<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

小原節保存会設立総会に夢二が   

 おわら風の盆を眼前にして、ずしりとした『おわらの記憶』(おわらを語る会編/桂書房/2013.8)を勝山さんの手からいただくことができた。この興味津津たる本についてはしっかり読んであらためて感想も書きたいのですが、ぱらぱらとページをめくっていたら“竹久夢二”の名を目にしたので、ここに写しておきます。1929(昭4)年の新聞記事である。
 昭和の初年に川崎順二らの尽力によって(1928年に小杉放庵の新詞、1929年に若柳吉三郎の新振付)、おわらが一つの画期を迎えたことは、おわらの歴史で特筆されるべきことだが、1929年設立された小原節保存会設立総会に竹久夢二が――翁久允がひっぱってきたのであろう――出席していたらしいのである。

 以下、(注)もふくめ、『おわらの記憶』の「資料編」からの引用である。


(富山新報 昭和4年8月13日付)
郷土芸能小原節
保存会設立総会
十一日諸名士を迎へて
 来月一日から実地宣伝

 婦負郡八尾町にては県知事、内務部長その他中央芸術界の大家を顧問として組織せる小原節保存会の設立総会を、十一日午後四時より同町八尾劇場に於て開催した。
 県よりは各顧問を代表して清水商工課長の出席あり。来賓として竹久夢二、翁久允、水木伸一、藤田健次、若柳吉三郎、同吉美津の名士を迎えて盛大に開会され、同会の創立の功労者、川崎順二氏を主事に推薦し、各役員の選挙、保存会の主意等を協議決定し、来賓諸氏の祝辞、講演ありて、同六時閉会。次いで、小原節の実演に移り、各名士の批判を受けて午後八時四十分、盛会裡に散会した。
 しかして、来る九月一日夜より三日間、風の盆を好期として改良小原節を以て町内を練り回り、大いに郷土民謡の宣伝に努むることになった。


(注)「富山県及び県人」(昭和4年9月号)では、当日出席した主な主賓として翁久允、藤田健次、水木伸一、浅生豊の名が挙がっている。富山新報には、竹久夢二、若柳吉三郎夫妻も記されているが、実際には出席したかどうかは確認できない。

〔追記〕
 この中で、藤田健次はあまり知られていないようなので、下に生没年のみメモしておきます。野口雨情の弟子筋の民謡詩人とでもいう人でしょうか。藤田健次、水木伸一、麻生豊らはやはり翁を中心にした交友(交遊)メンバーというべき人々ですね〔上記(注)中の「浅生豊」は原文のママです〕。確かこのメンバーでこの年5月、草津温泉に遊んでいますね。

  *藤田健次 1894.01.25~1968.06.25

〔追記:2014.6.18〕
 上記の“藤田健次”――夢二がその表紙を描いたた雑誌『民謡詩人』の編集人――が、なんと富山県立山町の出身であったことを中山輝さんの書かれたものの中で知って驚いたのですが、私が余戯?で藤田のことを調べているのとは別に、藤田健次のことを追っておられる方があることを今日知ってこれも驚きました。
 この件、いずれK先生のご教示を得て、更なる追記ができることとなると思います。では。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-31 19:52 | Trackback | Comments(0)

「誤算」を押しつける公共放送   

 なぜ誤算なのか。

 イギリスの議会がシリアに対して軍事介入することを否決した。NHKの今日のニュース(私が見たのは9時のニュースですが)は、この事態を総括して、これがキャメロン首相にとって「誤算」だったと、文字を画面に踊らせて報じるのである。

 冗談もほどほどにせよ。NHKは、どこを向いて、誰に対してものを言っているのであろうか。

 NHKは、いつからイギリス首相の立場でものを考える権力者の代弁者の資格を得たのか?。HNKは、イギリスやアメリカがシリアに軍事介入することを、当然のこと、あえて言えば歓迎すべきことと、考えているのだ。

 こんなに呆れ、こんなに腹の立ったことは、近年ないことだ。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-30 21:58 | Trackback | Comments(0)

谷川健一さん   

 谷川健一さんが亡くなられた。越の白鳥伝説を追ってきた私には、白鳥同様、追っても追っても姿の見えてこない大先達でした。

 谷川健一さん 1921.07.28~2013.08.24

 これで、『海と列島文化』(全10巻、小学館)の共同編集者は、――先立たれた網野善彦、大林太良、宮田登、森浩一の諸氏に次いで――すべて、よみに旅立たれた。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-25 09:54 | Trackback | Comments(0)

下麻生八王子六八六番地(高岡市下麻生434)   

e0178600_15475429.jpg
 
 〔三島霜川、生誕地(推定)/三島医院のあった場所〕。
 上の写真、真ん中の家の手前に、県道11号線〔新湊庄川線〕が走り、その手前の空き地に土の小山が見えるあたりが〔もと八王子六八六番地〕であり、三島医院のあった場所である。
 右から2本目の電信柱の右下(県道脇)に、注意してみると三島霜川誕生地碑が小さく見える。(右に別写真)e0178600_15491498.jpg
 

 この碑は、生誕地にたてられていると説明されているが、ここは三島家の敷地から少し北に外れた農道上である。なお、圃場整備がおこなわれた際、向きが変えられたのではなかろうか。

 ※両写真の背景に見えるのは二上山。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-24 16:04 | Trackback | Comments(0)

笠井千代さんのこと   

 15日の早朝に笠井千代さんが亡くなられたというお知らせを、Kさんからいただいた。

 笠井千代さんを語るに、「竹久夢二最愛のひとといわれた笠井彦乃の妹さん。」というのがつねのようだが、私が知っているのは『望月百合子さんと私』(2010.10)のなかで、晩年の夢二の前に現われて夢二の最期を彩る女性ともなった望月百合子、アナキストとしての望月百合子を敬意と友情で暖かく語る笠井千代さんである。

 夢二の会でお会いしたとき初対面の私にも温顔でやさしく声をかけてくださったことを思いだします。
 ご冥福をお祈りします。


 笠井千代さん 1920.09.16~2013.08.15
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-21 22:25 | Trackback | Comments(0)

些事のような大事――お盆のことども   

16日
 三島霜川の生家跡を確定したい、との思いが意外な結果に。いずれにせよ、霜川の生誕地は「砺波郡下麻生村八王子686番地」に確定してよいようである。もちろん、実際の生誕地が母の実家〔砺波郡院林村〕であった可能性はあるが、下麻生村八王子の三島家の地番は「686番地」(正確には「686番地の1」である。〔追記:拙「霜川年譜」の記載は、5版から「682番地」と誤記されている。訂正されねばならない。〕

17日
 先日亡くなられた考古学者の森浩一さんのことを思っていたら、藤田冨士夫さんが《森浩一先生を悼む――「日本海学」の先駆者》を地元紙に書かれている。
 最後のシロエビの話には笑わせられ、泣かされた。森先生の「後は自分で考えてみい」のことばを、私もお守りにしたいと思う。

 ある本の校正。史料中の「御震筆」を、「御宸筆」の表記に置き換えるべきかどうか・・・。

18日
 宮澤賢治の友人(冨手一)宛ての手紙が「なんでも鑑定団」に。初公開のようである。はずかしい話だが、賢治の手書きの丸っこい文字にあふれる賢治の思いに、わけもなくただただ涙が。

 霜川の作品の題名、水の郷を意味する「水郷」は、《すいごう》ではなく《すいきょう》と読むのではなかろうか?。

 五木寛之『蓮如―われ深き淵より―』(1995)を、bookoffにてワンコインで入手。

 富山第一高校、ベスト8へ!。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-18 20:03 | Trackback | Comments(0)

ある思い出を思いだす   

 午前中はお盆を前にして年に一度のお墓掃除。菩提寺のある二上山に車を走らせるなかで眼前に見えてきたその二上山の山容を見てある記憶がよみがえってきた。

 いつの頃のことかはっきりとは覚えていない。小学校の低学年の頃だろう。二上山のふもとのお寺で法事があった。本家の祖父か祖母の一周忌ではなかったろか。私は大人なだけのなんか寄りつけないような集まりにいやけがさして寺を抜け出したのだ。寺の裏は山。けっこう広い山道があってそこをどんどん歩いていった――道は徐々に細くなっていたのに――ことは覚えている。e0178600_13495444.jpg 
 ふと気がついたら山の窪地というか小さな盆地のようなところに入り込んでしまった。そこをぐるぐる歩き回っているうちに自分がどこからやってきたのか、どの道が自分の歩いてきた道か、もうわからなくなってしまったのだ。だんだん辺りは暗くなってくる。周りは黒い山になってぽかりと自分の上だけが空である。歩けば歩くほど自分の居場所がわからなくなってしまうのだ。もうこれは家に帰れない!。100%観念してしまった。その心細さといったらない。誰か自分のいないことに気づいて探しに来てくれるだろうか???。

 小学生にしては賢かったのかどうかわからぬが、足元の小流れに沿って歩きだしたのだ。ぜったい山から抜け出せる!!。そんな思いがあったのは確かだが確信でもなければ経験でもない。いちかばちかの賭けだったような気がする。やがて寺の大きな屋根が見えてきた。

 なんと、かぐら川版「水の郷」である。実は、きのう三島霜川の「水郷」という作品を読む集いがあって、ここ数日、久しぶりに霜川の「水の郷」「水郷」という作品を読み返していたのだが、少年が蛍狩りに熱中するあまり家を離れた山間の魔所に迷い込んでしまうこの作品を読みながらも、まったく自分の体験を思い出すことが無かったのだ。

 墓掃除が終わった後、お昼までには時間がある。いつも霜川研究?の節々に報告に立ち寄っている「三島霜川生誕地碑」に向うこととした。

〔追記〕 昨日の霜川の「水郷」を読む集いに関して一点だけ書いておきたいことがある。報告者からは作中に登場する「蛍狩りの歌」の地域性に関して示唆的な報告があったにも関わらず、大事な点が見過ごされていた点である。この物語は、日本のどこかの農村(いなか)を舞台にしているにも関わらず主人公の少年の語る言葉にも、その祖父が語る言葉にもその地方の土地柄を感じさる“なまり”がまったくないことである。いわば標準語で、“水の郷”の蛍狩りの物語がつづられているのである。この点を、「水郷」に親しんだ皆さんはどう考えられるであろうか。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-11 13:07 | Trackback | Comments(3)

伏木港まつりの日に   

e0178600_1644969.jpg

 今は道路位置も変わってしまっているが、上の写真、中央、少し奥に――黒い車の停まっているいるあたりから右側に――下の写真の商家があった。左の向うむきに立っている道路標識あたりに玉川に架かる橋があった。
e0178600_19301338.jpg
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-03 15:40 | Trackback | Comments(0)

《古沢太穂》のこと   

 8月1日生まれの作家で俳人というと室生犀星が“夏の日の 匹婦の腹に 生まれけり”の句とともに知られているが、今年生誕100年を迎える俳人《古沢太穂》のことは、その生誕県である富山県でも知られていないのではなかろうか。

 太穂のこと、折をみて書いていきたいと思っています。

  *古沢太穂  1913.08.01~2000.03.02
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-02 22:28 | Trackback | Comments(0)

「奈古浦丸」のこと   

 「奈古浦丸が撃沈された!」――この報が日露戦争が始まったばかりの当時の日本国民に大きな衝撃を与えたことを知ったのは、三島霜川の「荒浪」によってである。

 しかし、ずっと気になっていた――富山県内の古い地名を負っている――この「奈古浦丸」という船名から奈古浦丸のことを調べてみようと思ったのは、これも富山県内の古い地名を負っている「射水丸」のことを調べたことがきっかけでした。

 詳細は省きますが、「奈古浦丸」はやはり富山ゆかりの船でした。e0178600_23273739.jpg
新湊の廻船問屋に生まれた南嶋間作が、ドイツで建造された艦長53メートル/1084トンの大型汽船を購入し「奈古浦丸」の名をつけたのは1891(明24)年のことという。海運業の近代化が念頭にあってのことだ。それは、伏木の藤井能三や堀田善右衛門(善五郎/堀田善衛の祖父)の動きと同じものである。
 そして奈古浦丸は、日露戦争時その初っ端に伏木港から小樽に向かっている途次、酒田港を出た直後、ロシア海軍ウラジオストク艦隊によって撃沈されたのである。1904(明37)年2月11日のことだという。
(新湊は現:射水市、伏木は現:高岡市。当時はともに射水郡で、河口港であった伏木港の左岸が伏木町、右岸が新湊町であった。)

 ・・・と、ここまでは前書きである。知りたいのは、この新湊の南嶋家の持ち船「奈古浦丸」の乗組員の写真がどうして『堀田善衞展――スタジオジブリが描く乱世』(〔編集〕財団法人神奈川文学振興会・スタジオジブリ/〔発行〕県立神奈川文学館/2008.10)に掲載されているかである。

 堀田家と「奈古浦丸」とはどんな関係にあったのか?。そのことの説明を欠いた「奈古浦丸乗組員」の写真がどうして「堀田善衞展」の図録に載っているのか?。

 ご存じの方からのご教示をいただければ有り難い。
[PR]

by kaguragawa | 2013-08-01 22:27 | Trackback | Comments(0)