この日は、「白昼」ということばが似合うような晴天の日ではなかったようなのである。現場から直線距離で2キロ余り離れた場所に住んでいたある青年の当日の日記に拠ればこうだ。

 六月二十二日
 曇つた日であつた。
 午后に金田一君、昨夜の話、手踊人形で大に笑ふ。夕方、また歩きに行かうと云ふので、二度出かけたが、其度雨が落ちて来たので唯もどり。

 この日(22日)は「曇った日」で、事件が起きた夕方は「雨が落ちて」くることもあったというのだ。夕方、神田周辺に雨が降ったかどうかはともかく、この日は晴天でなかったことは確かだろう。

 なお、この日記を書いた青年は、この翌日みずからの内的事件に出会い「一握の砂」に結実する詩人の道を宿命づけられていくのだが、一方でこの赤旗事件のあとに次々と起きてくる権力の犯罪の結末「大逆事件」に真正面から向き合うことをも自分の使命とするにいたる。ともに事件から2年後のことである。いうまでもなくこの青年は、石川一(はじめ/啄木)である。


 (*)この山口義三歓迎会の司会を勤めた石川三四郎は、この摘発事件が事前事後において仕組まれたものであったことから事態を「不可解な大騒動」と適切に要約したが、事後の「仕組み」については、一例として、この事件の東京地裁の公判筆記の一部を当時の『熊本評論』に掲載されたものから、引く。森岡永治の弁明から。(多少送り仮名などを補いました。)

 「余は大森巡査の指を噛み四日間の休業を要するまでの負傷をせしめたりと調書に在れども、同巡査が、余の被れる帽子なりとて此処に提出せる証拠品は、余の全く見覚えなきものなり、余は一個の帽子にて満足す、二個の帽子を要せず。彼の当時被りたる一個の帽子は、目下東京監獄に在り。是等の事実を以て見るも如何に警官が事実を捏造するに巧みなるか知るに足らん。尚お巡査は負傷せし際、何れにて何時負傷せりとも覚えずと予審廷に述べしにあらずや、既に何れに於て何時負傷せしとも記憶せざる程の創なるに何故加害者の余なる事を知り得たるや、不思議なり。且つ余は虫歯を患うるものなり、人に食い付きて四日間の休業をなさしむる程の資格を有せず」
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-22 20:30 | Trackback | Comments(0)

夏至の日   

 去年の今頃も、「日が長くなったな、そろそろ夏至なのかぁ」と、7時に田舎駅について自宅に向かう道すがら思っていたら、ちょうどその日が夏至の日だったということがあった。きのうも、同じ思いをして確かめたら、今日が「夏至」だった。この一年間、いったい何をしてきたものかと、悔悟の思いが強い。

 ふと、「あの日も、もしかして、ちょうど夏至だったのではないか・・・」との思いがよぎり、確認したところ、〔あの日=1908年6月22日〕も、はまさに夏至にあたる日であった。

 夏至だからといって、何かが大きく前日と異なるわけでもなく、翌日とも異なるわけでもないのだが、私にとって気持のうえで毎年不思議な節目になっている特異日?である。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-21 11:05 | Trackback | Comments(0)

渡良瀬の人々――謝花昇(旧稿)   

 以下は、十年余前に書いたもの。今日、あることを調べていて“謝花昇”の名前を見つけ、そういえば・・・と古いものを探し出しました。2005年9月28日に書いたもの。

*****************************************************

 田村紀雄『田中正造をめぐる言論思想――足尾鉱毒問題の情報化プロセス』(1998.9/社会評論社)

 足尾鉱毒問題を扱ったこの本に、“謝花昇”の名前を見つけて、体がほてるほど興奮してしまいました。鉱毒問題のまだ広く世に知られる前、鉱毒被害の実態をいち早く調査したのが、農科大学の古在由直でしたが、そのころ、謝花は農科大学に在籍していたというのです。といっても、謝花昇についてなにほどのことも知るわけではありません。ただ明治時代の沖縄が、謝花という稀有の人物を介してこの渡良瀬に直結しているような気がして不思議な感慨にとらわれました。

 なお、当時の農商務大臣・榎本武揚が津田仙に同行し足尾鉱毒の被害地に足を運んだこと。その後の榎本の生き方。津田仙自身の生き方・・・。
 それにもまして渡良瀬流域に生れそこに生きた農民の――そこに集約点として田中正造という稀有の人材がいたことは今さら言うまでもないことでしょうが――「個としての、コミュニティとしての」鮮烈な生き方を、この本は淡々と伝えてくれています。
 足尾鉱毒問題をたどること。かなりさぼっていましたが、少しずつでも続けていきたいと思っています。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-17 23:24 | Trackback | Comments(0)

啄木日記の「碧海君」   

 ひょんなことから、石川啄木の日記に何回か(何度も?)でてくる「碧海君」のことが少しわかった。この「碧海君」とは、碧海康温(あおみ・こうおん/やすはる)。当時、東京帝国大学の学生だった青年だ。金田一京助の第二高等学校時代の同窓(同級?)で、ともに東京帝国大学文科大学(のちの文学部)に進んだ縁で、京助と親しく、金田一のもとをたずねた啄木とも知友になったようだ。1907年7月、京助は帝大文科大学言語学科を卒業し樺太に渡りアイヌ語研究をした後、翌年4月から霞ヶ関にあった海城中学校に講師として勤めていたが、碧海康温の方は、哲学科を卒業(1908年?)した後、帝大理科大学地質学科に入りなおしたので、まだ学生だったようだ(1911卒業)。
〔帝大創設時からあった地質学科は、1907年「地質学科」「鉱物学科」に分けられた。この新・地質学科には、碧海のほか江原真伍、大橋良一、河村幹雄、中尾清蔵などのちに地質学会の中心となる錚々たるメンバーがいた。〕

 碧海康温氏。愛知県碧海郡阿乎美村の生まれで、今も岡崎市にある慈光寺という浄土真宗の由緒ある寺の跡取りだったが、弟が寺を継ぎ、本人は学究の道を進んだようだ。(阿乎美村→上青野村→1906六ツ美村→六ツ美町→1962岡崎市)。愛知県からはるばる仙台の二高に進んだきっかけや、大学(哲学科)卒業後、地質学科に再入学されたことなど(その後、研究と教育に従事)、さらに弓道とのかかわりなどなど興味尽きない人である。

 ※金田一京助 1882.05~1971.11.14
   碧海 康温 1883.01~1943.05.28
   石川  一 1886.02~1912.04.13

 なんと驚いたことに、この碧海康温氏、先年亡くなられた法哲学者の碧海純一さんのお父さんなのであった。碧海純一さんが3年前に亡くなられたこともうかつなことに実は昨日になって知った次第なのですが、碧海純一さんのお父さんが啄木の日記に登場する「碧海君」であることも、長尾龍一さんの碧海純一さん追悼文で知ったのでした。
 確か5年ほど前に啄木の日記をざっと通読した際、「碧海」という風変わりな姓を目にしてまっ先に思い浮かんだのは、碧海純一さんのことだったのですが、そのときは確かめる手段もなかったのですが、碧海純一さんが亡くなられたことを機縁にそうしたこともわかったのでした。


 なお、以下は啄木日記の「碧海君」抜き出しメモ一覧です(1908.04啄木上京後)。ほかにも登場箇所があるかも知れません。あくまで参考に。


1908:明治41年7月7日
 四時半頃金田一君の室にゆくと、碧海君と橋本とかいふ人が来てゐた。その二人が帰つて、九時過ぎまで語つた。

同年8月(19日?)
 十七日より今日まで、毎日金田一君碧海君と共に将棋を戦はせり。義太夫は将棋に代れるなり。

同年9月29日
 夜、碧海君が来て詩談。明日は晦日だと思ふと、心は何かしら安からぬ。此日は一日雨。

同年12月5日
 遠藤から手紙。せつ子へ久振に手紙をかいた。九州の菅原芳子と平山良子へも手紙かいた。良子には明星百号送つた。内海信之へハガキを添へて原稿を返してやる。
 夜、碧海君


1909:明治42年4月11日 ※ローマ字日記
 11 TH, SUNDAY.
 Kindaiti-kun no Heya ni wa Awomi-kun ga kite ita. Yo mo soko e itte I jikan bakari Muda-banasi wo sita. Sosite kono Heya ni kaetta.
 (金田一君の部屋には碧海君が来ていた。予もそこへ行って一時間ばかり無駄話をした。そしてこの部屋に帰った。)



 余分なことながら、上に「碧海純一さん」と親しげに書いたのは、我が身の丈に余るマックス・ウェーバーの難解な論文を読んでいた学生時代、書籍の上のことながら、多くのことをわかりやすく教えていただいたご恩によるもの。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-15 19:37 | Trackback | Comments(0)

「袖ふれ合うも多生の縁」   

 きのうが、高橋治さんの一周忌、岩城宏之さんが亡くなって10年にあたる年でした。

 お二人とも、文字通り「袖ふれ合う」程度のご縁が、――岩城さんは私の10代に、高橋さんは30代に――ありました。そして、これもこの歳になって文字通り「多生の縁」を、我が生において感じています。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-14 22:39 | Trackback | Comments(0)

生田春月の死   

 播磨灘に船上から身を投じたという詩人・生田春月の遺体が見つかったのは、今日、1930年の今日6月11日だという。

 ※生田春月 1892.03.12~1930.05.19
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-11 23:24 | Trackback | Comments(0)

夢二一行、黒部峡谷に遊ぶ   

 6月10日が、昭和3年(1928年)に竹久夢二が黒部峡谷に遊んだと日だいうことは、前にも書きましたが、この日の黒部峡谷行については思いのほかいろんな記録が残っていることがわかりました。しかもこうした記録の存在は偶然のことではなく、こうした紀行を雑誌の記事にするために仕組まれた一連の企画があったのです。
 峡谷行に同道したのは夢二と翁久允の二人だけではなく、多くのにぎやかなメンバーといっしょだったのです。

 いずれ、そうしたことをこの記事に書き足したいと思っています。いずれ。いずれ。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-10 23:56 | Trackback | Comments(0)

『名訳詩集』   

  『名訳詩集』 西脇順三郎・浅野晃・神保光太郎編/1969/白凰社 。

 饗宴。ここに凝縮されて示されてあるものの重さというか大きさに厳粛な気持ちになる。

 ここに集められた名詩を世に送り出したのは有島武郎、生田春月、生田長江、上田敏、尾上柴舟、片山敏彦、蒲原有明、小牧健夫、西条八十、山宮允、塩井正男、神西清、吹田順助、鈴木信太郎、高村光太郎、竹友藻風、茅野蕭々、土居光知、永井荷風、中原中也、中山省三郎、夏目漱石、新関良三、西脇順三郎、野口米次郎、昇曙夢、長谷川二葉亭、堀口大学、松浦一、三好達治、森鴎外、柳宗悦、矢野峰人、山内義雄、米川正夫。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-10 22:42 | Trackback | Comments(0)

バッハが身近なおっさんに――高野さんの魔術   

 きのうのことである取引先へ行こうと車に乗ったところ、地元放送局のラジオ番組から聞えてきたのは聞き覚えのある独特の言い回しの低い声。ほとんど最後の部分しか聞けなかったのですが、「高野さんにとってバッハってどんな存在ですか?」というような問いに「おらにとって、バッハは人生の同伴者のようなもんですちゃ」というような受け答えが聞えてきた。

 このわやくちゃな富山弁の主こそが、なんとあの栄誉ある?ライプツィヒ・バッハ資料財団〔Das Bach-Archiv Leipzig〕の広報室長を勤めておられる高野昭夫さんなのである。高野さんは富山市の出身。1960年生まれというから、私とほぼ?同年代。

 理屈抜きにバッハが身近なおっさんになってしまう不思議なトークである。

 それにしても今年のバッハ音楽祭が始まろうとするこの時期に、高野さん富山にいて大丈夫なのでしょうか。離国寸前のひとときを生地のラジオ放送に出ていただいたのでしょう。トークを最初から聴けなかったのが残念。

 今年は私も、6/10から6/19あたりをライプツィヒ同様、バッハ週間〔Bachwochen〕にしてみようか。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-07 19:56 | Trackback | Comments(0)

携帯で撮った「火星」   

e0178600_2345865.jpg

 肉眼ではしっかり見えているのに携帯のファインダーでは位置決めができず、あえて街灯の斜め上の位置に火星をもってきて撮影したところ、うまくキャッチできました。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-03 23:05 | Trackback | Comments(0)

ジョーク「新しい判断」   

 熊本城のライトアップが再開された。熊本市民のうれしさが伝わってくる。

 政治の私物化――。マスゾエ的意味なら許せないながらも可愛げがあるが、アベ的私物化は日本を腐敗させるもの。そこに横たわっているのは、いつぞや「美しき日本」とか言っていた人とは思えない、汚れた驕りである。HNKのNW9など会見の解説役どころか説得役をつとめるお粗末さだ。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-06-01 22:14 | Trackback | Comments(0)

岩波文庫に新しい「山家集」・・・   

 5月ももう残すところ1日となった。今年は、春が無く、冬からぐずぐずと夏になってしまったような気さえする。

 安部政治はもう完全な破綻である。サミットの「共有認識」なるものをでっちあげて、そこに増税延期の逃げ道をつくる不正直さ、不信の極みであり、こんな国辱的首相がかつていたものであろうか。

 なかなかの難物だったが堀田善衛が25歳のときにかいた「西行」(1943~44)は、時間をかけ自分なりにていねいに読んだ甲斐はあった。そう言えば、岩波文庫に新しい「山家集」があるのを昨日になって知り、いささかショック。

 ※『西行全歌集』久保田淳、吉野朋美校注(2013.12)
[PR]

# by kaguragawa | 2016-05-30 22:35 | Trackback | Comments(0)

『産業革命』近代日本の軌跡 (8)   

 少し歴史を援用?しながら論文もどきのエッセイをようやく書き上げましたが、そのとき偶然図書館で見つけたのが『産業革命』(近代日本の軌跡 (8)/高村直助編/吉川弘文館/1994.06)。
 ちょっと古い本ながら、いろんな面で、いろんな点で教えられることが多くありました。

 上記の本とは別の話ですが、「高岡米商会所」の成立(1885.01)の背景を、どう考えたらいいのか・・・。そんなことも急がずに考えていきたい、と思っています。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-05-18 22:17 | Trackback | Comments(0)

単なるメモ   

 Mさまへ

 No.129玉垣の《(右)泉州堺 (左)□□善次郎》がそうですね。
 これを「酢屋善次郎」と読んだのは、山元さんの功績ですね。

 〔2015/06/08〕
[PR]

# by kaguragawa | 2016-05-04 22:21 | Trackback | Comments(0)

「アイカメ」・・・藤井能三とデ・レイケ   

 なんとデ・レイケ(Johannis de Rijke)は、1891(明24)年、暴れ川常願寺川の治水工事に富山県に来た時、伏木港もおとずれ、藤井能三と会っていたのだ!。能三の『伏木築港論』(明治24年)に、このように登場する。

 今回富山県の水害検視として来県せし内務省雇工師和蘭人デレーケ氏の伏木港巡回を機として、右「アイカメ」の事を語り以て氏の意見を問ひしに、氏は海底の深浅及び大穴の個所等を試験したる後ち、未だ充分な調査を遂げざれども親部川は築港上最も必要なるものなりとて特に之を賞讃し、而して右「アイカメ」と称する深淵あるが為に多少の修繕を加ふれば如何なる大艦巨舶と雖も容易に川中に入るるを心得べく、其の費用は凡そ五拾万円ほど要するの見積りなれども愈々築港せんとするには、尚ほ充分に測量調査をせざれば能はずと言へり、されば伏木港民の口碑に伝はる「アイカメ」の深淵は氏の鑑定を得て倍々信を措くに足るのみならず、之が為めに如何なる蒸気船も容易に川中に入るを得べしと言うに至りては余は之を天与の地形と謂うも不可なかるべしと信ず。

追記:
 藤井能三とデ・レーケが「あいがめ」を話題に話し合ったとき、そこに同席していたのは誰なのだろう。そもそもデ・レイケを伏木に誘い、この出会いをセッティングしたのは誰なのか・・・。

追記:2016.05.02
 常願寺川砂防事業に詳しいMさんからご教示によると、デ・レイケに随行していた高田雪太郎の日記に、デ・レイケの藤井能三訪問のことが書かれているそうです。埋もれている資料に、大事なことが書かれているようです。詳細はあらためて報告します。
「歴史は忘れられた端役として存するのではない。人が思い出してくれさえすれば声を発するであろう」とは、伏木生まれの堀田善衞のことば。


[PR]

# by kaguragawa | 2016-05-01 16:10 | Trackback | Comments(3)

災地にありて災を慮らざる   

 死地にありて死を知らず、災地にありて災を慮らざるは、愚者の事なり。日本にありて、治水の理に通ぜざる、その亦愚者の誹を免れず。
 抑も治水学は日本に於いて将来一科の専門学たるべく、治水術は日本人の為め永く一種の専門術たるべきものなり。否な、日本に生まれて治水に通ぜざる者は、人にして衣食の理に通ぜざるよりも更に危険なり。



 久しぶりに心動かされることばに出会いました。稲垣示が、西師意の『治水論』(明治24)に寄せた「序」から。稲垣示が後に田中正造と行動を共にしたことを思い起こさせます。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-04-29 21:53 | Trackback | Comments(0)

ある和解の報   

 5年前のニュージーランド地震の被災者の遺族と富山市長との和解が成立したとのニュースに、胸のつかえが降りたような安堵をおぼえた。詳細は略すが、蔭で尽力された人の存在を感じる。天災と人災のあわいで多くの苦悩が繰り返される。熊本に思いが飛ぶ。

 ここ数か月、本務(?)に力が奪われ、一冊の本も読み終えることもなく、過ごしている。よって、このブログにも何も記すことがらが無い。切れ切れの貧食をかてに、わずかな糸は紡いでいるつもりだが、後ろ向きというか下向きというか気組みの欠如に、自ら情ない思いを引きずったままである。
[PR]

# by kaguragawa | 2016-04-22 22:04 | Trackback | Comments(0)

越の春~地魚と地酒を堪能   

 けやきの芽吹きが見られ、ハナミズキも花芽が少しほころんできました。
 私には、サクラ前線がどうのこうのということより、心動かされる季節の移ろいです。

 きょうは、友人の誘いで富山湾のキトキトの魚(地魚)と地酒(「成政」と「北洋」)を、決してきれいとは言えないお店で、ゆっくり堪能。
 ここ一か月の追いかけられるような仕事のプレッシャーからしばし解放され、一度風邪で失った声ももどってきて、くつろぎのひとときを過ごしました。


[PR]

# by kaguragawa | 2016-04-06 22:24 | Trackback | Comments(0)