<   2010年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

「桜馬場の名称の由来」   

 きのう紹介した今庄ビルの前に――昨日までこのビルの名称は知らなかったので、もとの“秋吉”前と言った方が自分にとってもわかりやすいのですが――、そう言えば“柳”が一本ありました。今、そんなことを思い出したのですが、きのう立ち寄った時、柳の木はあったでしょうか?。なぜか記憶がないのです。
 枯れたのでしょうか、伐採されてしまったのでしょうか。私の思い違いであることを願いますが・・・・。(〔追記〕冬期で、落葉していて存在感がなかったのですが樹は健在のようです。でもなんとなくかつての元気がないような・・・)

 心もとない話ですが、今から思うとその柳があったあたりに、「桜馬場」の説明板があり、きのう書き写したものがあるので紹介しておきます。

 “「桜馬場の名称の由来」 
 桜馬場は、慶長十四年藩主前田利長が高岡に築城するにあたり、藩士の武術鍛錬のために馬場をつくり、桜の苗木を植えたのが、その名の由来とされている。
 明治35年(1902)市はこれを公園に指定し、同42年(1909)皇太子であった大正天皇の北陸巡遊を機に、古城公園と連絡するため定塚町まで通りまで延長し両側に桜を植えた。昭和14年(1939)にこの桜は県の天然記念物に指定されたが、戦後、増加する自動車の往来に樹勢が衰え、同30年(1955)公園を廃して残った越の彼岸桜を古城公園に移植した。”


 (注)句読点の区切りに写し間違いがあるかも知れません。なお、銘板の下に設置者名の「高岡市」と設置時が刻んであったのですが、これが平成9年9月なのか、3年3月なのか、確認できませんでした。

 この桜馬場を、藤子不二雄Aこと安孫子素雄さんは、“季節になると駅前のその通りが満開のトンネルとなる。”、と「高岡の想い出」というのエッセイで紹介していますが、その変貌が昨日紹介したエッセイ「高岡は僕の原点の街…」には次のように書かれています。

 “あの桜馬場はもうない。東京へ出て何年後か、高岡に戻った時に桜馬場は消え、のっぺらぼうなコンクリートの広い道に変っていた。あの素敵な“高岡の象徴”のような桜馬場がなくなったことは、今でも残念でたまらない。”

e0178600_10544849.jpg〔追記〕
 桜馬場通りと柳の写真がありましたので掲載しておきます(高岡市生涯学習センターのHPより)。
 シダレヤナギの左後ろに隠れているのが「今庄ビル」、右後ろが今はもうない「デリカビル(二口ビル)」。
 デリカビルの跡地〔御旅屋町1029〕は、現在空き地になっていますが、ここがもと藤子不二雄Aさんのお住まいになっていた場所です。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-28 10:37 | Trackback | Comments(0)

桜馬場の怪?――藤子不二雄Aさん宅の「右隣」   

 かつて北陸本線の高岡駅でも「あんころ」を売っていた。半世紀も前の私の小さい頃の話である。両親の実家のある高岡にお正月や夏休みにやってきては高岡のホームで売り歩いている「あんころ」を買ってもらい、帰りの汽車のなかで竹の皮の包みを開き食べたものである。

 この“高岡駅のあんころ”に思いがけず再会しました。といっても、その歴史的なあんころが復元されそれを食したわけではありません。藤子不二雄Aさんのエッセイの中で出会ったのです。『写真で見る昭和の高岡』(文苑堂書店/2005)に寄稿された藤子不二雄Aこと安孫子素雄氏が、「高岡は僕の原点の街…」という巻頭のエッセイで、こう書いておられるのを、今まで読み飛ばしていたのです。

 “高岡中学校へ進んだ頃、僕の一家は新横町から駅前の桜馬場へ移った。当時、高岡駅前の広場を右に曲がると素晴らしい桜の並木が続いていた。江戸時代から続いていた桜並木の馬場だ。昔の百科事典の「サ」の部に全国の有名な桜の名所のグラビアがあり、そこに高岡の桜馬場の写真が載っていて、しかもそこに僕たち一家が借りた家が写っている。家の向かいは広場で、その奥に高岡商工奨励館があり、右隣に当時“高岡のあんころ餅”で有名だったお菓子屋さん、そしてその横はセントラル劇場(後の大和劇場)という洋画館。駅のすぐ近くで絶好の場所だった。藤本君も僕もすごい映画マニアだった。” 

 桜の名所としての桜馬場はもう存在せず、安孫子素雄氏の家跡も空き地になっているのですが、安孫子氏が、「“高岡のあんころ餅”で有名だったお菓子屋さん」と書いておられる安孫子家の「右隣」(注:向かって左側)の地には現在「今庄ビル」という少し古い建物が建っています〔高岡市御旅屋町1028〕。地元の人には「焼き鳥の秋吉」がかつて入居していたビルといえば、「ああ、あそこ」と合点されるでしょう。
 それにしても、これは偶然なのでしょうか。かつてあんころをつくり高岡駅などでも商っていた人(今庄商店?)の店があったところに、今高岡駅で麺類を商っている人(「うどん・そば今庄」)と同じ名前を付けた《今庄ビル》が建っているのです。和菓子屋の今庄さんが、めん屋の今庄さんに商売替えをされたものの、その実家は安孫子少年の時代からずっとそこにあるということなのでしょうか。。。
 蛮勇をふるって今度は《今庄ビル》にお住まいの今庄さんにお聞きしてみましょうか。

〔追記〕
「高岡の元祖」というページに;

 ・高岡初の駅構内販売――桜あんころ(今庄)―― 1970(M45)/4
 ・高岡初の駅構内の「うどん・そば屋」――花より軒(今庄) ――1918(T8)/1

と、あるのを見つけました。(注:年代表記は錯誤があるようです。)
 高岡駅のあんころは「桜あんころ」という名前だったようですね。〔桜の名所・桜馬場のあんころ〕の意なのでしょうね。蛇足ですが、高岡駅の現在の「今庄」は、――同じ北陸なので混同されている向きもあるようですが――福井の「今庄そば」とは関係がありません。さらに蛇足ですが、「うどん・そば今庄」の謎のチャンポンはお薦めの一品です。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-27 20:59 | Trackback | Comments(0)

二・二六事件前夜   

 二・二六事件前夜の今日、『盗聴 二・二六事件』(中田整一/文春文庫)を読み始めました。

 きょうの富山は20度を越して初夏の陽気?でした。明日は雨。


〔追記〕
 「ラフマニノフの鐘」って、どんな曲?と聞かれることがあるのですが、ラフマニノフをとうとうと語るほど彼のピアノ曲は多くを聞いていないので、――この曲の原曲はピアノの小品《幻想的小品集》中の「前奏曲 嬰ハ短調」作品3-2――とても親切なページを紹介しておきます。
 ご覧ください。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-25 23:10 | Trackback | Comments(2)

心熱く『まんが道』を読む   

 藤子不二雄Aの『まんが道』(中公文庫コミック版)はご存じの方も多いと思いますが、藤子不二雄Aによるコミック版自伝小説です。先日来、藤子不二雄のことを少し書いていますが、確認したいことができて久しぶりに手にとりました。今読み返してみると、自伝的作品とは言え、かなり脚色されていることに気づきました。

 高校生最後の夏休みに、満賀道雄(藤子不二雄A)と才野茂(藤子・F・不二雄)があこがれの手塚治虫を訪ねるところがありますが、これは実際は、夏休みではなく、卒業後の就職までの期間のできごとでしょう。そもそも二人の出会いが、第二次大戦直後の20年9月に設定されていますが、実際はその1年前、昭和19年の9月のことです。

 それにしても若き日の二人が手塚治虫をたずねる個所のなんと感動的なこと。通勤の車中で、思わず、心熱くなり、涙ぐんでしまいました。

 あっ、そうそう、何を確認しようと『まんが道』を読みだしたのか、そのことを書かないといけないのですが、それは後日あらためて・・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-23 23:50 | Trackback | Comments(0)

4月陽気に春一番   

 20:30の時点でも外気温は7度。

 きょうは「春一番」が吹いたそうで、日中の最高気温は県内で15度くらいまで上がりました。
 思わず足もとにオオイニノフグリの可憐な花を探しました。

 書き込み時間を少し早めに操作して、〔2〕を並べてみました。
 

〔追記〕
 今日(2/23)の地元ニュースで、漁師さんが“春一番とともに、ホタルイカがふるさとの海に戻ってくる”と語っていたのが印象的でした。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-22 22:22 | Trackback | Comments(0)

評伝に見られる二つの視座   

 けさの日経の書評欄に、「評伝」というものを考える際、おもしろい個所があったので、書き写しておきます。林信吾さんの『青山栄次郎伝』に対する戸澤英典さん(東北大学准教授)の評言です。

 “叙述には著者独自の歴史解釈も多く、新史料で明らかになった史実と反するような記述も散見される。だが、著者の視点で統一的に叙述された筋書きはわかりやすく、複眼的で小難しい研究者(歴史家)の著作とは違った読後の満足感もありそうだ。”
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-21 19:17 | Trackback | Comments(0)

藤子不二雄の住居跡辺りを歩く   

 堀田善衛展の帰り道、定塚小学校近くの町の食堂という雰囲気のうどんやさんに入ったのは1時半少し前だったでしょうか。テレビではカーリング女子のイギリス対日本の試合が実況中!。このけったいな(失敬)スポーツ、ルールを聞いてもよくわからない・・・。と、思っていたのですが、今日は違いました。試合の展開が手に取るようにわかり、かなり年配のお店のご主人も奥さんも、客が私一人だったこともあり、手を休め客席にかけてテレビの画面に釘づけ。私の方も食べ終わった後も惹きこまれて席を立てず、繰り出されるミラクル・ショットの応酬を観戦させていただきました。

 まさか試合終了まで見続けるわけにもいかず、第6エンドの区切りで、奥さんに声をかけました。勘定を済ますと、このタイミングでどうかなと迷いながらも、当初からのねらいであった“ある質問”をしてみました。「この近くに藤子不二雄さんの生まれた家があるって聞いたんですが、どの辺りですか?。」
 このお店の雰囲気からある程度予想していた答えが返ってきました。「よう聞かれんがやけど、なーん知らんがいちゃ。たしかこの向こうの通りだと思うがやけど。」そして、「あんた、知っとっけ?」とご主人に。ご主人も「やっ、知らんじゃ。」
 (「追記」私が生家跡と思っていた定塚町旧4丁目は、小学校時代を過ごした場所ではあるようですが、生家跡ではないようです。)

 店内には藤子作品のキャラクターなど見当たらず、このご夫婦の無関心ぶりは予想でき、うまく言えませんがそれが私にはなんとく嬉しくもあったのですが、さらに私を嬉しくさせ、わくわくさせてくれたのは、奥さんの次の一言でした。おつりを手渡しながら奥さんは私より先に店から半身を出して、「向かいのNさんに聞いてみたげっちゃ。NさんとこのAさん、藤子さんと同い年だからね。」
 先にご夫婦の無関心と書きましたが、それは一見の観光客、物好きと違う、近所なればこその平常であり、もちろん無視ではなかったのです。「Aさん前にテレビにも――(注)もちろん藤子不二雄関連の番組でしょう――、出とらはったからね。」
 ここで、念のために書いておきますが、ここで藤子不二雄と書いているのは、〔藤子・F・不二雄〕こと“藤本弘さん”の方です。

 というわけで、藤子不二雄の住居跡と思われる場所を確認し、古い屋並みも少し残る定塚町をぬけて高岡駅に向かったのでした。近所に声をかけ、途中まで案内してくださったA食堂のおばちゃん、有り難うございました。

 〔追記〕
 たとえば「藤子不二雄+定塚町」で検索すると、住居跡?の写真などいくつも見ることができ、どのサイトも(わりと新しい記事も)場所を「定塚町4丁目」としています。が、かなり前に、この辺りは丁目表示がなくなって――町内会組織としては旧丁目は生きているはずですが――現在地は、「定塚町6番●号」という住居表示となっています。(余談ですが、実はこの辺りは幼少の頃遊んだことのある個人的に思い出のある土地です。が、食堂のおばちゃんおじちゃん同様藤子さんのことは意識したことはまったくなかったのです。)

[PR]

by kaguragawa | 2010-02-20 23:42 | 街歩き/たてもの | Trackback | Comments(0)

2度目の「堀田善衞展」   

 2度目の「堀田善衛展」観覧。

 土曜日のこととて混まないうちにと思ったのですが、開館時間9時半に間に合う北陸本線と氷見線との接続がなく、高岡駅から歩きました。高岡駅と開催地の高岡市美術館(高岡市中川)を結ぶ古城公園沿いの広い道ではなく、その一本裏のかなり古い道筋を残していると思われる住宅街の道をあえて選びました。(道沿いの定塚町4丁目と中川熊野神社に注目しつつ)

 今回の訪問の目的は、強いて言えば、『方丈記私記』に寄せられた木下順二さんの堀田宛てのはがきの文面を書き写すことにありました。ということで、さまざまな感慨は今回も割愛させていただくとして、図録に掲載されていない木下順二さんのはがきの本文を紹介しておきます。

  “『方丈記私記』は非常にいいものと思ふ。恐らくきみの今までの仕事の中で一番いいものではないかということをひとこといいたくてこのはがきを書いた。  木下順二” 〔1971年8月13日消印〕

 なお、欄外にいかにも木下順二さんらしい、用語法についての指摘というか注記が2つ記されているのですが、ふれられている箇所を初版本のページと照合できないので、ここでは残念ながら紹介を略します。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-20 23:35 | Trackback | Comments(0)

かえ難い魅力   

 藤田まことさん、しみじみ かっこいかったなぁ。 
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-18 23:02 | Trackback | Comments(0)

《東京の雪の特異日》   

 富山市内、今朝の積雪は平野部でも多い所で30センチを超えていたらしい。が、県内でもまったく積雪のないところもあったようである。そして関東は、この時期(冬の終わり?)特有の雪が、今晩から降るらしい。ところで、東京の雪にあこがれている私としては――「一葉の2.4の雪」「2.26事件の雪」を、〔東京で〕追体験したいというのが、東京の方から顰蹙をかいそうだが、願望に近い気持なのです――、聞き逃せないひと言を小耳にはさみました。

 今日(2/17)が《東京の雪の特異日》だというのです。さっそくnetで調べてみると、日本気象協会の〔tenki.jp〕の今日(2/17)の項に、次のように書かれていました。

きょう2月17日は東京の雪の特異日といわれています。
果たして本当にそうなんでしょうか?少し調べてみました。
結果は・・・
1980年~1989年の10年間は雪が5回も降りましたが、
1990年~1999年の10年間はたったの1回、
2000年~2009年も1回と
ここ20年ばかりは、非常に雪の降る日が少なく、
雪の特異日とはいえなくなってきています。

ちなみに1967年~1996年の過去30年間の天気出現率も調べてみました。
晴れる割合は50%、曇りが6.7%、雨が20%、雪が23%となっていました。
この内訳をみると、やはり昔は比較的雪の降りやすい日だったようですね。

きょうの東京は未明に雪を観測しました。
2010年代は果たして雪の特異日が当てはまるのかどうか?
楽しみです。



 ところで、今朝見落としてしまっていたのですが、新聞の訃報欄に山下一海氏のご逝去(2/15)が報じられています。「おくのほそ道」について、多くのことを論文で学ばせていただいた方です。ご冥福をお祈りいたします。

   *山下一海 1932.03.07~2010.02.15

〔追記:2/21〕
「東京の雪」については、すばらしいサイトがありました。ご覧ください。
[PR]

by kaguragawa | 2010-02-17 23:55 | Trackback | Comments(2)