<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

秋声の「フジハウス」――(1)   

 以前このブログに「フジハウス」のことを書いた記憶があったのですが、検索しても見つかりません。となれば、いろんな説明をしなければならなくなってしまうのですが、「本郷界隈にかつてたくさんあった学生用(半学生用?)下宿の一つ」、なんて書くと現在の大家さんに怒られそうですが、そういった辺りから話をはじめた方がいいかとも思います。
 といっても、私が話をまとめたりするより、フジハウスに関する貴重な証言を、資料として、そのまま紹介することから始めたいと思います。こうしたフジハウスに関するいくつかのエピソードから、秋声のかざらない素顔に加えて、秋声像を見なおす手がかりも、見えてくるように思われるのです。

 第一弾は、大家さんのたくみな紹介もされている好都合な、しかし資料としても貴重な証言です。


 “昭和十一年、私はなんの意味もなく、本郷帝大(東大)前の森川町の「不二ハウス」に移り住んだのであった。ここも電話は管理人室の隣りにあるだけであった。私の部屋は2階6畳、ガス台はあったが、オール外食、独身者にはこれが体にさわるのだ。
 本郷は帝大、第一高等学校、日本医大などのある、その昔、加賀百万石、前田家の江戸屋敷のあった場所で、特に赤門は有名であった。本郷三丁目から入った菊坂には、大正時代から文人達の集う「菊富士ホテル」があった。そして西洋料理品と洋酒で名高い「青木堂」の2階は、若い学者、インテリ青年のたまり場であった。またレストラン「鉢の木」、加賀料理の「百万石」は帝大関係者の会食の場であった。愉快なのは赤門前の「落第横丁」であった。玉突場、麻雀荘、喫茶店、各種呑み屋などがひしめいていた。「ここで遊んでいると、落第するぞ!」という訳なのであろう。(中略)
 また私が不二ハウスに住んでしばらくした頃、アパートのおばさんが、「あの端の部屋はご存じでしょうが、有名な哲学者、岡邦雄先生がお使いになっているのですよ」と教えてくれた。そういえば、廊下で、二、三度お見かけしたが、三十歳位の執筆助手と思われる助手を連れていた。浴衣を着て、腰にタオルを下げているのを見て、私はとっさに「上野の西郷さんに似ているなあ」と思ったのだ。
 さてそのころ、私は隣りの、私より年長の独身青年と親しくなった。彼は早稲田出で、銀座にある洋画の映画雑誌社に勤めていたが、意外なことを聞かされ、私は仰天してしまった。それはこのアパートの経営者は、明治の末から大正、昭和三代にわたって活躍した「自然主義」の作家、徳田秋声氏であるということであった。私はとっさに名作群、「黴」「あらくれ」「縮図」を憶い出した。先生の敷地は帝大正門より、やや本郷三丁目寄りの右側にあって二本の道路に面していた。つまり屋敷の表側が一本の道路に面し、アパートの表側が、もう一本の道路に面していた。そして屋敷の裏側とアパートの裏側が塀なしの庭でつながっていた。
 さて再び、電話のことに触れさせて頂くが、この私の転居先不二ハウスの管理人夫婦は、徳田先生の御身内の方らしく、出版社から電話があると、夫婦のどちらかが、管理人室の窓を開け、「先生ーっ、ナニナニ社から、お電話ですよお!」と叫ぶ。すると先生は下駄をつっかけて、母屋から裏庭を横切り、地続きのアパート敷地に入り、裏口で下駄を脱ぎ、廊下に上り、玄関目指して歩まれるのであった。そんなわけで、光栄にも私は、廊下で先生とよく顔を合わせたものだった。コチコチになった私は、頭を深々と下げ、最敬礼をする。すると先生は「やあ」といったような気持ちから、軽く会釈を返されるのであった。眼鏡はなく、和服で鼻の下に髭をたくわえた中背の姿……私はなんとも言えぬ、気品と和やかさを覚えたものだ。当時は先生の御長男、一穂氏も同居されていて、よく新潮社の楢崎勤氏(一穂氏と同様、当時の新進作家)から電話がかかってきたものだ。すると例によって、「カズホさーん、ナラサキさんから電話ですよおー」とやっていた。”
 

杉浦茂『自伝と回想』(筑摩書房/2002.4)

 実はこの稿を準備していたとき、同じく杉浦氏のこの回想を紹介されているブログ《ぼくの近代建築コレクション》を見つけました。杉浦氏の紹介は、そちらの方にゆずることにしたいと思います。現在のフジハウスの写真もありますのでぜひ参照ください。
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-29 22:10 | Trackback | Comments(0)

金沢の楸邨のこと   

 きのう、思いもかけず粗雑な報告を書いてしまったので、もともと書くつもりだった加藤楸邨のことは下書きのままになってしまいました。金沢の楸邨探しは、年来の課題なので、下書きですがそのまま、載せておきます。 


 [今日(5/26)ちょっと立ち寄った書店の書棚に『加藤楸邨句集』(岩波文庫/2012.5)があるのを見つけて、購入。ファンという言い方は不謹慎かも知れませんが、初めて目にする多くの句のどれもがすうっと心におさまってくる。
 なんと帰宅してから知ったのだが、今日は、楸邨の生まれた日でした。

 楸邨が若き日を金沢で過ごした北陸の詩人でもあることを知って以来、なんとかして金沢の楸邨の跡を追えないものかと思っていますが、隣県に住む私には今、手がかりがありません。]
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-27 22:45 | Trackback | Comments(0)

霜川に登場する《船蟲村》   

 先日、啄木が評した霜川の短編「悪血」のことを書きましたが、この「悪血」の紹介をしようと思いながら日が経ってしまいました。ところで、この小説の主人公である工夫「鉄」の出身地として書かれているのが奥州・青森県の《船虫村》。実在の地名ではありませんが、この「船虫村」」が登場する霜川の小説が私が知っているもので3編あり、これらにはある共通した話題があるのです。そのことを、書くのに躊躇しているのです。
 と、ここまで書いた今、宅配便で『矢部喜好平和文集――最初の良心的兵役拒否』(教文館/1996.7)が届きました。…充分な準備はできていませんが、思い切って書くことにしましょう。

 霜川の「船虫村もの」(「荒浪」「あら磯」「悪血」)は、「兵役拒否」を一つのテーマとしているのです。なかでも「荒浪」は、日露戦争の真っ最中の1904年11月『日露戦争実記 定期増刊 戦争文学』に発表されたもの。
 「荒浪」の主人公・順之助は、“私は死ぬのを嫌うんじゃないといっているじゃないか。場合によって、私は自分で額に弾を喰わせて死ぬ勇気もある……自分の心から出たのなら、私は平気で死んでみせる。けれども他(ひと)からの命令で死ぬと言うのだから、私は嫌だ!。私の生命は、私の所有(もの)だ。ほかのものには指もさわらせたくない。私は人の権利を主張するのだ。”“私は、戦争が嫌だ。大嫌いだ……嫌な理由は、いつもお前に話しといたはずだ。なにしろ人と人とが殺し合うんだ。”と言い、一旦は入営しますが直後に脱営し、死を選びます。愛する妻の説得が無ければ、当初から入営そのものを拒否していたはずです。
 一方、矢部喜好が兵役拒否のため召集不応の罪を問われ、禁固2か月の判決を宣告されたのが、1905年3月のこと。霜川は、順之助をクリスチャンとしていますから、矢部のそれまでの思想と行動を知っていたとも考えられるのですが、それにしても、実際矢部の手元に召集令状がきたのは1905年2月のことですから、霜川の小説は矢部喜好の行動を予見したような形になっています。
 こうした重要なことが今までの霜川研究でも、戦争と文学の話題でも、日本の良心的兵役拒否の問題でも、指摘されたことがないのです。

 三島霜川は、日本で初めて良心的兵役拒否を宣明した矢部喜好のことを知っていたのでしょうか、それとも、みずからの思想の中から兵役拒否を実行する人物をつくりだしたのでしょうか。それにしてもロシアとの大きな戦争に好戦的な気分が盛り上がる中で、恩人たる義父にも逆らい、非戦の思想を表明して、兵役拒否をした青年――こうした人物を、戦争文学の牙城の雑誌に発表した三島霜川と言う人物は果たしていかなる人物だったのでしょうか。
 ――この問いは、これは多少とも霜川の文学に親しんできた私にとっては、単なる疑問ではなく途惑いに近いものです。正直なところ、問題の重さがわかってくるにつけて、思考停止に近いくらいの衝撃をかかえながら日々を過ごしています。

〔追記〕
 充分な準備もなく、大切な問題を書いてしまいました。「荒浪」のていていな分析も必要ですし、矢部喜好のことも、あらためて調べてみたいと思っています。少し、時間をいただきたいと思います。
〔追記2〕
 『日露戦争実記 定期増刊 戦争文学』(育英舎刊)は、単なる戦争賛美の雑誌ではなかったようである。この雑誌については、このブログの「『日露戦争実記』の霜川」(2010年8月8日)に黒岩比佐子さんに教えていただいたことが書いてあります。ただし、この時点では、私は「荒浪」は読んでいませんでした。黒岩さんも、『日露戦争実記』掲載の「島の大尉」「預言者」という霜川の2作品は読まれたようですが、「荒浪」は読まれなかったようです。
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-26 20:25 | Trackback | Comments(0)

ちょっとメモ:5月24日   

 5月24日。この日に気になる女性が何人も亡くなっている。お名前だけを挙げさせてもらう。

 正岡 律   1870.10.25~1941.05.24 
 平塚らいてう 1886.02.10~1971.05.24
 大庭みな子  1930.11.11~2007.05.24

 子規の妹さん律さんの生年月日は、勝手に西暦に換算させていただいています。本来は、明治3年10月1日。
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-24 23:11 | Trackback | Comments(0)

たまに日記   

19日(土)
 秋聲入門講座(徳田秋聲記念館)。秋山稔先生の講じる「或売笑婦の話」。秋山先生の講義は入門講座と言うよりは、スーパー入門講座。秋聲になじみのあまりない方にも、長年秋聲に親しんできた者にも、秋聲があらためて身近に感じられる魅力あるもの。細部までていねいに読みこまれた“秋山=秋聲”が、情熱をこめて語られるのが魅力。

20日(日)
 高岡の清水薬局をT先生とぶらり訪問。今はこじんまりとした薬局だが、江戸時代から続く薬種商「清水家」である。この清水家に、江戸時代に書かれた越中記『喚起泉達録』の写本が伝えられていたのである。ちょうど店頭でお会いした夫人から、興味深い話をうかがう。
 それにしても、8年も前のことではあるが、清水家を訪問もせずに、「清水家文書・写本『喚起泉達録』について」というレポートを、書いたこと忸怩たる思いで反省。

21日(月)
 通勤途上、7時35分頃、路上で太陽を仰ぐ人々がたくさんいる。e0178600_0254357.jpg
思わず、声をかけて黒い板?を貸してもらい太陽をのぞく。富山は、左上に細い太陽が残る部分日食。しかしなぜみんな太陽の満ち欠けばかりさわぐのだろう。私には、影はくっきりと地に射しているのに、照度がどんどん落され茶色っぽく?暗くなっていく地上全体の独特な雰囲気がなんともいえず神秘的でした。         (携帯のカメラでは暗さ、記録できませんでしたが。)
 所用で外出した車中のFMで、フィッシャー=ディースカウ (Dietrich Fischer-Dieskau) のシューベルトとバッハが聴けました。〔1925.05.28~2012.05.18〕。ディースカウは、"Im wunderschönen Monat Mai "(美しき五月に)生まれ亡くなったのだ。

 帰ってきたらHさんから娘さん代筆の懇切なメールが届いてました。早いご本復をお祈りします。
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-21 23:57 | Trackback | Comments(0)

おろかな笑い話・・・《石川啄木全集》の怪   

 以下、おろかな笑い話である。先日の《啄木、三島霜川を論ず(1)》 中の啄木の文章は、戦前の改造社版の「石川啄木全集」第4巻〔1929(昭4)〕からの引用である。なんでそんな古い本から引用したのかといぶかる人もいるかもしれない。答えは単純である。図書館に改造社版の「石川啄木全集」しかなかった!のである。
 先週の土曜日、私は本を返しにいったT市立図書館で、ふと思いついてそこにあるパソコンの端末で、そこにあるはずの石川啄木の全集を検索したのである。が、何度検索しても。県庁所在地のT市立図書館に「石川啄木全集」は所蔵されていなかったのである。
 「そんなばかな?!」・・・で、私は、窓口の職員の方に尋ねたのである。するとその方は、「レファレンス」の窓口を紹介くださったのである。
 そこでわかったこと。T市立図書館には間違いなく「石川啄木全集」がないこと。T県立図書館には、改造社版の「石川啄木全集」があること。T2市立図書館にも改造社版の「石川啄木全集」があること。そしてそのレファレンス担当の方は、苦労して改造社版「石川啄木全集」は全5巻の構成であること。よってT県立、T2市立図書館ともに全巻所蔵されていることを確認されたのである。

 (ここまで読まれた方で、もうこの“愚かな話”の裏にお気づきの方もあるかも知れませんが、続けます。以下実名にします。)

 で、私は富山市立図書館から富山駅に急ぎ、ギリギリで上り列車に飛び込みJR高岡駅に隣接する高岡市立図書館に向かったのである。で、館内のパソコン端末に向かい、「い・し・か・わ・た・く・ぼ・く・ぜ・ん・し・ゅ・う」とモニター画面の文字を、指で拾ったのある。ああ、なんたること!。富山市立図書館で、高岡市立図書館にあると言われた「石川啄木全集」は、そこ「高岡市立〔中央〕図書館」ではなく「高岡市立〔伏木〕図書館」の所蔵だったのである・・・。というわけで、「石川啄木全集」にふられ続けた一日となったのである。


 高岡市立図書館には主だった分館が、伏木や戸出など、それぞれに歴史のある町にあることは、よく知っていながら、「高岡市立図書館」と言われて、それが中央図書館なのか、分館なのか確認しないまま駅に走ったのは、我ながらまったくおろかな所業だったのである。

  「石川啄木全集」の怪については、ほんとに情けなくなる話である。
 四日前。探していたわけでもないのにひょっこりでてきた「高岡市立中央図書館」の蔵書印までいっしょに写っているコピーひと束。一昨年、『一握の砂』に収録されていない雑誌掲載の短歌を見たくて「高岡市立中央図書館」に出掛けてコピーした啄木の全集の一部。本文のほかにコピーした扉ページの題字と奥付のページにあったのは「啄木全集」の文字。

 富山県立図書館にも、富山市立図書館にも、高岡市立中央図書館にも、決定版といわれる筑摩書房の《石川啄木全集》は所蔵されていないのである。
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-18 23:12 | Trackback | Comments(0)

啄木、三島霜川を論ず(1)   

 雑誌『紅苜蓿』第7号〔1907(明40)〕に、「六月の雑誌界」として寄せられた評論の一部を紹介します。 『新小説』に掲載された三島霜川の小説「悪血」が取り上げられています。

 “二番目は三島霜川氏の「悪血」。凄まじい題だなと思って読む。結末に近づくにしたがって三年も前に古本屋に売ったゴルキイの短編集が、無性になつかしくなった。一体自分は、いわゆる「……誰かに生んでもらった、けれども誰にも育ててもらわなかった」という鉄さんのような自然児の前には、理屈なしに頭を下げて見たいような気がする。がしかし、この作では筆に力が足らない。否、人物に力が足らない、まだまだ足らない。性格だけは現われているが、その性格の活動が書いてないように思う。そして何となく島国人の作だという感じがする。これは多分この種の人間に対する作者の同情が深くない結果であろう。しかしどこかにこう人生の裏海に荒んでいる凄まじい嵐の音が籠っていて、女学生と角帽が握手をしている小説よりは、はるかに自分を喜ばせた。”

 『紅苜蓿』(べにまごやし/れっどくろばあ)。これは、函館の地で同人によって発行された文学雑誌ですから、e0178600_2012387.jpg文壇でもあまり注目されずほとんど読まれなかったものでしょう。また、霜川本人も、この評論は読んでいないのではと思いますし、この雑誌の存在すら知らなかったかも知れません。
 評者は、「自然児」を描くに霜川の筆は「力が足らない」と容赦ない論断を下す一方で、「人生の裏海の荒(すさ)んでいる凄まじい嵐の音が籠(こも)ってい」る、と深く含みのある表現で霜川作品の特徴をつかんでいます。
  実は、私もこの論考を目にしたのは、昨日のこと。ある偶然から、この論考にたどりつきました。その経緯についてはあらためて書こうと思いますが、霜川を多少読んできた者には、肯定したくなる評言に、目が釘付けになりました。

 『紅苜蓿』に、「六月の雑誌界」を書いたのは誰あろう、北海道に渡って『紅苜蓿』の編集を始めた石川啄木なのです。

(続く)
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-13 19:19 | Trackback | Comments(0)

ちょっとメモ:霜川と「成功雑誌社」   

 雑誌『殖民世界』――成功雑誌社、1908(明治41)年5月創刊――の1巻4号(明41・8・7)に三島霜川の小説「一軒屋」という作品が載っている。偶然、あることをweb検索していて見つけたもの。これは、今までの霜川書誌には記されてないもの。

 ところで、霜川と「成功雑誌社」とのつながりを調べようと思っていて、まだ手つかずである。「成功雑誌社」の『探検世界』にかなり霜川が寄稿しているのです。また、春陽堂の編集者を経てこの「成功雑誌社」をつくり『成功』『探検世界』『殖民世界』などの雑誌を発行し、当時の南極探検にも関わっていた村上濁浪〔1872?~1924.10.20〕についても知りたいと思っているのですが。

〔追記〕
 「ひとつ屋」という霜川の作品が、1900(明33)年4月の『文芸倶楽部』にあるが、この「ひとつ屋」と上記の「一軒屋」の関係も興味あるところ。(なお、この「ひとつ屋」は、1901(明34)9月『新小説』掲載の「星」へと改編されている。)

〔追記:2012.6.16/成功雑誌社〕
霜川の『探偵小説 月島丸の行衛』の奥付によると;

明治四十一年二月十八日発行
発行者 村上俊蔵  東京市本郷区弓町壱丁目八番地
発行所 成功雑誌社 東京市本郷区弓町壱丁目八番地

となっているが、web上では、成功雑誌社の住所としては、下記のものも見える。
本郷区駒込千駄木町五十番地
本郷区弓町壱丁目十一番地
(千駄木から弓町に移ったようである。)
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-13 00:09 | Trackback | Comments(0)

スズラン   

e0178600_18161056.jpg

 《Mary's tears》《Our Lady's tears》 「聖母マリアの涙」とも呼ばれるスズラン。

 人災で始まったゴールデンウィークは自然災害で終わり、国内の原子力発電所はすべてが運転を停止した。
 今、深く思いを致さねばならぬことの多さにたじろぐばかりである。
[PR]

by kaguragawa | 2012-05-06 18:27 | Trackback | Comments(0)

啄木、北海道に渡る〔5月4日・5月5日〕   

 5月4日、5月5日は、石川啄木の生涯にとっていくつかの節目となる日であった。
 啄木にとってはかけがいのない友・金田一京助の誕生日〔1882(明15)年)〕が5月5日であるし、夫人・節子さんが啄木逝去の翌年〔1913(大2)年〕、函館で啄木と同じく結核で亡くなったのも5月5日である。
 また、北海道での1年間の放浪を経て上京し、金田一京助の本郷の下宿赤心館〔本郷区菊坂82(現文京区本郷5-5)〕に転がり込んだのが1908年5月4日で、その翌日5日に札幌の友人・向井永太郎宛ての書簡で「小生の文学的運命を極度まで試験する決心に候」と書いたのでした。つまり啄木最後の東京生活始まりの画期となった日だったのです。

 しかし啄木本人にとって印象深い〔5月4日・5日〕は、最後の上京1年前の1907(明40)年の渋民から北海道への旅立ちであったのではないでしょうか。以下、啄木の日記〔「明治四十丁未歳日誌」〕から。

 〔5月4日〕夜九時半頃、青森に着き、直ちに陸奥丸に乗り込みぬ。浮流水雷の津軽海峡に流るゝありて、夜間の航海禁ぜられたれば、翌午前三時にあらでは出港せずといふ。
 夜は深く、青森市の電燈のみ眠た気に花めきて、海は黒し。舷を洗ふ波の音は、何か底しれぬ海の思ひを告げむとするにやあらむ。空は月無く、夜雲むらがりて、見えつ隠れつする星二つ三つ淋しげに、千里の外より吹き来る海風は、絶間もなく我が袂を払って、また忽ち千里の暗に吹き去れり。予は一人甲板に立ちつくしつ。陸も眠り海も眠り、船中の人も皆寝静まれるに、覚めたるは劫風と我とのみ。雲に閉ぢたる故郷の空を瞻望して、千古一色の夜気を胸深く吸へば、噫、我が感慨は実に無量たりき。この無量の感慨、これを披瀝するとも、解するもの恐らくは天が下に一人も無けん。
 予は跪きつ。浩蕩たる夜天に火よりも熱き祷を捧げたり。とぢたる目に浮ぶは、浅緑の日暖かき五月の渋民なり。我涙は急雨の如く下れり。
 あゝ、故里許り恋しきはなし。我は妻を思ひつ、老ひたる母を思ひつ、をさなき京子を思ひつ。我が渋民の小さき天地はいと鮮やかに眼にうかびき。さてまた、かの夜半の蛙の歌の繁かりしなつかしき友が室を忍びつ。我はいと悲しかりき。三等船室の棚に、さながら荷物の如く眠れるは午前一時半頃にやありけむ。
我は世界に家なき浪々の逸民たり。。

[PR]

by kaguragawa | 2012-05-05 07:09 | Trackback | Comments(0)