富山大空襲の一つの手記   

 うかうかと日を過ごしていたら明日はもう8月1日です。69年前の8月1日の夜、富山市は大きな空襲被害――空襲そのものは2日の午前0時36分から2時27分までの約2時間とのことですが――を受けました。
 もっと早く紹介しようと思いながら直前になってしまいましたが、ある人の書かれたこの富山大空襲の手記をここで紹介したいと思います。

 藻谷研介さんの書かれた「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」です。藻谷研介さんは、富山が生んだすぐれた歌人・藻谷銀河(六郎)さんのご子息。研介さんは、この空襲で祖母・母・姉を失い、歌人だった父も空襲の大やけどで7日後に失い焼跡で荼毘にふすことになるのです。
 そしてこの手記は、当時、中学生(旧制の富山中学校の学生)だった研介さんが、当時を追憶して戦後40年ほど後に書かれたもの。富山大空襲の日を前にして、今、ゆっくりと読み直したいと思っています。

 このブログに立ち寄られた方にも、ぜひお読みいただきたいと思います。下記にリンクしたのは、HP《遥々来つるもの哉》から、「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」の部分です。

 ・藻谷研介「私の戦争体験―最も衝撃的な部分」

 なお、名前の相似で、あれっと思われた方がおありかと思いますが、この藻谷研介さんは、藻谷俊介・浩介・亮介のご兄弟のお父さんにあたられる方です。
[PR]

by kaguragawa | 2014-07-31 21:59 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/22250589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 繰り返された権力の愚稿=愚行 霜川の“築地居留地”と“佃島”(1) >>