新庄の赤門   

e0178600_195854.jpg
 本命は左側のレンガ造の水門。歴史を感じさせる赤煉瓦水門だが、1900(明治33)年造の現役!である。
 常願寺川上流の上滝地区で取水した常西合口用水の末端に設置された排砂水門(富山市新庄地区)。通称:新庄の赤門。敷地内(常盤台公園)に立派な?説明板があるが、築造年月が記載されていない。仕様や運用の詳細について知りたい。
e0178600_21564890.jpg
 
[PR]

by kaguragawa | 2015-10-28 19:58 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/23816979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Shakes at 2015-10-30 19:33 x
いちおうまん中の柱の銘板には「明治33年11月建※」とあるようです。白い板のように見える部分です。
Commented by kaguragawa at 2015-10-31 18:35
Shakesさま、コメント有り難うございました。夕方、半逆光の日差しが強かったので現場ではわかりませんでしたが、写真をアップしてみたら銘板のようなものが見えて、びっくり。あわてていろいろ検索したら、ご教示頂いたように「明治三十三年十一月建※」(最期の文字は崩れて読めず)」ときちんと写された写真がありました。時間のあるときに、あらためて訪問したいと思っています。
ところで、10/11「いくつかの古い小さな消息」中の“赤壁夕潮”について心当たりはございませんでしょうか・・・。

<< グリフィス記念館! 秋聲「焚火」の火種(2) >>