9月21日、海内果歿。享年三十二。   

 明治14年(1881年)といえば、歴史にくわしい人であれば反射的に「明治十四年の政変」を思い出す明治時代前半の画期になった年である。
 自由民権派から批難の多かった北海道開拓使官有物の払い下げは中止されたが、早期の国会開設を提唱した閣内の大隈重信は追放され、「将ニ明治二十三年ヲ期シ議員ヲ召シ国会ヲ開」くことが言明されることになった。これらが東北巡幸の天皇の帰京にあわせ突如断行されたのである。1881年10月12日である。

 この政変の一か月前というより、正確には3週間前の9月21日に、一人の新聞記者が亡くなっている。先日来、断片的ながら紹介をしている東京で活躍していた越中人の新聞人・海内果(うみうち・はたす)である。

 父の顕彰碑を建てるために帰京中の不慮の死である。腸チフスであるという。帰省時にすでに体調を崩していたともいうが、父の命日9月7日に碑の建立がとどこおりなくすんだのか、それを果がきちんと見届けたのか、資料を読んでみても明確に語るものはない。開拓使の官有物払い下げが事前に暴露されたのが、7月であり、東京は民権派がそれぞれの思惑で策動していた時期だけに、果の胸には、郷里富山のこれもいくつかの政治的動きを見据えた見取り図と「越中義塾」などの具体案があったはずである。
 海内果の最期の声を聴きたい。

 9月21日、海内果歿。享年三十二。
[PR]

by kaguragawa | 2014-09-21 09:15 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/22405261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「なすすべなし」なのか――順太... 山崎延吉の弟子・庄司幸吉 >>