今年驚きのできごとを二つ   

 今年の最後の日の、今、いろんなことを思い出しながら、驚きのできごとを二つどうしても書いておきたい。

 ある作品を読んでいる間、自分の「眼」が変わってしまったこと、景観を見る視覚の構造が変わってしまったこと。今から思っても不思議だ。このことの詳細は、あらためて書きたいが、その本のタイトルだけは堀田善衞『美しきもの見し人は』。
 今年は、ちょっと苦労しながら堀田善衞に関する二つの小論(エッセイ風な小論文)を書くことができ、私なりの堀田学のスタート地点をつくれたことも、私事ながらここに書いてきたい。

 もう一つの驚き。ある亡くなった人に生き写しの人に、会ってその瞬間、その驚きに息の止まるような思いをしました。駅の改札口からでてこられたその人を見た瞬間、あの写真の人が、ここにいると思ったものだ。“三島霜川のお孫さん”。晩年の霜川の写真の人が目の前にいる・・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2016-12-31 22:56 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/25111130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 遅いごあいさつとなりました もちろん微力しかないが >>