<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

06/13/2007〔古代越の地域国家を〕   

 門脇禎二先生が亡くなられた。「先生」といっても、直接の先生といったわけでは無論なく、ある小さな講演会で間近に先生の謦咳に接したという程度のことに過ぎません。しかし、門脇先生には、先生とお呼びしたくなるような親しみ――それは先生の著書と講演から、学問的な厳格さと発想の柔軟さを根底に、考古学的事実と古史文献に即して史的真実を発見する学的態度を学ばせてもらったということですが――を、感じてきたということなのです。

 以下、読売新聞の記事からの抜粋です。
 “中大兄皇子らが蘇我蝦夷・入鹿親子を死に追いやり、律令国家を建設したとされる「大化改新」(645年)を後世の脚色と否定し、学界に衝撃を与えた。
 また、大和政権がその他の地域に支配権を広め、統一していったとする主流学説にも異を唱え、大和政権とは別の有力な王国があったとする「地域国家論」を提唱した。”

 私などが越の古代学に門外漢ながら関わっているのも門脇先生の「地域国家論」の魅力によるところがとても大きいのです。

 『日本海域の古代史』(門脇禎二/東京大学出版会/1896.9)――この本の荒海の装丁デザインには古代日本海への関心を鼓舞されます――を久しぶりに取り出しています。今夜は、この本の能登論や出雲論を拾い読みをして、先生のご冥福をお祈りしたいと思います。

  *門脇禎二  1925.09.28~2007.06.12
[PR]

by kaguragawa | 2007-06-13 06:43 | Trackback | Comments(0)

06/10/2007〔「三島野」〕   

 ある発行物に書いた「家持の越の歌をたずねて」の《三島野》を転載しておきます。空いたスペースをふさぐために書いたもので、地域ならではの話題ということで「三島野考」になりました。

━━━━━━━……‥‥・・・・・・・・‥‥……━━━━━━━

 ■■で家持の歌を取りあげましたが、この歌に登場した「三島野」について、少し考えて見たいと思います。
 なぜなら、万葉の時代から「三島野」と呼ばれたこの◆◆周辺の射水平野が、奈良時代にどのようなところであったのかを知る手がかりが、家持の歌に 多く残されているからなのです。

 では、「三島野」が具体的にどのあたりだったか、どのような場所であったのか、家持の歌から探ってみましょう。
 万葉集には、二つの歌に「三島野」が登場します。三島野が登場する一番目の歌は、天平十九年(747)九月二十六日に歌われた長歌で、二番目の歌は、■■にも紹介した天平二十一年(749)三月十六日に歌われた短歌です。

 これらの歌に「三島野」の位置を特定できるヒントがあるのでしょうか。

 二番目の歌から見てみましょう。

    三島野に霞(かすみ)たなびきしかすがに 昨日も今日も雪は降りつつ

 これは「三島野に霞たなびき」という表現からして、“眺められた情景”であることは間違いのないところです。そして歌が作られた事情からしても、当時越中の国庁や国守館があった伏木の高台から家持が、東南の平野部を眺めて詠んだものと考えるのが一番自然です。しかも「三島野」は、霞や雪が見渡せる範囲ですから、伏木高台から ほど近い平野をさすものとも思われます。
 ここから推定されるのは、現在の射水平野の西側(旧大島町・大門町の範囲)が当時「三島野」と呼ばれていたのではなかろうかと言うことです。

 では、もう一つの天平十九年の長歌の方を見てみたいと思います。
 これは、家持が愛用していた鷹狩り用の鷹を老召使いが逃がしてしまい、それを夢のお告げで追いかけるという おもしろい歌です。ここには鷹の逃飛行が具体的に書き込まれています。
 この歌の詳しい紹介は、次回にしたいと思いますが、この長歌の中に家持の愛鷹“大黒”は、

   三島野を脊向(そが)いに見つつ 二上の山飛び越えて 雲隠り翔(かけ)り去りにき

と、三島野を背にして二上山を越えて飛び去ったと歌われているのです。

(続く)

━━━━━━━……‥‥・・・・・・・・‥‥……━━━━━━━

〔追記〕
 以上、たいしたことは書いてないのと自発的に書いたものではないので、単なる記録として転載しました。が、最後の部分に、雲のかかった二上山の写真を載せたため、引用した「二上の山飛び越えて雲隠り翔り去りにき」のイメージがとても広がったのはうれしいことでした。
[PR]

by kaguragawa | 2007-06-10 06:48 | Trackback | Comments(0)

06/10/2007〔 『私のなかの東京』〕   

 岩波の現代文庫に野口冨士男さんの『私のなかの東京――わが文学散歩』が加わるらしい。(6/15発売)

 絶版になって久しく、古書しか入手方法はないかと諦めていたので、楽しみ。
[PR]

by kaguragawa | 2007-06-10 06:46 | Trackback | Comments(0)

06/09/2007〔ヴィオラとともに〕   

 今井信子『憧れ――ヴィオラとともに』(春秋社/2007.5)

 世界に雄飛するヴィオラ奏者・今井信子さんの自伝的エッセイ。

 やぁなんと思いっきりのいい、茶目っ気いっぱいのお嬢さんなのだろう、ノブちゃんは、今も!。
 飾り気のない文章ながら、おもしろい本。しかも、第5章「カルテットの日々」は、音楽好きな人でなくとも考えこまされる刺激的な問題提起に満ちています。

*今井信子 1943.03.18~

http://www.shunjusha.co.jp/book/93/93475.html
http://www.kajimotomusic.com/artist_jap/nobuko_imai.html
[PR]

by kaguragawa | 2007-06-09 06:45 | Trackback | Comments(0)

06/07/2007〔玄手川(げんてがわ)〕   

 高岡市(富山県)の南郊に東藤平蔵と西藤平蔵という地域(大字)がある。私などこういう地名を目にするだけで理由もなくうれしくなるのですが、ここに玄手川という広い用水というほどの川幅の河川が流れて藤平蔵(トヘイゾウ/トウヘイゾウとも)を西と東に分けています。最近はトミヨの生息などで注目を集めていますが、名も知られぬ川でした。
 神楽川という今ではその流路もあきらかでない川の流域史を追っかけようとしている私には、こうした中小河川の歴史や有り様が気になって仕方がないので、玄手川の名前が復活しつつあることはこれもうれしいことなのです。

 で、今日、ある名簿を整理していて、さらに驚きうれしくなったのがこの辺りに「玄手」という姓の人がいるということの発見でした。こういう地域に根ざした中小河川――最近、“里川”という造語?があるようですが――が姓になって残っていること、おそらく今後も残っていくだろうこと、とても私にはうれしいことなのです。
[PR]

by kaguragawa | 2007-06-07 06:44 | Trackback | Comments(0)

06/05/2007〔高森文夫に語る中也が〕   

 福島泰樹『誰も語らなかった中原中也』(PHP新書/2007.5)

 福島さんの語りの巧みさに――ここには適度に仕込まれた周到さがもたらす心地よさがある――引き込まれてしまう。
先日、少し紹介した中也の父・謙助のこともいくつかのエピソードともに書き込まれていて、軽い興奮と不思議な安心を覚えながら読みました。

 ・・・といっても、今読み始めたばかり。
 福島さんはどんな新しい中也を浮かび上らせようというのか、少し時間を惜しんで読み進めたいと思っています。

〔追記〕
 まさか、本居宣長の『直毘霊』や宮本武蔵の『独行道』が中也の口から語られていたとは思いませんでした。そんなことや高森の生地・東郷村のことなど、あらためて書く機会をもちたいと思います。
-
[PR]

by kaguragawa | 2007-06-05 14:37 | Trackback | Comments(0)