カテゴリ:未分類( 924 )   

めぐり逢うことばたち(exblog版)   

・2003年5月以来の日記版「めぐり逢うことばたち」  (web上から消滅)
・2009年6月29日までのブログ版(cocolog)「めぐり逢うことばたち」

      
  “伝記研究に際しては、いかなる調査も中途で放棄することこそ戒心すべきであろう。”
                                       野口冨士男

  “身ビイキなしに特定の古典について何がなし得るか。”
                                       堀田 善衞

 *右上の写真は、二上山(高岡市)

〔追記〕
三島霜川について旧日記上に書いた記事は、閲覧できなくなりましたが、近いうちにこのブログに移す予定です。(2011.75)

●このexblog版「めぐり逢うことばたち」上の三島霜川関連記事は、〔ここ〕です。

★かぐら川が管理人となっているブログ「夢二を歩く」は、〔ここ〕です。
★かぐら川が管理人となっているブログ「堀田善衞を読む会 」は、〔ここ〕です。
[PR]

by kaguragawa | 2017-12-31 23:55 | Trackback | Comments(17)

ちょっとメモ――川角捨兵衛のこと   

 「へるん」(1991-№2〔28号〕)に染村絢子さんの書かれた川角捨兵衛(かわすじ・すてべえ)情報があるので、川角の履歴の部分を、メモしておきます。

 “川角捨兵衛は、松江市中原の出身で、ハーンの松江時代の教え子である。のち同志社に学び、京都、新潟、糸魚川、金沢の各中学校で教鞭をとった。”
[PR]

by kaguragawa | 2017-11-20 22:17 | Trackback | Comments(0)

雨のなかの秋聲忌   

 今年の秋聲忌は、雨。私がどういう資格でか、――毎年のように繰り返すこの問いに答えられない自分がいるのですが――参加させていただくようになってから、初めてのこと。

 さすがにこの雨では墓前祭というわけにいかず、静明寺の本堂で。

 タケさん(秋聲の母親)の葬儀も、当時も今もおそらくあまり変わっていないであろうこの本堂でおこなわれたのであろうと、読経の声を聴き造作を眺めながら、考えていたことでした。
[PR]

by kaguragawa | 2017-11-18 22:16 | Trackback | Comments(0)

ありがたい、ありがたい。   

 このことはKさんにお願いするしかない、今日メールして頼んでみようと思っていたら、なんとそのKさんにばったり。

 「『横浜事件・再審裁判を支援する会 会報№1』をお持ちであれば、コピーをしていただきたいのですが」という、要件。
 しどろもどろにあって、「横浜事件の・・・、会報・・・、あの再審裁判の・・・。」と言ってる間に、いや、言い終わらぬうちに、「わかりましたよ。」と一言。

 ありがたい、ありがたい。
[PR]

by kaguragawa | 2017-11-17 22:37 | Trackback | Comments(0)

西田幾多郎、帝大在学中の下宿先   

 西田幾多郎の帝大哲学科選科在学中(1891~1894)の下宿先が、上杉知行『西田幾多郎の生涯』(1988)に紹介されているので、メモしておきます。

・本郷区台町六 日吉館
・本郷区森川町一番地 荻野方
・本郷区森川町一番地三百六十二号
・牛込区新小川町二丁目八番地
・小石川区久堅町二十二番地

〔追記〕
 上記のうち、本郷区森川町一番地三百六十二号は、私のこのブログの5年前の記事に幾多郎が明治25年〔1892〕9月に住んだ場所として「本郷区 森川町一番地 新坂三六二」の表記で紹介されていました。
 そういえば、森川町一番地新坂にちなんだ番地をいくつか書いた記憶はあるのだが、そのときの幾多郎情報はどこで見つけたものなのか、思い出せない・・・。
 http://kaguragawa.exblog.jp/18823853/
[PR]

by kaguragawa | 2017-11-11 16:11 | Trackback | Comments(0)

ちょっと手すきな時間に   

 自分が自由に使えるパソコンが無くなったのが一番の理由だが、このブログへの書き込みもほとんど、しなくなった。
 不思議なもので、女房からパソコンを借りることができ、時間の余裕のある場合であっても、そしてちょっと報告したいことやおもしろい話題があっても、今までのように書き出すことが、なかなかにできない。

 なにはともあれ、「週一」、なにかの記録を――自分のためにも、そして、かぐら川的「知」を共有してもらえるかも知れぬ人に向かっても――残したいものと思っています。
[PR]

by kaguragawa | 2017-11-04 17:49 | Trackback | Comments(0)

見つかったもの。   

 ある本を探して、書庫?納屋?をごそごそやっていたら意外な本やら物やらがいくつか出てきた。

 1987年5月発行の臨時増刊・岩波文庫創刊60年記念「私の三冊」もその一つ。
 有り難かったのは、岩波文庫の木下杢太郎『百花譜百選』。描かれた日付と短い身辺雑記があまりにも、切ない。

 
[PR]

by kaguragawa | 2017-10-16 22:36 | Trackback | Comments(0)

ugoita?????   

nankagetsumo ugokanakatta pasokonnga nazeka ugokimashita. isoide totemo taisetsuna fairu(file) dakewo mail ni kuttukete --usb wo ninnshiki shinainode--okurimashita.
[PR]

by kaguragawa | 2017-10-08 20:03 | Trackback | Comments(0)

八月になっている   

 先月は不順な天候が伏せっていた方の最期の生命の糸を切っていったのだろうか、近しい多くの方が亡くなられ、日もおかずに同じ火葬場で最後のお別れを重ねた。
 天命ということばがあることは承知もしているが、事態を受け入れないままに七月が過ぎていった。

 古書店で見つけたエッセイ集『銀座が好き』特装版!の近岡善次郎さんの繊細な挿絵を見ているとそのどれもこれもが、いとしさの余り涙をさそう。もうすぐお盆だ。
[PR]

by kaguragawa | 2017-08-09 22:05 | Trackback | Comments(0)

2017瀧口修造橄欖忌   

 瀧口修造の命日にあたる今日、Hさんのご厚意で瀧口の「橄欖忌」に参加させていただきました。

 雨の降り続くなか、生地の龍江寺(現:富山市大塚/生誕時は婦負郡寒江村大塚)にある墓碑にバラの花とオリーブの枝を供えさせていただき、そのあと、場所を移して犬島肇さんのお話「武満徹の視線から瀧口修造を読む」をうかがう、という得難い日となりました。

 「おまえがなんで瀧口修造の・・・」と問われても答えはないのですが、遠い距離からずっと想いを寄せてきた人としか言いようがありません。

 講演の合い間に聴くことのできた武満徹のピアノとヴァイオリンの「妖精の距離」――瀧口修造の詩画集「妖精の距離」に触発されて武満徹がつくった二重奏の曲――が、今日の私の瀧口体験をまとめてくれるように思われる。


[PR]

by kaguragawa | 2017-07-01 19:26 | Trackback | Comments(0)