<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

富山大空襲の一つの手記   

 うかうかと日を過ごしていたら明日はもう8月1日です。69年前の8月1日の夜、富山市は大きな空襲被害――空襲そのものは2日の午前0時36分から2時27分までの約2時間とのことですが――を受けました。
 もっと早く紹介しようと思いながら直前になってしまいましたが、ある人の書かれたこの富山大空襲の手記をここで紹介したいと思います。

 藻谷研介さんの書かれた「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」です。藻谷研介さんは、富山が生んだすぐれた歌人・藻谷銀河(六郎)さんのご子息。研介さんは、この空襲で祖母・母・姉を失い、歌人だった父も空襲の大やけどで7日後に失い焼跡で荼毘にふすことになるのです。
 そしてこの手記は、当時、中学生(旧制の富山中学校の学生)だった研介さんが、当時を追憶して戦後40年ほど後に書かれたもの。富山大空襲の日を前にして、今、ゆっくりと読み直したいと思っています。

 このブログに立ち寄られた方にも、ぜひお読みいただきたいと思います。下記にリンクしたのは、HP《遥々来つるもの哉》から、「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」の部分です。

 ・藻谷研介「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」

 なお、名前の相似で、あれっと思われた方がおありかと思いますが、この藻谷研介さんは、藻谷俊介・浩介・亮介のご兄弟のお父さんにあたられる方です。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-31 21:59 | Trackback | Comments(0)

霜川の“築地居留地”と“佃島”(1)   

 三島霜川に「夕汐」という築地居留地を舞台にした作品がある。私の好きな作品だが、何年の作かは意識したこともなく、漠然と明治三〇年代半ばの短編集『スケッチ』に集約されていく作品群の一作かなと思っていたのですが、きのう、読み返してみて、気になることがあって今日、きちんと調べてみました。
 なんと、驚いたことに思ったよりも早い時期の作品で、明治33年12月の『文芸倶楽部』に発表されたものでした。そしてさらに驚いたことがあるのです。それが、作品に登場する「門松売りの老爺」です。 (続く)
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-29 22:32 | Trackback | Comments(0)

 「堀田善衞を読む会〔3〕」余録   

 きょう、「堀田善衞を読む会」例会。

 今回(第3回)のテキストは『橋上幻像』の「第一部 彼らのあいだの屍」――。
 その場でのいろんな議論を思い出しながら、タイトルにもなっている“彼らのあいだの屍”そのものが議論の正面に出てこなかったなぁと考えながら、自分なりの読み深めの道筋をこの「彼らのあいだの屍」(という語)に沿って見つけたいと、今、考えています。

 ところで、この「堀田善衛を読む会」について、説明抜きで書き始めてしまったのですが、そして、なかなかに個性的な読み手が集っているこの「読む会」会についてはあらためて書きたいと思っていますが、今日の例会でちょっと驚いたのが、参加された皆さんが持参されたテキストの多くが、予想に反して?書き下ろしのかたちで世に出た新潮社の単行本(初版、1970)だったことです。

 そして、であればこの新潮社版『橋上幻像』の“高松次郎”の「装画」(カバー、とびら)をじっくり見つめる時間があっても良かったのではないかと、これも今になって思われてくるのです。

〔追記〕
 作品中で出会った私にとって初見であった「クチャ眼」と「底眼」という二つの「眼」のうち、「底眼」が、思いもかけず濱口國雄の詩集『地獄の話』に、その出所があることを二人の報告者のレポートで知ることができました。それだけでなく、今、これが単に特異な単語の出典の問題ではないということを「読む会」の皆さんと共有の認識としてもつこともできました。まだ3回目の例会を終えたばかりですが、議論とその咀嚼のなかでこうした堀田接近の大事な鍵をいくつもこの場で、共有できているのではないかと思えてきました。――次回は、9月。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-26 22:12 | Trackback | Comments(0)

新しい皮袋のいい酒〔old wine in new bottles〕   

 ライプツィヒ国際バッハコンクールで優勝した岡本誠司さん(バロック・ヴァイオリン)の記念演奏会の一コマをニュースで聞きました。耳新しいバッハだけど、まさしくバッハ・・・。いいですね。
(NHKのニュースでは、ヴァイオリン部門の優勝とだけで、「バロック・ヴァイオリン」と言わなかったのは、なぜなのでしょう。)

 昨日、久しぶりに新刊本購入。松岡和子さんのシャイクスピア『ジュリアス・シーザー』と『銭形平次捕物控傑作選3』。ともに7月10日の新刊。それにしても、今年に入って3冊の傑作選が出ていたとは。胡堂ファンとしてはうれしいこと、このうえもないことです。一方、松岡=シャイクスピア。昨年、《沙翁劇・シーザー》のことを書いた際、松岡さんの訳を読みたいと探したらばまだ世に出ていないことを知ったのですが、ようやく出ました。

 新しい装いで出会う古典・・・。
 そう言えば、星亨に『各国国会要覧』という著作あることもきのう知りました。新しい星亨に出会えそうな予感も。
 *近代デジタルライブラリー 星亨『各国国会要覧』(1886〔明19〕.12)
  http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/783847/1
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-20 22:13 | Trackback | Comments(0)

富山市北代の「木盾」と「弓」   

 昨晩、小竹貝塚(富山市呉羽北地区)で弥生時代の盾(たて)が発見されたとのニュースを聞いた。小竹貝塚といえば縄文時代前期のおびただしい数の埋葬人骨が発見されたことで近年も話題を呼んだ遺跡だが、こんどの発表は弥生時代の日本最北の木製「盾」の遺物である。
 テレヴィに映し出された映像を見て、私など考古学の門外漢にはどうしてこれが「盾」と断定できるのかまことに不思議に思えたのだが、そのとき、「盾」から連想で思い出したのは、この地の「弓」のこと。具体的にいうと、この地に伝わる「漆千ばい朱千ばい黄金の鳥が・・・」という伝承歌を、この地の古代の戦さ伝説にこと寄せて「漆弓千張り、珠弓千張り、金弦二千張り」と解したある江戸時代の書物のことでした。

 この小竹貝塚のある《呉羽丘陵北西麓の地》(呉羽・北代地区)の軍事と神事が交錯するいくつもの伝承に注目をしていたのは、江戸時代の富山藩士の野崎伝助でした。小竹貝塚の姉倉姫の「蝶伝説」としていつも紹介されるのは、野崎伝助の孫・雅明の『肯搆泉達録』ですが、この蝶伝説も、伝助の記した『喚起泉達録』のほうに、すでに、ていねいに紹介されていたのである。余談だが、どうも伝助さん、みずから現地におもむき、貝塚を掘り起こし貝殻を自分の目で確認したように思われるのである。そしてこの「漆弓千張、珠弓千張、金弦二千張」という古歌解釈?を私が知ったのも、伝助の『喚起泉達録』によってなのでした。

 ではなぜ、野崎伝助はこの北代一帯の地に注目したのか・・・。残念なことに、今、ここに『喚起泉達録』の記述を事細かに紹介する余裕はありませんし、私はそのことを十分に論じることのできる者でもありません。いずれ、しろうとの思いつきを書いてみたいとは思うのですが、興味のある方は、ぜひその復刻書『喚起泉達録・越中奇談集』(*1)なりその古代史関連部分の訳文を収める『喚起泉達録の世界』(*2)で、――「神奈老翁神代を説きて大竹野の由来を述ぶる事」の条を――ご参照いただければと思うのです。

 (*1)資料集成編集委員会・編/越中資料集成11/桂書房/2003.5
 (*2)浅見和彦・監修/棚元理一・訳著/藤田冨士夫・編著/雄山閣/2014.2
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-15 21:32 | Trackback | Comments(0)

「迂生ハ幼少ニシテ・・・」   

e0178600_19512498.jpg
 貴重な霜川資料の一つ〔父・重法死後の三島医院に関する案内/明治29年〕。現物の所在は現在不明。上掲の写真はある人が持っておられた現物大のコピーを3年前に写真撮りしたもの。急いで撮ったため下部が欠けていますが全体は、『三島霜川選集・上巻』(1979.4)で見ることができます。

 今回、これを掲載したのはこの案内チラシを印刷した「高岡市塩谷活版所」――残念ながら掲載の写真では文字(行印所版活谷塩市岡高)のほとんどが欠けています――のことが少しわかったため。
 100年以上も前〔1896(明治29)年〕の印刷所のことなんかわかるはずがないと、なかば諦めながらも念頭においていたのですが、徐々に情報が集まってきました・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-12 18:39 | Trackback | Comments(0)

明治9年の岸六郎の動向   

 今日は岸他万喜の命日。命日にちなんで、最近、明治9年のある史料のなかに見つけた他万喜の父・六郎のある動向を紹介しておきます。

(明治九年)五月四日
 午後十時出区、笠間君改正所へ出役、昨夜高岡会所より石川県官員新川県事務引き受けに今夜高岡泊りにて明五日当所御通行にて富山へ御出之由報知其名簿如左
 元新川県事務引受として出張官員

権令 桐山純孝

(第一課から第六課の官員15名の名前省略)
裁判所
 四課兼八等  津田弘
 中属     秋山恕明
 少属     岸 六郎
 十二等    米林貫一
 権少属    安達正輝
 
 通計二拾一名


 この史料は、直前まで新川県であった現在の富山県の県域全体が石川県に統合〔1876(明治9)年4月〕されたことに伴い、石川県の官吏団が事務引受のため富山に向かうことになり、その道筋の村役人(第十四大区副区長)にその知らせがきたことを記録した一節です。
 この史料は、六郎が富山の地に司法官として赴任したのが――明治16年(林えり子『竹久夢二と妻他万喜』。なおこの年、富山県が石川県から独立)ではなく、――新川県が石川県に統合された明治9年であることを示唆しているのではなかろか。それは岸六郎が、現在の金沢市域に生まれた士族(元加賀藩藩士)であることを考えれば、自然なことであるとあると思うのですが・・・。

 なお、引用した史料(日記)は、当時第十四大区副区長を務めていた中老田村の海内果が記したものです。

〔追記〕
 今日は、台風8号の影響で、沖縄や信越地方でもの凄い量の雨が降り被害をもたらす一方、北陸地方は、朝からフェーン現象の暑い一日でした。とりわけ富山は37.1°の全国最高気温を記録しました。その中、他万喜のねむる浅岡家――他万喜の長女の養子先――の墓参に(富山市長岡霊園)。

〔追記:7.12〕
 Iさんから『原資料に官員と書いてあるものを、かぐら川さんは「司法官」と書いておられますが、彼らは「行政官」であって「司法官」ではないのではないでしょうか。』と、お尋ねというより詰問?をいただきました。さすがIさん、当時の判事職も、「行政官」です。そこに名前の挙がっている「津田弘」が“四課兼”と記されていることもふくめ、この点、別項で、少し書いてみたいと思います。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-09 22:50 | Trackback | Comments(0)

「オララ」のこと・・・(2)   

 忘れないうちに、ちょっとメモしておきます。(自分用のメモなので、読みにくいものです、悪しからず。)

 オララの所在地は、浅岡敏子さんのご子息からお聞きした話などから総合して、だいたいの見当はついていましたが、きのう紹介した広告から所在地の町名《衣服町》が確認できました。
 「衣服町」は、富山市の中心市街地で西町に東隣していた町で、現在既に消滅した町名ですが、1871(明3)年に風呂屋町から改名したもので周辺には江戸期からの古い町名が多く残っていました(これも、ほとんどが消滅)。そういう意味ではちょっと新しい町名でした(1965〔昭40〕年、「堤町通り一丁目」を新設編入)。
 衣服町は、そこを東西にぬける広い道――通称:平和通り。現在の行政道路名でいえば、西町以東は県道6号線〔富山・立山公園線〕――の両側につらなる町(いわゆる両側町)でしたが、現在は堤町通り(これも両側町)に含まれており、オララのあった道の南側に関して言えば、〔堤町通り一丁目4番街区〕が、旧の衣服町に該当します。

 なお、ここの道が広いのは、戦災後の復興都市計画によるものでしょうが、すでに戦前(1928〔昭和3〕年)、隣接する西町交差点から分岐新設された路面電車〔東部線〕――オララがあった戦前当時は「富山市営軌道」――が走る富山市街地のメイン道路でした。

 伝説にもなっているオララの繁盛が浮かんでくるような土地柄です。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-07 22:43 | Trackback | Comments(0)

「オララ」のこと・・・(1)   

e0178600_22394813.jpg 今日、ある雑誌のページを繰っていたら突然、「オララ」の文字が目に飛び込んできました。

 その雑誌とは『高志人』。翁久允がつくった郷土文化誌だ。なんと、その「創刊号」(昭和11年9月号)の広告欄に大きな「オララ」の文字が。
 「祝 発刊」の文字でもわかるように明かにお祝儀広告である。

 翁久允と浅岡敏子――。この先に、竹久夢二と岸他万喜がいるのですが、それにしても、翁と浅岡の取り合わせ、不思議と言うか絶妙というか・・・。

 オララの所在地も創業年時も正確にはわからなかったのですが、貴重なヒントとなりました。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-05 22:42 | Trackback | Comments(0)

石川済美之碑   

e0178600_14485671.jpg
石川濟美翁之碑(射水市三ケ水上 正覚寺)

 別の用件で足を運んだ正覚寺でしたが、門を入るとそこには先日来wantedだった「石川済美」の碑が!。

 石川済美。『小杉町史』(旧版)にその名の載る人物ですが、その説明中に、弟子の一人として倉田繁太郎の名が。というわけで、〔石川済美―倉田繁太郎〕の師弟関係について、もっと知りたいと思っていた矢先なのです。
 この倉田繁太郎が、あの「十字屋」の創業に関わる倉田繁太郎と同一人物かどうかは――可能性は大きいものの――わかりませんが・・・。

〔追記〕
 思いがけぬ出会いは、この後も続く。この後寄った図書館で、思いもよらず、〔オララ〕、“森田斉次”、“〔藻谷印刷〕―藻谷朔男”、〔塩谷活版所〕に出会うことに。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-05 14:49 | Trackback | Comments(0)