ヴォーリズ設計の大同生命金沢支店   

e0178600_20322231.jpg
 なんと驚いたことに、我がブログ(このブログのことですが)の2年前〔2013年 05月 20日〕の記事に、「詳細の確認はこれからですが、ヴォーリズが設計したという大同生命金沢支店(現存せず)の写真を見つけました。」との記事がある・・・・・。
 が、私が2年前にどこかで見つけた“ヴォーリズ設計の大同生命金沢支店(現存せず)”とはどんな写真だったのでしょうか、どんな写真だったのか、まったく記憶がないのです(・・・行方不明)。

 そして上の写真は、数日前にあらためて?見つけた“ヴォーリズ設計の大同生命金沢支店(現存せず)”の写真です。

 この写真がいつごろ撮られたものか(姿を消してしまった市電が見えますが)、どうした写真なのか素性もはっきりしませんが、「大同生命」の看板や、建っている位置からして看板左のうす青い建物が、“ヴォーリズ設計の大同生命金沢支店(現存せず)”に間違いないと思います。
 この写真ではよくわかりませんが、2階部分に独自な意匠がほどこされているようです。

 場所は、現在金沢信用金庫の本店が建っているところ、2008年11月に旧町名「南町」が復活したその現在の住居表示でいうと〔金沢市南町1番1号〕、その直前までは〔金沢市香林坊一丁目3番8号〕だった区画です。

〔追記:2016.12.03〕
 私のメモ帳に、次のようなメモが残っていました。出所が不明ですし、いつメモしたかもわかりません。貴重な情報ですので、写しておきます。

 “旧南町にあった大同生命保険相互金沢支社(現金沢信用金庫本店の所在地)。ルネサンス風の威容を誇った。戦時中は空襲による類焼から建物を守るため、周囲の民家が取り壊されたほど、重要視されていた。しかし、1984(昭和59)年、老朽化などのため姿を消してしまう。”
[PR]

by kaguragawa | 2015-06-26 20:35 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/23327939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「文化芸術懇話会」。 沖縄慰霊の日 >>