田中萬逸――そこから津田仙と三島霜川と   

 9月23日が誕生日の政治家に、50年前に亡くなった田中萬逸(たなか・まんいつ)という人がいる。「コトバンク」によれば;

 1882-1963 大正-昭和時代の政治家。
 明治15年9月23日生まれ。「報知新聞」記者をへて大正5年衆議院議員(当選14回,自由党)。昭和21年日本進歩党幹事長,22年第1次吉田内閣の国務相をつとめた。新憲法施行後初代の衆議院副議長に就任。のち全国農地解放者同盟会長。昭和38年12月5日死去。81歳。大阪出身。早大中退。


 とあり、政治家道一本の人のようだが、「Wikipedeia」の最後の部分は、ちょっと気を引く記述である。

 田中 萬逸(たなか まんいつ、1882年9月23日 - 1963年12月5日)は、日本の男性政治家。元国務大臣・衆議院副議長。
 現在の大阪府富田林市に生まれる。早稲田大学を中退後、報知新聞記者を経て、1916年故郷の大阪府から衆議院補欠選挙に繰り上げ当選。以後当選14回。戦前は憲政会・立憲民政党に所属し、1939年阿部内閣にて逓信政務次官を務める。
 戦後は日本進歩党の結党に参加し幹事長を務める。1947年第1次吉田内閣が発足すると、党総裁幣原喜重郎の推挙により国務大臣(無任所)として入閣。同年新憲法下初の衆議院副議長となる。民主党の結党に参加したが吉田茂が次の首班たるべきと主張して離党し1948年2月同志クラブに参加。同志クラブは民主クラブを経て日本自由党と合同し民主自由党を結党したので田中も民自党に所属した。同年炭鉱国管疑獄で起訴されるも、1951年無罪確定。その間1950年からは自由党に所属。
 名文家にして野次の名手であり、また粋な道の達人として知られ、特に女流奇術師松旭斎天勝(初代)との艶聞が有名である。ただ生活態度は質素であり、酒もタバコも嗜まなかった。


 この田中萬逸の名前をきのう、あるところで目にしたばかりなので、ここにご登場いただいたのです。
 それは『足尾鉱毒惨状画報』(1931〔明34〕年)。田中萬逸は、この『足尾鉱毒惨状画報』の刊行者である《青年同志鉱毒調査会》のメンバーの一人なのです。この本は今ではもう忘れられた本ですが、なんと津田仙の写真に解説をつける体裁で編集された本で、あらためて紹介する機会を持ちたいのですが、《青年同志鉱毒調査会》というのが松本隆海、田中万逸、阪田熊三の三人で結成されたらしいのです。田中萬逸は、この本に「跋」を記していますが、会の中心人物は松本隆海だったらしく、その隆海は本の「自序」で“法科大学生田中万逸君は、材料蒐集のため余と同行して視察を遂げ、其の他斡旋の労少からず”と書かれています。
 きのうこの個所を読んで、そう言えば、どこかでこの名を見たぞ!・・・とひっかかり、ようやく思いだしたのが、水守亀之助の『三島霜川を語る』でした。

 田中花浪という「報知」の記者で片手間で少年物など書いていた人に霜川と連れ立っていて会ったのもその頃だった。この人が現在自由党の長老の一人である田中萬逸である。後年、松旭斎天勝と浮名を流しただけあって、苦み走った眉目秀麗の青年記者だった。


 さて、津田仙の足尾鉱毒被害地の写真。そして、三島霜川と田中花浪(萬逸)。これらの本題については、これから。
[PR]

by kaguragawa | 2012-09-23 16:19 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/18915718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 露おくあした ちょっとメモ:《社》の読み(2) >>