I君へーー今日の国会の事件について   

I君へ

 天上の異郷で耳にしておられるかもしれませんが、アベ政権のもとでこの国家はとんでも悪業を積み重ねています。

 私の知る限りでも明治以降、ハレンチな権力者は何人もいました。国家公益より私利私欲に軸足を置いていた政治家なら山ほどいるでしょう。そもそも、「政治家」も職業としてこれをいとなむのであれば収支相償うものでなければなりません。
 しかし、私利と公益の区別さえつかない「ていたらく」でいながら、権力をほしいままにし、国家を国を無理想の最低レベルのものに突き落としたハレンチな政治家は、多くはありません。その一人が、安倍■■(痴呆気味で、どうしても名前が思い出てきません。ほんとです。)であることは間違いありません。

 私が“有権者”としている今現在にこのようなとてつもなく政権を自分たちの国の「かなめ」として持ってしまったことに――現在と今後の、いやI君も含めこうした問題に取り組んでこられた過去の人々に対しても、――言いようもない責任を感じています。

 今後の闘いに、I君、力を貸してください。

追記:
現在の内閣総理大臣は、「安倍晋三」氏でした。名前を失恋、いな失念した失礼を心からお詫びします。


[PR]

by kaguragawa | 2017-06-15 22:47 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/25849572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 委員会採決抜きの本会議採決は合法か? 菊陽町図書館 >>