小林昇さん   

 小林昇さんが一か月半も前にお亡くなりになっていたこと、まったく存じ上げませんでした。

 経済学史家と言ってもわかりにくいのですが、私には近代経済思想の2つの潮流となったアダム・スミスとジェイムズ・スチュアートの学説構造にみごとな照射をあてた『国富論体系の成立』、こうしたイギリスの経済思想の社会構造と後進ドイツのそれを見すえた上で精緻に再構成されたフリードリッヒ・リストの学説研究が、学説史の白眉の成果だと思われます。
 
 学史研究と戦争体験のあわいを社会科学者の眼と歌人の感性で見つめつづられた随筆集『帰還兵の散歩』も歌集『歴世』も、私の支えになっている本です。

 ご冥福をこころからお祈りいたします。
[PR]

by kaguragawa | 2010-07-26 22:12 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kaguragawa.exblog.jp/tb/13005511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 本に溺れたい at 2010-08-01 01:49
タイトル : 原始的蓄積、あるいは、最初の贈与、について
 あるシステムが歴史的に生成することと、そのシステムが作動し続けることは異なる。... more

<< 暑中お見舞い 「書くこと」に向かう知的旅――... >>