<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

『私製・再録 誤植読本』(2)――「古今独歩の誤植多き書物」   

 (以下、5年前にかいたものの再録)

 《古今独歩の誤植多き書物として珍本として後世に残ること受け合いなれば御秘蔵くだされたく候》
 ――こんな手紙を漱石からもらった人がいる。久内清孝氏。久内氏が手紙とともに受け取った「古今独歩の誤植多き書物」とは、漱石の東大講師時代の講義録『文学論』(1907年[明40])であるという。
 余りの誤植の多さに怒った漱石が、その本をみずから焚書!?の刑にしようとしたたとも言われる有名な話らしいのですが、大文豪とはお近づきではない私は、きょう「誤植」にまつわるエピソードとして知ったばかりです。

 私は、別の興味からこの「久内」姓に目がとまりました。この「久内」姓、前にも出逢っていて印象に残っていたからなのです。
 ・先日(6/15)紹介した前田普羅の震災記。この冒頭に登場するのが「久内君」なのです。再録。
 《大正十二年九月一日、「ジャパン・タイムス」横浜支社の柱時計は静かに長く十二時を打った。事務所のあるじ久内君は自分に構わず、遠雷の如き響を立ててタイプライターを打っていた。
「帰ろうか」と自分が言い終わった時、突然微震を先駆としない強震が椅子を突き上げた。》

 当時、普羅が勤務していたのは「報知新聞」。ここに登場する「ジャパン・タイムス」は友人・久内君の勤務先のようなのです。<十二時>に普羅が「帰ろうか」と言った意味もそれで明らかになります。訪ねた友人が忙しそうだったので、おいとましようとしていた矢先の大地震だったのです。いずれにせよここに偶然登場した「久内君」のこと、少し気になりながらも忘れかけていたところに、漱石から不思議な手紙をもらった久内清孝氏の名前に出逢ったのです。  (2008.06.28)


 手元にある『漱石全集』(第23巻/書簡・中/岩波書店/1996.9)に、上記の書簡を含む5通の久内清孝宛て書簡が収められています(書簡・上/下は未確認)。《古今独歩の誤植多き書物》に関する明治40年5月の書簡を書き写しておきます。

  ━━━━━━……‥‥・・・・・・・・‥‥……━━━━━━

a.先日は結構なものを難有頂戴致しました。拙著文学論一部御礼に其内差上ます。校正者の疎漏の為め非常に誤植多き故訂正表を添えて上げます 〔5月12日付〕

b. 先日は御出のよし失礼致し候。御約束の文学論差上候。小包にて御落手被下度候。是は正誤表に候。古今独歩の誤植多き書物として珍本として後世に残る事受合なれば御秘蔵被下度候
      五月三十一日          夏目金之助<
   久内清孝様


  ━━━━━━……‥‥・・・・・・・・‥‥……━━━━━━

 a〔書簡番号833〕、b〔書簡番号843〕、ともに本郷区駒込西片町10番地ろノ7号より横浜市根岸町3622番地久内清孝宛て

〔追記〕
 漱石書簡の久内清孝と、前田普羅のエッセイ中の久内清孝(横浜植物会の創立メンバーの一人)が同一人物かどうかについては、不明ながら久内氏の住所が横浜市であることから、積極に考えたいと思います。漱石との接点は、英語にあったように思いますが、この点についてはあらためて。
 なお『漱石全集』(第23巻/書簡・中)の巻末に「人名に関する注および索引」があるのですが、久内清孝については、「不詳」の二文字のみで生没年の記載もない。
 一方、ジャパンタイムズ社横浜支店長もつとめ後年植物学者として後進を多く育てた久内清孝氏は;
  *1884(M17).03.10--1981(S56).04.12---
(2008.06.30)

〔追記:2013.06.29〕
 漱石書簡の名宛人の久内清孝と、前田普羅のエッセイ中の久内清孝は、同一人物であることが、この記事を書いた直後に久内清孝氏の遺族の方からのいただいた、“夏目漱石と書簡のやりとりをした人物と、横浜に住む、植物学者の久内清孝は同一人物です。”とのお知らせで判明しました。後年植物学者として名を成した久内清孝と作家・木下杢太郎については、4年前に書いた「久内清孝と木下杢太郎――『百花譜』をめぐって」という論考?を、これもいずれこのブログに再録したいと考えています。
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-29 19:14 | Trackback | Comments(0)

『私製・再録 誤植読本』(1)――「押絵を旅する男」   

 高橋輝次編著『増補版 誤植読本』(ちくま文庫/2013.6)

 書店で見つけ迷ったが購入。案の定、予定していた雑事をほっぽりだして読みふけりました。そう言えば、以前誤植について書いたことがあったぞと思って、探したら8年前に書いたものと5年前に書いたものがありました。
 まず、8年前のものを再録しておきます。

━━━━━━……‥‥・・・・・・・・‥‥……━━━━━━

 ある粗忽な人がいて、「押絵と旅する男」を、そもそも「押絵旅する男」と読み間違えたのか、原稿を書くときに手がすべったのか、はたまた印刷屋の誤植なのか、結果としてU市の発行する小さな観光案内パンフレットの“しんきろう”の案内文に《押絵旅する男》(!?)の一節が紹介された。“と”が“を”に入れ替わり、「押絵を旅する男」が誕生したのだ。

 事態はそれに留まらなかった。次々と発行される類似のあるいは安直な?観光案内、名所案内に「江戸川乱歩『押絵旅する男』」が紹介されたのです。
 それをまた原文にあたらずに孫引き(曾孫引き?)して「某」大会社の広報誌に、「押絵を旅する男」を登場させた男がいたのである。
(以上は、ひそやかな話であって、私以外に何人知っているかは不明です。)

 そもそも「押絵」って何?、と思う人がいたなら「押絵を旅する」ことの不可思議性にも気づいたのではなかろうか。

 ところで「しんきろう」を売り物にしているU市、『江戸川乱歩全集 第五巻 押絵と旅する男』の註釈に、「魚津は富山県北東部沿岸にある水産工業都市」とあって、編集者には済まないのですが、このかっこいい「水産工業都市」には、笑ってしまいました。
 魚津(うおづ)は、現在、魚津市ですが、私の感覚では昔も今も「漁業の町」です。そしてこの小説が書かれた時点〔幻の初稿は、1927〕では、富山県下新川郡魚津町でした(1953.04.01周辺町村との合併により魚津市)。                      (2005.01.15)
 
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-29 18:25 | Trackback | Comments(0)

チェロソナタニ短調   

 Kさんのお母さんの葬儀参列。葬儀場へ向かう車中でドビュッシーのe0178600_22245445.jpgチェロソナタニ短調を感銘深く聴く。フルニエ=小林道夫の演奏。この印影に富む曲は「月に怒るピエロ」(Pierrot fache avec la lune)というサブタイトルをつけられていたというが、完成形からは消されている。

 夕闇のなかに二上山が黒く沈んでいく。
 (葬儀場のある太閤山の丘陵地から望む射水野と二上山)

Sonate pour violoncelle et piano en ré mineur
 I. Prologue: Lent, sostenuto e molto risoluto
   II. Sérénade: Modérément animé
     III. Final: Animé, léger et nerveux
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-26 22:33 | Trackback | Comments(0)

「伏木湊町須岬」と「伏木浦」(1)   

e0178600_23513494.jpg
e0178600_22352736.jpg

 高岡市伏木の古い地図2枚。驚いたことに、明治30年代の伏木湊町近辺の地図(上)と、江戸期の絵図(伏木港の原初形)をリライトした図(下)がぴったりと重なる。
 注目は、絵図の左から右に伸びた砂嘴――寄洲と書かれた部分――。絵図と比較すれば、この砂嘴部分が地図上にもくっきりと見えてくるだろう。一方、右の舌状の岬の先が、おそらく人工的にけずり取られて、地図では無くなっていることもわかってくる。


 右下が上の地図の拡大図。e0178600_20101520.jpg真ん中を上下に流れる川の右側の青色部分はおそらく「狐島」、その下の黄色部分は「須岬」という字名をもつ地域だが、「須岬」は「洲崎」と読み替えると地名の由来がはっきりするであろう。
 注意深く見ていただければ、図の一番下に赤文字で左から右に「五十三級」と書きこまれた「三」の左上に鳥居マークが目に入るが、湊の象徴でもあった金毘羅宮である。

 さて、絵図から数百年、この地図作成時から100年。ここに描かれた伏木湊町はどう変わったのか。
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-17 22:36 | Trackback | Comments(3)

賢治と小繋(旧稿)   

 以前、旧ブログに書いた記事〔2009年3月16日〕。今日、偶然見つけました。写しておきます。

 『イーハトーブ温泉学』に触発されて岩手の山野に思いを巡らしていて、ふっとこれも岩手の山村・小繋のことが思い起こされて、急いで岩波新書『小繋事件』をさがしだしました。
 小繋村の入会山(いりあいやま)であった小繋山の所有名義が村の旦那(地頭)・立花喜藤太から村外の柵山梅八ら三人の共有に変わったのが、1897(明30)年。これが入会紛争の起点であったわけではないが、村民の生活の糧の山であった小繋の山が、第三者の経済的利害にさらされることになったその起点の年が、賢治の生年の翌年であること。この小繋山の一部を陸軍省の軍馬補充部に売り付け利を稼ごうとした村外者たちの利害と村民の生活が鋭角的に対立し、第一次小繋訴訟が始まったのが、1917(大6)。この訴訟が提訴され争われた場が当時、高等農林学校の学生であった賢治のいた盛岡の地方裁判所だったことも、何の因果なのだろう。もちろん賢治は当時、入会紛争などというものにまったく関心がなかったであろうが、賢治が土質調査に歩いた山々はじつはほとんどが農民の入会山であったことは銘記されていいことだと私には思えるのです。
 そして農民の生活を保障するはずの「入会権」が認定されず、なんと15年かかったこの第一次訴訟の第一審が盛岡地裁で原告敗訴に終わったのが、1932(昭7)年。晩年、農民の生と関わり苦闘した賢治の死の前年なのです。

 賢治の生まるごとが、小繋村の農民の入会紛争の日々と重なっていたという事実を、――ここでは十分に書けませんが、小繋村の田中正造とも言うべき小堀喜代七のこともあわせて――自分なりに咀嚼してみたいと思っています
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-10 22:11 | Trackback | Comments(0)

明治の北陸って面白い!――ブラウネル『日本の心』   

 『日本の心 アメリカ青年が見た明治の日本』
(C.L.ブラウネル著/高成玲子原訳/富山八雲会編集/桂書房/2013.6)


 4年前に亡くなれた高成玲子さんがほぼ成稿のかたちで残されたブラウネルの日本印象記《THE HEART OF JAPAN》の訳が、高成さんを慕う富山八雲会の皆さんの手で、一方で原文にもあたり読みを深めながら、一方で理解の助にするため註を整え、「アメリカ青年が見た明治の日本」の副題で世にだされたもの。
 私は、こうした本の成り立ちの事実に心打たれる。

 列車の中で読みだしたらつい惹きこまれて降りる駅に着きながらも本を閉じるのをためらったおもしろさ、と紹介にもならない感想だけ書いておきます。いずれ、全篇を読んでぜひきちんとした紹介を書きたいと思います。
 「置県130年」の声だけは近時何度も聞かされたものの、その130年前の富山県人の営みがどのようなものであったをていねいに語る努力がほとんどされなかったように思えてならないのですが、ブラウネルの書には私たちが知らない、知ろうという努力を怠ってきた日本と富山の明治の姿が自由で闊達な目でつづられているのである。そもそも、日本海側の北陸地方が、「西海岸」という地域概念でとらえられていたことに、巻頭から自分の無知を知らされ観点の変換を迫られるのである。

 「帯」の紹介文を、ここに写しておきます。

 “明治の北陸って面白い! 
  20世紀初頭のアメリカで、小泉八雲の『神國日本』とともに人気を博した知られざる日本見聞録。「富山の八雲さん 」が語った明治の日本社会が面白い。110年の時を経て富山で初翻訳。
 現在の早稲田大学や富山と福井の公立学校で英語を教えた青年が見聞きした、おかしくも魅力的な明治の日本人たち。忍従しない女性、あつかましい大家さん、美しく強い海女たち、津波から村人を救った村長など、懸命でひたむきに生きた一人ひとりの姿が感動的。”


 高成玲子さんの――娘さん麻畝子さんの伝える――“本当にやりたいことが見つかった! 私にしかできない仕事だ。ブラウネルだ ”のことばが印象的だ。
 高成玲子さん、富山八雲会の皆さんごくろうさまでした。


〔追記〕
 ぺらぺらとページをめくっていて目についたこといくつか。真摯な思いで世にでた本ゆえに、遠慮せずに、書いておくことにします。
・第9章「日本語で考える」の章末註「金沢教会と女性宣教師」。トーマス・クレイ・ウィン宣教師を「金沢師範学校教師」としているのは間違い。これは「石川県中学師範学校教師」である。
・第17章「音楽」に登場する「ピガット氏」。確かに発音としては、ピガットの方が近いのだろうが、日本ではすでに法制史でも音楽史でも「ピゴット〔Francis Taylor Piggott〕」として知られている人物。あえてピガットにしなくても良かったのではないか。
 正直なところ、ここしばらく興味をもって資料を探していたピゴットに、この未知の――ピゴットと同時代を富山で過ごした――アメリカ人・ブラウネルの本で出会うとは思っていなかっただけにこれは驚きでした。ただ、脚注の「駐日大使の法律アドバイザーとして来日」の説明も残念ながら、私にはちょっと理解できないのですが。
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-08 21:47 | Trackback | Comments(2)

「双生児の女の運動選手の名まえ」(1)   

 先日来、大きな活字のほるぷ出版の『歌のわかれ・中野重治詩集』を通勤列車のなかで読んでいる。列車の中では大きな活字が助かるのである。それはともかく、読んでいて気になったことがあった。そこで、時間のとれる日曜日となってようやくある本を探しだした。『前田普羅 生涯と俳句』である。この本のある個所をで、一人の女性の名前を確認したかったのである。

 ところで、中野重治と前田普羅。この二人になんの関係があるのか。二人に個別の関係があるかどうかそれは知らない。むしろ文学の潮流のなかでは敵対せざるをえない面がある。その点は、割愛して、本題というか雑題というか話題をもとににもどす。

 久しぶりに開いた中西舗土さんの『前田普羅 生涯と俳句』に次のような記述がある。

 “普羅が年少の頃丑松夫妻が台湾に渡ったと云う。普羅が後年講話の中で「私は子供の時から親子の縁がはなはだ薄く、十四歳の時父母に離れ、東京の学校に一人残されたのであります」と云っていることから推して、明治三十年頃普羅を東京の親戚に残して両親は台湾へ渡った。東京の親戚と云うのは祖母の出の大多和家の一族で、飯田町で牧場を経営していた。(同家へは大正年代、女子短距離競走創始の頃の第一人者寺尾文子が嫁しているとのことである)当時、最も格調高いと云われた「萬朝報」や新聞「日本」が毎日配達されていて、普羅は新聞「日本」で正岡子規の新俳句を熟読したと云う。”

 おそらく20年ほど前に読んだこの個所の「寺尾文子」の名だけをなぜか鮮明に覚えていたのである。この「女子短距離競走創始の頃の第一人者寺尾文子」が、中野重治の「歌のわかれ」に次のように登場していたのである。

 “ある日彼は、文科の事務室の方から医学部の方へ行く道を歩いて行った。そのとき、うしろから駆け抜けるようにして行った二人連れの大学生が、女学生みたようにきゃっきゃっ言ってしゃべって行った名まえが安吉の耳にとまった。それはそのころ名高くなっていたある双生児の女の運動選手の名まえだった。
 安吉の心は動いた。彼は二人連れの大学生のあとを追って桜並木の横の運動場へはじめてはいって行った。
 さっぱりした金網の仕切りの外でしきりに大学生たちが騒いでいた。見物のなかには町の人も多少まじっているらしかった。
 名高い双生児の娘は安吉にもすぐ見つかった。彼女らは顔つきもからだの大きさもほんとうに双生児というにふさわしかった。彼女らは美しくもあった。”


 中野重治は“名高い”を何度も強調しながら、あえてその名を記していない。が、その「双生児の女の運動選手の名まえ」こそ、寺尾正子と前田普羅が名前を挙げた寺尾文子なのである。

 (続く)

※「歌のわかれ」の引用は、上掲ほるぷ出版の『歌のわかれ・中野重治詩集』から。話題の展開のためやむなく途中で切ってしまった引用については、時間と興味のある方はぜひ本文にあたって確認いただきたい。
[PR]

by kaguragawa | 2013-06-02 19:20 | Trackback | Comments(0)