<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

渡瀬ドクトルこと〔亘理祐次郎〕   

 『死に親しむ』を中心にいくつかの秋聲作品に、愛すべき人物として登場する“渡瀬ドクトル”は、《亘理 祐次郎》――わたり・ゆうじろう――と見て良いのではなかろうか。

 ずっと気になっていた一事だが、連休の最終日に当時の医師名簿を中心に、少し気合を入れて?調べてみた。

 『帝国医鑑. 第1編』(河野二郎 編/明43.5/旭興信所)に次のような記載がある。

 宮城県平民 亘理祐次郎   本郷区森川町一 電話下谷七二八

 君は明治五年十一月二日出生にて遠田郡涌谷町立町は其原籍なり
 明治三十二年九月弐拾九日附医術開業試験に合格して免状を受け現所宮前一三六号に開業


 web上で閲覧できるいくつかの名簿をのぞいてみると異同がいくつか――例えば、生年月日が同年同月の〔十二月二日〕になっているものなど――がある。いやいや、名前が祐太郎だったり祐二郎だったりするので、安心して確定的なことは言えないのですが、〔祐次郎〕が頻度として多く、ここでは〔亘理祐次郎〕としておくこととします。

 『死に親しむ』には、“同じくらいの年配のダンス仲間”という渡瀬ドクトルの紹介があり、秋声の明治4年、亘理医師の明治5年という一年違いの生年からしても状況が合いますし、住所が森川町1番地(宮前136号)というのも、“物の一町と隔たっていないドクトルの家”の記述を、1町=約110mとすれば、ほぼ合致します。

 ちなみに、町のほぼ全域が《1番地》だった「森川町」には、北表通、北裏通、南表通、北裏通、中通、宮前、宮裏、新坂、南堺、牛屋横丁、油屋横丁、椎下、橋通、橋下、谷、新開の16の地区があったとのこと(――秋声の家は「南堺」で、かつての映世神社の前が「宮前」)。その地区ごとに付された区画番号を網羅的に記載した地図にまだお目にかかっていないので、亘理医院の《森川町1番地(宮前136号)》がどこなのか、「点」として確認できないのが残念なのですが・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2015-09-24 19:28 | Trackback | Comments(3)