<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

津田仙と三人の越中人   

 昨年の8月、《津田仙とふたりの越中人のこと》というタイトルで、次のように書いていました。

 「津田仙と親しく交わった越中国射水郡生まれの、しかも嘉永年間と言う同時期に生を受けたふたりの越中人がいることをここに記しておきます。〔嘉永二年〕射水郡棚田村に生まれた稲垣示と、〔嘉永三年〕射水郡長慶寺村に生まれた橘甚兵衛(甚平/仁)です。」

 今日、ある偶然で知って驚いたのですが、――“親しく交わった”と言えるかどうかは、別として、――津田仙と接触を持った“越中国射水郡生まれの、しかも嘉永年間と言う同時期に生を受けた”越中人がもう一人いました。なんと、それは嘉永三年生まれの《海内果》です。32歳で夭折したこの越中人は、富山県が生んだ数少ない優れた思想家ではないのか・・・と私が考えている人物です。
 津田仙と海内果――。充分なことはわかっていませんが、二人の出会いについて資料に残っている限りのことは、正確に報告したいので、稿をあらためますが、その時期は明治11年です。とすれば、海内果は、訪問した津田のもとで橘仁と会っている可能性もあるのです。

 そう言えば、橘仁と、というより〔橘仁・いつ夫妻〕と、〔新島襄・八重夫妻〕との北海道での出会いも、今までふれられたことのない話題かと思います。このことについても、きちんと報告したいので稿をあらためます。
 おそらく橘仁が津田仙のもとから北海道に持って渡り札幌の地で根づかせたリンゴは、札幌から京都に帰った新島襄・八重夫妻のもとに何人もの札幌人から送られているのです。橘仁の丹精のリンゴは、珍しくしかも賞味すべきものだったことをこのエピソードは語っているようです。新島夫妻にリンゴを贈ったうちの一人(二人)が八重の会津時代の友人日向ユキ(NHKのドラマで剛力彩芽が演じている女性です)が北海道で結婚した内藤兼備とユキの――かつて敵対した薩摩人と会津人の――夫妻なのです。

〔追記:2014.06.20〕
 海内果と津田仙との出会いは、海内の初上京の折の明治10年2月でした。誤植であればこっそり直しておくのですが、私の資料の読みまちがいですので、あえてここで訂正しておきます。
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-30 23:33 | Trackback | Comments(2)

「まんがで読破」シリーズ『職業としての学問・政治』   

「まんがで読破」シリーズに『職業としての学問・政治 マックス・ウェーバー』が! まさか!!
e0178600_22105768.jpg 

 駅の売店で見つけてさっそく、購入。車中で開く。中身はタイトルと逆で、「職業としての政治」が先。
 驚きました、無味乾燥とも言えるこの講演の前半部分、が巧みに整理されてウェーバーの政治社会学の部分が、刺激的に展開されているではありませんか。いやはや。

 年に一度だけですが、決まって体調を崩す時期。のどと目にやってきます。からだが季節の変化についていけないのでしょうね。明日の「犀星忌」は、残念ながら見合わせようと思う。

 ついでに、近況報告。田岡嶺雲の『数奇伝』を通勤の車中で読んでいます。嶺雲は、驚きと発見の宝庫です。どうして日本の思想史のなかで嶺雲はきちんとした位置を与えられず、忘れ去られたのか・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-22 21:57 | Trackback | Comments(0)

「金沢聖霊修道院聖堂」(金沢市長町)   

 先月18日の記事に、スイス生まれの建築家マックス・ヒンデルのことを書きましたが、きょう金沢に行った折、彼の設計になる「金沢聖霊修道院聖堂」(金沢市長町)に、足を運びました。
e0178600_19211191.jpg

e0178600_1922505.jpg
 この修道院聖堂のある金沢聖霊総合病院は工事中で、入口がわからずうろうろしながらようやく正面にたどりつきました。写真を撮ったり建物の周囲を行ったり来たりしていましたらシスターの方が出てこられてやさしく声をかけてくださいました。「中もご覧になりますか。」
 もう願ったりで、拝見させていただき、ちょっと言葉にできないくらい感動的なひとときを過ごしました。

 会堂の「たたみ」が見えますか。

e0178600_20213995.jpg

■設計:マックス・ヒンデル(Max Hinder) 1887.01.20~1963.01.〔在日:1924.03~1939.09〕
■起工:1930(昭和5年)年
■竣工祝別:1931(昭和6)年11月11日

 木造平屋建一部2階建鋼板葺き。
 ロマネスク様式を木造で忠実に再現している。

・外部は2層に分けられ、白く塗装された下見板張りの外壁に、ステンドグラスのはいったアーチ窓が印象的だが、こげ茶色の化粧柱や窓框(かまち)がメリハリをつけ、尖塔型の屋根上部に十字架をいただくチロル風の鐘楼が建物全体のアクセントになっていて、ロマネスク様式を基調とした意匠でまとまられている。
・内部は、身廊と両側の側廊の三つの空間で構成されている三廊式。側廊のヴォールトとアーチを受ける列柱には金を塗り、柱身は黒漆仕上げ、アーチは群青で彩られるなど、金沢の伝統工芸を活かした仕上げを各所に見ることができる。

(以上、諸資料より)

※マックス・ヒンデル(Max Hinder)については、
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/41397/1/83_15-24.pdf
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-17 19:15 | 街歩き/たてもの | Trackback | Comments(0)

春をさがす(2)   

e0178600_14555491.jpg

 きょう3月16日は、亀谷凌雲氏の歿後40年になる。凌雲師のことはずっと気になっていながら、そして数日前も図書館で背表紙に「亀谷凌雲」の文字を見ながらその本を手に取る余裕もなかった。北陸のキリスト教史を自分なりにまとめようと思いつつ、まだ輪郭さえ頭に入っていないのだ・・・。
そしてきょうは、富山に間接的な縁のある民俗学者の高取正男氏の誕生日。高取さんと高瀬重雄先生のことは、先生の書かれたもので知ったのか先生に直接おうかがいしたのか、定かではないが、高瀬先生よりも早く亡くなられた。ちょうど高瀬先生にお会いした頃のことだと思う。

  *亀谷凌雲  1888.04.09~1973.03.16
  *高取正男  1926.03.16~1981.01.03
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-16 14:56 | Trackback | Comments(0)

桃始笑の立山連峰   

e0178600_2202350.jpg

 仕事で富山市役所へ行ったついでに、初めて「展望塔」に上がった。
 真ん中が「剱岳」。ガラスの汚れが写り込んでいますが悪しからず。
 このあと、図書館に。『新島襄全集』をのぞいて、「年譜」に橘イツの名を見つけて、ちょっと、興奮のひととき。
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-12 22:12 | Trackback | Comments(2)

《Piggott》――ある日本の恩人   

 うろうろ検索していて見つけた1枚の写真。この写真の主人公は左から二人目の少年らしく――あるいはカゴの中の幼児かも知れないが――註には、《Author,with parents and brother》と見える。1888年から1890年の日本滞在中に、日光で写されたものであることがわかる。
e0178600_19261132.jpg

 この二人の少年の名は。兄:Piggott, Francis Stewart Gilderoy 、弟:Piggott, Julian Ito――。昭和史に詳しい方であればこの兄の名をご存じかも知れない(私はまったく知らなかったのですが)。この写真が掲載されたであろう本“Broken thread”も、『断たれたきずな――日英外交六十年』の題で邦訳されているらしい。
 が、注目して欲しいのは、ここでは兄の方ではなく、ろばカゴに乗っている弟の名の方である。《Ito》、日本の女性名であれば“お糸さん”であろうが、イギリス人にこのような名があるものだろうか。これは、私の推測が誤っていなければ「伊藤博文」の〔伊藤〕にちなんで名づけられた名のはずである。彼Julian Itoは、1888年(明治21年)3月25日、日本で――来日してあまり日の経たないピゴット家の二男として――生まれたのである。そして、この写真の左端に写っている、二人の子の父こそ、伊藤博文が法律顧問として日本に招いたイギリスの法律家:Francis Taylor Piggott (1852-1925) なのである。

 今日〔3月12日〕は、この父ピゴットが88年前に亡くなった日なので、ここにお出ましいただいたのだが、私は、つい最近までは大日本帝国憲法の制定過程で日本に招かれたいわゆる“お雇い外国人”としてのピゴットではなく、1893年に刊行された“The Music and Musical Instruments of Japan”(邦訳『日本の音楽と楽器』の著者として、その訳者:服部龍太郎の名とともに、おぼろげにその名を知っていたに過ぎないのである。
 このいくつかの顔をもつ、明治期の日本の恩人のことを少し、暇をみて紹介したい。

   *Francis Taylor Piggott  1852.4.25~1925.3.12

(続く)
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-12 19:28 | Trackback | Comments(0)

多くの報道特集   

 ほとんどが、基本的には、行政に「モノ申す」というスタンスの番組づくりである。この土日にどれだけのマスコミがドタドタと福島県を中心にはいりこんだものか。

 継続的に復興に目を向けている新聞の真摯な連載記事などを目にするが、その新聞社は、そして政財界とも太いパイプをもっているはずの報道各社のボス連は、そうした記事を免罪符のようにしてあえて日々の当局へ物言いを怠っているのではないか。

 きょうが、東京大空襲で多くの生命と財産が失われた「わすれてはならない3月10日」であることも、考えたい。
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-10 17:14 | Trackback | Comments(3)

「N響指揮者サヴァリッシュをしのんで」   

 ようやくNHKはサヴァリッシュを番組に組んでくれた。
   「N響指揮者サヴァリッシュをしのんで」

 私の記憶では、サヴァリッシュさんの死去が報じられた日、NHKの9時のニュースではこのことが話題とならなかったのではないか。私の見過ごしかも知れないのだが、どうして、大きく取り上げなかったのだろうか。NHKは自局の「私事」だという認識を表に出したかったのか。

 先日、N響の悪口も書いたが、1964年から2004年までの40年間のN響とサヴァリッシュの演奏活動は、日本の音楽界にとっては小さなできごとではなかったはずだ。

 クィーンズ・イングリッシュという言葉があるが、これをドイツ語でいうとどうなるのか。2006年のインタビューで語るサバリッシュさんは、私ごときものにも聞きとれる簡素でありながら明晰なドイツ語で多くのメッセージを伝えてくれるものだった。

 “音楽への愛を持ち続けてください。”――サヴァリッシュの日本へのメッセージである。
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-10 16:56 | Trackback | Comments(0)

日曜日の朝に   

 今朝、ふとこのブログの「記事ランキング」を見ると、《前川彰司さんの再審開始が決定》が、2番目に並んでいます。前川彰司さんのことを検索してこのブログに来ていただいた方が、かなりあるようなのですが、ここにあるのは「再審開始が決定」という一昨年の短い記事です。その後の報告をきちんとしていないことに忸怩たる思いでいると同時に、来訪者の方にお詫び申し上げます。
 私も嬉しい気持ちで書いたこの「再審開始が決定」後に検察側の異議申立てがあり、その異議の審理審(異議審と呼ばれる)で、異議申立てが認められ、再審が取り消されると言う事態になったのです(3月6日)。ニュースとしてはそれほど大きく取り上げられなかったので、ご存じない方もおありかも知れませんが、再審への道は、いったん閉ざされたのです。最高裁への特別抗告のもふくめ、今後できるだけこのブログでフォローしていきたいと思っています。

 なぜか、《金沢と豊巻剛》と《霜川の「解剖室」の想源》がランクの上にあるのがどうしてなのか・・・。この2件については、その後の小報告もいずれしたいと思っています。
 《稲垣示翁之碑》は、昨日、「稲垣示翁記念誌出版記念式・記念講演会」があったことによるのであろう。私も出席させていただいたこの場で、思いもかけず、何人もの知った方に、――懐かしい方、いつもご教示をえている先生、つい一週間前別の場で面識を得た方など――に、ほんとに思いもかけずお会いできたことをうれしく思いました。この記念誌については、あらためて紹介する場をもちたいと考えています。

 1  正直に 腹を立てずに 撓まず励め  2013年 02月 26日
 2  前川彰司さんの再審開始が決定  2011年 11月 30日
 3  ふるさと文学を語るシンポジウム  2013年 03月 03日
 4  金沢と豊巻剛(2)   2012年 11月 27日
 5  「裏干支」と、「ものの数え方」   2010年 01月 30日
 6  霜川の「解剖室」の想源(3)   2010年 07月 24日
 7  稲垣示翁之碑  2012年 01月 02日
 8  身元不明の行路病死者、藤澤清造と判明  2011年 02月 01日
 9  たまきの周辺(2)  2012年 07月 14日
 10 〔かきやま〕と〔かきもち〕   2010年 01月 19日
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-10 08:42 | Trackback | Comments(0)

《延原謙》のこと   

 いつか《延原謙》のことを書いた記憶があったのですが、このブログには見あたりません。旧日記を引っぱりだしたらありました。5年前に書いていました。
 《延原謙》、ご存じの方もあるかも知れませんが、シャーロック・ホームズものの探偵談の「初の」完訳者と言われている人です。
 近いうちに書こうと思っていることと関わりのある人なので、先に紹介?しておきます。
 以下、2008年の旧日記より転写。


●「ホームズ全集」 2008/01/09

 今年は、今一番新しい“ホームズ全集”、日暮雅通訳の「シャーロックホームズ全集」(光文社文庫)を読もうと思っています。これは、すでに去年の暮れ近くに決めたことなんですが、久しぶりに“ホームズ全集”のことを思ったのは、昨年末ある本で全集の既訳者(初の全集訳者)である延原謙(1892-1977)のことを知り、彼がその津山藩の古武道の家〔竹内家〕出自であることも知ったからなのです。そんなことやいろんなことがあって、ふたたび“ホームズ全集”に心が向いたというわけなのです。

 ホームズの翻訳史や、竹内家と武術のことなどもいずれ・・・。

〔追記〕
 軽井沢の追分にホームズの銅像があるそうです。追分の油屋旅館の離れで、延原がホームズ全集の訳業を成し遂げたホームズ所縁の土地だからです。


● 『延原謙探偵小説選』(論創社) 2008/01/09

 思いがけぬ展開になってきました。昨日、ちょっとした空き時間に延原謙のことをメモした時にはまったく知らなかったのですが、去年の年末に『延原謙探偵小説選』(論創社/2007.12.30)という驚くべき本が出版されていたのです。
 「驚くべき」というのは、一つには,翻訳家としての延原謙は知っていましたが、小説家としての延原謙については、不知、未知、想定外だったゆえ、そして、一つには、そうした知られざる作家が一冊の“本”に仕上げられているということが出版界としては大変冒険的に思われたこと、によっています。

 そして偶然、ちょっと大きめの書店にいく機会ができて、店員の方に聞いてみたらば在庫があって、きょう、今、ずっしりと重たい『延原謙探偵小説選』が――きのうには思いもしていなかったことですが――私の目の前に、あるのです。
 創作ものを読む心の余裕は今ないのですが、うれしいことに、「創作篇」のほかに「評論・随筆篇」があり、その幾篇かに興奮しながら目を通しているところです。

 “私は岡山県の津山という城下町で育ち、中学三年のとき東京に出てきた。まず住んだところは牛込の早稲田南町で、ここは夏目漱石邸のすじ向うともいうべきところだった。まもなく喜久井町へ移り、そこから早稲田中学に通った。英会話の高杉滝蔵さん、英語の吉江孤雁さんなどもそうであった。
 当時は市電の最も近いところは神楽坂下であった。中学五年のころ江戸川まできた。若松町ができたのはその後だ。芝の琴平町に知り合いがあって、よく遊びにいったが、往復とも徒歩だった。歩くことは大して苦にならず、神田の古本屋街にはよく素見にいった。
 津山の家は士族屋敷で倉のなかにいろんな本があった。中には文芸倶楽部などもあった。むつかしい本は分らないから、この文芸倶楽部を引張りだしてよく読んだ。・・・”(回顧五十年)

 “私の家では昔から万朝報を購読していた。多分私の亡父が涙香の友人であったような関係ではなかったかと思っているが、従って母、大伯母、祖母の三人は万朝報初号からの読者で、大の涙香好きであった。(中略)私が新聞の続きものを読みだしたのは多分『鉄仮面』の中途からだったと思うが、家では涙香ものはみんな切りぬいて巻物にしてあったから、その後の幽霊塔、野の花、巌窟王、絵姿、噫無情、鉄仮面、白髪鬼、雪姫、花あやめなどを読むことが出来た。”(涙香の手訳本)

〔追記:2013.02.13〕
 上に「私の亡父」と書かれている延原謙の父こそ、私が今、興味をもっている《馬場種太郎》なのです。馬場種太郎のことは、いずれ。
[PR]

by kaguragawa | 2013-03-09 22:43 | Trackback | Comments(0)