岩波文庫創刊90年記念「私の三冊」   

 岩波「図書」臨時増刊――岩波文庫創刊90年記念「私の三冊」

 感心?!しながら、惹かれるように拾い読み。「渋江抽斎」が思いのほか多いのに、ほっと?する。
 残念なのは、「はじめに」に今までの「私の三冊」(私の知る限りでも今まで同企画が2度ある)のことがまったくふれられてないこと。

追記;私の知っているのは下記の3冊だろう。
『図書』(臨時増刊:岩波文庫創刊70年記念・私の三冊):1996.12 通巻
『図書』(臨時増刊:岩波文庫創刊80年記念・私の三冊):2007.0* 通巻697
『図書』(臨時増刊:岩波文庫創刊90年記念・私の三冊):2017.05 通巻820

70年記念のもと80年記念のものは、拡大コピーして勝手に合冊版をつくって愛読していたが、行方不明である。

1987年5月発行の臨時増刊・岩波文庫創刊60年記念「私の三冊」もあるようだ。未見。



[PR]

by kaguragawa | 2017-06-17 20:14 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/25853745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 森まゆみ『暗い時代の人々』 委員会採決抜きの本会議採決は合法か? >>