明治の「赤壁兄弟」と現代の「藻谷兄弟」   

Shakes学兄

 Shakesさんのブログ《SHAKES' Tables: 富山の英学》の記事「赤壁兄弟」(2014.6.23)を拝見して、とっさに思ったのは「藻谷三兄弟」のことでした。今をときめく?藻谷三兄弟――藻谷俊介・浩介・亮介のご兄弟――のひとり藻谷浩介さんがweb上でも読めるいくつかの講演でもおっしゃっているように、山口県生まれの藻谷さんのご先祖は富山の小杉の人なのです。では、Shakesさんが、赤壁兄弟として紹介された小杉の赤壁酒店の二男「二郎」と三男「伊太郎」のうち伊太郎は、そこに書かれているように「藻谷家」の養子になった・・・とすれば、この明治時代の「赤壁兄弟」と現代の「藻谷兄弟」はどうつながるのか?。

 富山の大空襲でいのちを失った歌人・藻谷銀河が藻谷三兄弟のお祖父さんにあたる方なのですが、小杉町の文化蓄積が生んだ「開智社」「相益社談」を支えていた漢詩人でもあった藻谷海東(=藻谷伊太郎)と、この富山市の歌人・藻谷銀河(=藻谷六郎)の関係が――おそらく伊太郎が銀河の父であろうと思いながら、調べる労を惜しんでいたあまり――私には、はっきりわからなかったのです。

 なんのことはない、『富山県文学事典』(桂書房)を開いて疑問は氷解しました。「藻谷海東」が立項されていて(大西紀夫稿)、そこには「その子の銀河は歌人であった。」と簡明に書いてあるではありませんか。

 海内果の私記にも登場する明治の赤壁兄弟(赤壁次郎・藻谷伊太郎)が、現代にエコノミスト兄弟となって蘇えってこられたことを知られれば、冥界の海内果さんもびっくりされることでしょうね。

 では。

〔追記〕
 これも、はっきりしないままのことで、どなたか明確に答えてくだされば有り難いのですが、いろんな辞典類には富山人の「藻谷」は《もだに》の読みになっているのですが、「藻谷兄弟」の「藻谷」は《もたに》と「谷」を濁らないようです。このあたりのいきさつをどう考えればよいものか・・・。
[PR]

by kaguragawa | 2014-06-25 23:55 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/22145041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Shakes at 2014-06-26 16:01 x
藻谷伊太郎が赤壁二郎の弟であることは,「射水郡誌」の記述だけでははっきりとわからないのですが,伊太郎が海内果に宛てた手紙の中に,「兄」二郎の近況を伝えるものがあるとのことでしたので(「海内果関係文書」p.743),やっと確信が持てたというのが正直なところです。
Commented by kaguragawa at 2014-06-26 22:38
Shakesさまへ。
一歩、一歩、先人の皆さんの業績を杖に進むしかありませんね。ご厚誼のうえ、重ねてのご教示宜しくお願い致します。
Commented by Shakes at 2014-06-27 16:29 x
追伸
富山日報の追悼文(明治34年12月23-24日)には「もだに」とルビがうってありますね…。
ちなみに,同文中にはちゃんと「兄徳平仲兄二郎,君は第三子なり云々」ともありました。
明らかな調査不足でガッカリです。

<< 「トタン屋根を雪が滑り落ちるよ... 《岸田吟香、北陸路から電報!〔... >>